2階級王者 京口紘人 独占インタビュー「勝ち続けて統一戦がやりたい」

スタッフ撮影

6月19日幕張メッセで、WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(25=ワタナベジム)が、元ムエタイ王者でWBAライトフライ級12位のタナワット・ナコーン(26=タイ)を迎え、初防衛戦を行う。

初防衛戦に挑む京口に話を聞いた。

フイリピンでの武者修行

ーーーフィリピンは、どのくらい行っていましたか?

京口:今回は1週間ですね。

ーーーなぜフィリピンに行ったんですか?

京口:海外で、環境を変えて練習したかったからです。特にフィリピンは、ハングリーで、強い選手も多いので。

ーーー海外でのトレーニングはどうでしたか?

京口:とても良かったです。スパーリングなど、慣れない環境の中で、しっかりやり切れたことが、自信になりました。

ーーー世界王者クラスの選手ともスパーリングをしましたか?

京口:バンタム級の選手とはやりました。あと、フィリピンの国内チャンピオンなどです。

ーーーフィリピンは、パンチが強い選手が多いですよね。

京口:そうですね。パワーもありますし、スタミナもあります。

ーーー日本より、ボクシングに対する熱も高いですし。

京口:すごく高いです。ボクシングが、リスペクトされる職業なんです。ジムでトレーニングしている選手達も、みんな目がギラついていました。

ーーーハングリーなんですね。

京口:はい。ボクシングで成り上がろうという気持ちが、全面的に見えたので、そういう姿勢が、勉強になりました。

ーーーパッキャオ熱も高いですか?

京口:パッキャオもそうですし、ドネアも、ニエテスも、アンカハスもそうです。

世界的に活躍する選手が増えてきている事が、国内のボクサー達に、良い刺激を与えていると感じました。

ーーー今後も、海外のトレーニングを取り入れていきますか?

京口:そうですね。今後は、海外キャンプなども行いたいと思っています。

ワタナベジムでインタビュー 全てスタッフ撮影
ワタナベジムでインタビュー 全てスタッフ撮影

階級を上げてからの変化

ーーー今回は初防衛戦ですね。ライトフライ級に上げて、変化はありましたか?

京口:以前に比べ、パワーやスタミナが付いてきました。

ミニマム級の時は、減量の影響が出てしまう事もありましたが、ライトフライ級は、自分のパフォーマンスを発揮できる、適正階級だと感じています。

ーーー前回は年末でしたが、2階級制覇をして、周りの反応はどうでしたか?

京口:すごく良い内容で勝てたので、ボクシングファンの評価も上がったようです。

ーーー今回の相手は、無敗で、ムエタイ200戦以上の猛者。しかも、サウスポーの選手ですね。

京口:はい。ムエタイのキャリアがある選手なので、戦ってみて感じる、やりにくさがあると思います。

でも、しっかりコンディションを持っていければ、完勝できる相手です。

ーーー僕も、何試合か見させてもらいましたが、バランスがいい選手ですね。

京口:そうですね。入り際に右フックを合わせてくるのは、少し警戒していますが、

それ以外で劣っている部分は本当にないので、ワンサイドになるかなと思っています。

ーーーでは、自分のコンディション次第ということですね。

京口:そうですね。しっかり調整していきたいです。

サウスポーとの対戦

ーーーこれまで、サウスポーとの対戦経験はどのくらいですか?

京口:プロになってから、3試合ぐらいですかね。

ーーー結構やっていますね。

京口:はい。1回は判定ですけど、それ以外はKOしています。

今回の相手も、かみ合わせは、悪くないと思うので、そこまでサウスポーだからというのはありません。

ーーーサウスポーは、レバー(肝臓)が前に出ていますよね。京口選手は左ボディが非常に強いので、それがポイントになると思うのですが。

京口:そうですね。それがきっかけで、他のパンチも当たると思うので、左ボディは毎試合、鍵になると思っています。

相手も警戒してくると思うので、そこで、しっかり当てられるような展開に、持っていきたいです。

ーーー調整で、意識することはありますか?

京口:前回と変わらず、自分のボクシングスタイルの底上げです。

画像

新しいトレーニング

ーーー今回の試合に向けて、何か、新しいトレーニングは取り入れましたか?

京口:今回は、プールトレーニングを週1で取り入れています。体にも、少しずつ変化が出ています。

ーーープールトレーニングというのは、どのようなトレーニングなんですか?

京口:心肺機能の向上や呼吸法のやり方、あとは可動域を広げたり、上半身を柔らかくします。

パドリングで、バランスの意識などの細かい作業です。

重たいものを持つというよりも、体の使い方やバランスを意識したトレーニングが、一番主かなと思います。 

ーーー取り入れたきっかけは何ですか?

京口:去年、長渕剛さんの息子、航君と知り合って、彼に勧められました。

アーティストとプロサーファーとしての顔もある彼から「プールトレーニングもやってんねんけど、一緒にやらへんか?」と誘われたのがきっかけです。

ーーー今回、サウスポーのスパーリングパートナーなどを呼んだりしていますか?

京口:ジム内にサウスポーの選手が多いので、呼んではいないです。

ーーーでは、ジム内の選手と調整していく感じですか。

京口:そうです。

ーーーフィリピンでの、スパーリングパートナーは?

京口:全員がサウスポーでした。

ーーー全員ですか。あちらはサウスポーが多いんですか?

京口:サウスポーのほうが多いぐらいです。

画像

試合のテーマについて

ーーー今回は、2階級制覇での初防衛戦になりますが、何か試合のテーマや思いはありますか?

京口:テーマは、「圧倒する」です。今回は無敗の選手ですが、ボクシングの実績でいうと自分とはキャリアの濃さが違います。

そういった相手に圧倒できる力の差を出す、と思って取り組んでます。

ーーーでは、いつもどおりということですね。

京口:そうですね。いつもどおりです。初防衛は、前回のミニマム級でも経験していることなので、鬼門と言われていますけど、特別意識してないです。

ーーー初防衛戦よりもっと上を見ている、ということですね。

京口:はい。

ーーーゴールは?

京口:今の段階では、明確に出していません。

ーーーまだ26歳ですよね。

京口:はい。今できることは、長期防衛と統一戦など、そういった名前のある選手と試合して、勝ち続けることです。

京口の試合の模様は、6/19に動画配信サービスParaviでLIVE配信する。