井岡一翔が4階級制覇に再挑戦「世界王者を超越した選手になりたい」

全てスタッフ撮影

6月19日、幕張メッセでトリプル世界戦が行われ、メインイベントにWBO世界スーパーフライ級王座決定戦が行われる。

4階級制覇を目指す井岡一翔が、同級1位のアストン・パリクテ(フィリピン)と対戦する。

試合を直前に控えた井岡に、独占インタビューを行った。

アメリカでの調整

今回は数々の王者を育てた、イスマエルサラストレーナーのもと、アメリカのラスベガスで2ヶ月間の合宿を行った。

帰国した井岡は、いい表情をしていた。

充実した練習ができたようで、

「1分1秒を大事にしてきた」「自分のボクシングのベースを見つめ直し、スピードもパワーも増し、全体的に強くなった」と話していた。

今回の、対戦相手のパリクテは、スーパーフライ級の中でも長身で、体格が大きい。

階級を上げて3戦目になるが、これまで対戦してきた選手達は、下から階級を上げてきた選手なのに対し、パリクテは上の階級で戦ってきた選手となる。

対策として、長身のパリクテを想定した、180cmの選手を相手に、110Rのスパーリングを行ってきた。パリクテ対策の手応えを掴めたようだ。

帰国後の公開練習では、自信に満ち溢れていた。

画像

今回の試合のテーマは左

今回の試合のテーマは、「左」だ。

井岡は「ボクシングは、左のパンチの組み立てが大事。長身の相手でも、距離を潰すには左がキーポイントになる」と話した。

彼のボクシングは、相手との距離感を掴み、ヒットアンドアウェイで、ポイントを積み重ねていく。

そのためには、ジャブの使い方が非常に重要になる。ジャブは地味なパンチではあるが、様々な使い方がある。

相手との距離を掴むジャブ、間をコントロールするジャブ、攻撃を組み立てるジャブなど、多様だ。

今回の試合では、左で組み立て、いかに自分の距離に持ち込むか、がポイントになってくるだろう。

あとは、相手のビデオを見て、イメージを作る作業に入る。

相手のパリクテについては、「以前アメリカで、同じ興行に出場していたため、初対面ではない」「会った印象も前と変わらない」と話した。

また、「パリクテはパンチ力があるため、ストレート系のパンチには気をつける」と話していた。

画像

4階級制覇のその先へ

井岡は2年2ヶ月ぶりに、日本のリングに立つ。

日本のファンに「勝って恩返ししたい」と語った。

「世界の舞台で戦うのは楽しみでもあるが、ラストチャンスかもしれないので、人生を懸けて戦う」と話した。

前回の敗戦から、ダイレクトでタイトルに挑戦できた。

井岡自身、負けたら次はないと、背水の陣で試合に向かう。

「何が何でも、タイトルを取る」と意気込みを語り、「同じ事は繰り返せない。結果を残さないといけない。いっぱいいっぱいで、常に緊張感がある」と本音も語ってくれた。

4階級制覇はもちろんだが、それより前に、チャンピオンになりたいと熱い思いも話した。

今回の試合をクリアすれば、世界への視野も広がるだろう。

自分の評価を上げ、海外で活躍するためにも、強い選手と戦い、ブランディングしていく必要がある。

「このタイトルをきっかけに、海外のリングでスーパーフライの強敵と試合をして、統一戦を目指していきたい」と話した。

同階級には、メキシコやアメリカでも人気があるファン・フランシスコ・エストラーダもいる。

井岡は「エストラーダと戦いたい」と対戦を熱望している。

自身のゴールについて訊ねると、「タイトルを超越した選手になりたい」と語ってくれた。

今回の試合は、絶対に負けられない試合だ。ボクシング人生を懸けて戦いに向かう。

試合は、TBSで21時からライブ中継される予定だ。