亀田興毅 独占インタビュー「ボクシング界に恩返しがしたい」その想いとは

全てスタッフ撮影

ボクシング3階級王者の亀田興毅(32)が、キックボクシング世界王者の那須川天心(20)とスペシャルマッチで対戦する。

試合は、6月22日19時からAbemaTVで生放送される。

試合前に亀田に独占インタビューを行なった。

参戦した理由とは

ーーー今回、那須川天心とのチャレンジが決まりましたが、いつぐらいから対戦を意識しましたか?

亀田:5月1日の挑戦者トーナメントを観たときぐらいですかね。出場していた人たちを観て、「もうちょっと仕上げてきてもらいたいな」と。

ボクサーとして出ているわけですから、「何がボクサーや」と思われたくないじゃないですか。

ーーーそうですね。

亀田:というのがあって、SNSで個人的に書かせてもらいました。

ーーー天心選手の印象はどうですか?

亀田:「若いな」という感じです。でも、これからの格闘技界を背負うファイターになっていくと感じました。

ーーーいつ頃から天心選手に注目していましたか?

亀田:ボクシングではないから、あまり観ていませんでした。

ただ、周囲で「ボクシングでも強いよ」「世界チャンピオンクラスとスパーリングしても、結構やるよ」という話を聞いていました。

どんどん話題が上がってきて「キックもやりながらボクシングも、そこまでできんのやな、すごい子やな」という感じでした。

ーーー天心選手は今20歳ですが、亀田選手が20歳の時と比べてどうですか?

亀田:キャラが違いますから。

でも、これからの格闘技界を盛り上げていく彼と、まだ一昔前の自分が拳を交えるということはすごく光栄なことですよね。

画像

体作りで筋肉を思い切り付けていく

ーーー去年、亀田選手の復帰戦を観ましたが、現役の時以上に仕上がっているように感じました。

亀田:引退してからトレーニング方法とか、いろいろと勉強することがありました。

実際に、毎日走らなければいけないとか、ジムに行かなければいけないとか、関係ないです。強くなろうと思ったら週3回でもいけます。

ーーーそうですね。効率的なトレーニングを集中してやるというのが一番ですから。

亀田:はい。その代わりベースは必要です。世界レベルの選手というのは捉え方が分かっていますから。

あとは体がついて来るか、ついて来ないかだけです。

今回も、昔から染み付いたものがあるから、考え方はだいたい出来上がっています。

ですが、いきなり動かそうと思っても、筋肉がなければ体がついてきません。

ーーー確かに。

亀田:だから、一番初めに自分がやったのは「体づくり」。筋肉だけ、先につける。土台をしっかり作った上で練習する。

ボクシングの練習は、もともと出来上がっているパートなので、時間は要りません。

ーーーなるほど。

亀田:野球で言うと素振りと一緒です。例えば、イチロー選手であれば、ボールの打ち方は頭の中で分かっているじゃないですか。

でも、イチロー選手が1年休んでいたら筋肉が落ちて、これが打てない。だから、筋肉からつけていくわけです。

この筋肉をつけるトレーニングを、現役のときはやっていなかったので。

ーーーそうなんですね。

亀田:はい。まず、ボクシングをやろうと言ったら、ロードワークからやっていました。そして、ジムへ行ってミット。

これだと、前の状態に戻るだけです。むしろ現役時代より、年を取っているから、落ちるのです。

だから、まず筋肉を思い切り付けていく、ということを前回ポンサクレックのときにやりました。

ーーーだから体も大きくなって。

亀田:そうです。5月のポンサクレック戦の時も、ずっと筋トレだけやりまくって。

ある程度ベースが出来上がったから、残り1カ月はスパーリング入れいきました。それで、5月の試合を迎えたという感じです。

今回もやることは同じです。

ーーーそうなんですね。

亀田:今、筋肉、いわゆるベースは出来上がったと思います。

ーーーでは、これからボクシングに。

亀田:そうですね。6月に入りましたから、ここからスパーリングを詰めて入れていってやる感じですね。

画像

体重を増やしているのに、体脂肪は全く増えていない

ーーー前回のときと比べて今はどうですか。肉体改造はうまく進んでいる感じですか?

亀田:そうですね。前回のポンサクレック戦より、筋力が上がっていると思います。

8種目ぐらいトレーニングを入れています。去年の一番ピークのときよりも越えていますから。

ーーーすごいですね。では、肉体は進化しているということですか?

亀田:はい。それを初めにやろうと決めた時点で、トレーナーの先生に相談して、メニューを組みました。

相手の方が体重が上ですから、前回を越えるところまで持っていかないと、きついかもしれない。

少し上げたいと言ったら、メニューを組まれた瞬間、めちゃめちゃきつい運動になりました。

「時間内にこれきついな、いけるかな」という状態からスタートです。でも、引き受けた以上やらなければいけないし。

ーーーそうですね。体を見ると、胸回りとか腕周りがすごく大きくなりましたね。

亀田:はい。また大きくするには、飯を食べなければいけません。

だけど、体重を増やしているのに、体脂肪は全く増えていない、逆に減っている状態です。

ーーーすごいですね。では試合のときは動けるように、それからまたシャープにしていく感じですか。

亀田:そうですね。まだ体重は増やしたいのですが。

ーーーやはり体の状態を整えるのは難しいですからね。僕も現役時代ぶつかった壁です。

亀田:絶対にぶつかりますから。まだ、もう少し増やしたいです。

ーーーでは、今回は本当に減量はなしで、体を絞って、大きくして、それから。

亀田:むしろできるのならば、バンタムに体重を合わせてやりたいぐらいです。向こうは落とせないでしょう。

ーーー前に、天心選手のインタビューで「ボクシングやるなら何級でやるの?」と聞いたらバンタム級でやると言っていました。

亀田:バンタム級でできるなら、私もやりたいぐらいです。

画像

現役への想い

ーーー先ほどの亀田選手の公開練習でも、やはりパンチがすごく強くなっているなと感じました。

亀田:パンチは今ついていますね。

あとは、実戦感覚ですね。スパーリングを開始していけば、そこは勝手に対応していきます。

始めるときは、なかなか感覚が戻ってきませんが、これを、何回も繰り返してスパーリングをしていけばだんだん戻ってきます。

ーーーなるほど。正直なところ、現役でもまた観たいと思いますけが、そういう気はありませんか?

亀田:正直、ロマゴンとやりたかったです。

ーーー言っていましたね。

亀田:100%勝てるから。また筋肉を1回落とさなければいけないから、今は少しきついかもしれません。

でも、スーパーフライに合わせてやるのなら、ローマン・ゴンザレスとだったら絶対合わせます。

スーパーフライ級だったら、という考えは一応あるので。

ーーーあるのですね。

亀田:でも、「もう、そんなこと考えたらあかん、もうやめとけ」と言われます。

やはり僕はそういうことを考えてしまうぐらい、ボクシングが好きなんです。

ーーー好きですよね。

亀田:好きでなかったらやりません。

ーーー気持ちはすごく分かります。だからボクシング界を盛り上げたい、どうにかしたいという気持ちはありますよね。

そういう中で信念を持って、突き進んでいるのはすごいと思います。

亀田:ボクシング界のために、亀田興毅という名前が使えるうちは使ったらいいじゃないですか。

ボクシング界に対して恩返ししたい

ーーー亀田選手にとってボクシングというのは。

亀田:今の亀田興毅というものを、つくってくれたものだと思います。

だから、ボクシングに対して、感謝もしているし、ボクシング界に対しても恩返ししたいという想いがあります。

ーーーそうですね。僕も、同じ気持ちです。

亀田:今、ボクシングを盛り上げるためにできること、それが自分なりの恩返しだと思っています。

今回の企画も、盛り上がったらいいかなと思っています。

ーーー天心も亀田選手も、共通する思いは「格闘技・ボクシングを盛り上げていきたい」ということですね。

亀田:そうです。だから格闘技が、野球やサッカーに負けないようにしていきたいですね。

だからこそ、ボクシング、K-1、PRIDE、プロレスなどと分けるのではなく、束になって掛からないと勝てません。

ーーーそうですね。本日は、ありがとうございました。

亀田興毅に話を聞いたが、純粋にボクシンングが好きで、この競技を盛り上げていきたという気持ちが伝わった。

平成の時代を盛り上げてきた亀田興毅が、令和で最初で最後のリングに向かう。

画像