拳四朗「ベルトを集めにかかりたい」タイトル統一に向けて6度目の防衛戦

写真 全て本人提供(FUKUDA NAOKI撮影)

12日にエディオンアリーナ大阪で、ボクシングWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが行われる。

チャンピオンの拳四朗(27=BMB)が、同級1位のジョナサン・タコニン(32=フィリピン)を迎え、6度目の防衛戦に臨む。

拳四朗は、国内の世界チャンピオンの中で最多の防衛回数を誇る。

初の凱旋試合

京都出身の拳四朗は、世界王者になって初めての凱旋試合となる。これまで、全ての試合が関東で行われていたため、関西での試合は初めてだ。

当日の会場には、1000人を超える応援団が訪れるようで、東京からも熱い応援団が300人以上集まる。

「モチベーションが上がる。いいところを見せたい!」と張り切っている。やはり、地元での防衛戦は嬉しいだろう。

ホームであれば、たくさんの応援団が試合に訪れ、選手にとって、大きなモチベーションになる。

拳四朗は、2017年5月に世界タイトルを獲得してから、5度の防衛を果たしている。最近は、王者としての貫禄が出てきた。

画像

拳四朗のボクシングスタイル

彼のボクシングは、素早いフットワークを活かした、打たせずに打つ「ボクサーファイター」だ。

ストレート主体で、出入りを活かしながら、自分の距離で戦うのを得意とする。また、一発で倒す強いパンチもあり、5度の防衛戦のうち3度はKO勝ちだ。

以前、私は拳四朗の練習を見学して、そのパンチをミットで受けたことがある。

実際に対峙すると表情が変わり、迫力があった。

その優しい顔つきからは、信じられないほどのパワーを持っていた。

特に、踏み込みを活かした右ストレートは、体重が乗っていて、相手を一撃で仕留めるほどの威力がある。

前回の試合では、KOを意識するあまり、後半の動きが雑になり、パンチをもらう場面もあった。

だが、いいタイミングでパンチを打つことができるので、相手が効いた時に連打が打てれば、KOに繋がっていくだろう。

高いKO率を誇る挑戦者

今回の相手タコニンは、サウスポースタイルの強打者だ。ここまで、32戦28勝(22KO)3敗1分の戦績を誇る。

軽量級では、非常に高い80%近くのKO率を誇る。また、これまでKO負けの経験がない。

特徴は、左ストレートとフックが得意で、アグレッシブに攻めてくる「ファイタータイプ」だ。

一度攻め始めると、手数が止まらなくなるため、勢いに乗らせるとやっかいな相手だ。

拳四朗は昨年5月、防衛戦前のフィリピン合宿で、タコニンとスパーリングをしたことがある。

序盤は打ち合いで押されたが、後半は距離をとって優位にたったという。

一度拳を交えているので、相手のスタイルや印象などは、イメージしやすいだろう。

サウスポーが相手になると戦い方が大きく変わるため、苦手とする選手は多い。

だが、拳四朗は、サウスポーの前王者ガニガン・ロペスをボディ一撃で倒している。

左構えの相手に、苦手意識はないだろう。

今回の作戦について、「中盤から後半にかけて自分のペースに持っていきたい」と話している。

相手に勢いがある序盤に気をつけて、中盤以降にペースを掴んでいきたいところだ。

画像

統一戦について

この階級には、同じ日本人王者の京口紘人(25=ワタナベ)がいる。拳四朗は、6月に行われた京口の防衛戦の会場に足を運んでいた。

その際、本人に話を聞く機会があった。今回の防衛戦後の展望について「統一戦はしたい。ベルトを集めたい」と話していた。

目標は具志堅用高氏が持つ、タイトルの防衛回数記録13回を塗り替えることのようだ。

そのためにも、今回の試合は負けられない。拳四朗も「無傷で圧勝する」をテーマに試合へ向かう。

この階級では、もっとも注目度が高く、国内外から対戦オファーも届いているようだ。

国内のボクシングでは、統一王者の井上尚弥を筆頭に、4階級制覇を果たした井岡一翔、世界最速3階級王者の田中恒成など、強豪王者がひしめく。

日本のボクシング界もレベルが上がり、「勝つ」だけでなく、「勝ち方」まで問われる時代になった。

その中でも、国内最多の防衛回数を誇る拳四朗への注目度が高まっている。

今回の試合は、WBCから義務付けられている、ランキング最上位選手との指名試合だ。

最強チャレンジャー相手に圧勝すれば、次のステップとして、統一戦への期待も高まる。

王者の威厳を見せつけ、圧倒的な勝利に期待したい。

拳四朗の試合は、7月12日(金)に『FUJI BOXING WBA世界ミドル級タイトルマッチ』として、フジテレビで20時から生放送される。

画像