那須川天心、亀田興毅を「挑戦者の気持ちで最初から倒しにいく」と宣言

キックボクシング界の神童那須川天心(20)とボクシング元世界3階級王者亀田興毅(32)が、AbemaTVの特別企画で対決する。

試合は6月22日(土)午後7時に行われる。試合のルールなどの詳細は後日発表となる。

異例の対戦が実現した訳

異例の対戦が実現した。今回の試合の経緯としては、那須川天心への挑戦者決定トーナメントを観た亀田が、自身のSNSを通じて「俺が天心選手とやってたらよかったな」と発言。

それに対しAbemaTVが両者にオファーし、両者が承諾したことにより、今回の対戦が実現した。

両選手のコンディション調整もあるため、1ヶ月後の対戦となった。試合のルールは、安全面に配慮したAbema特別ルールとして、後日発表される。

今回の記者会見では、初顔合わせとなる両者が、試合に向けての意気込みや、お互いの印象を語った。

亀田側から天心の印象

お互いに挑発は無く、リスペクトが感じられた。

亀田は、「年齢も一回り違うし、階級も違う。しかし、今回の企画を通して、格闘技界を盛り上げていけるなら面白い」と抱負を述べた。

天心の実力に対しては、一目置いているようで、ボクシングのレベルも高いと感じている。

試合まで、あと1ヶ月ほどになるが、大好きなハイボールを我慢して、一生懸命準備すると報道陣の笑いも誘った。

また、「自信がなかったらここには来ない、プロである以上それなりの体を作らないとカッコ悪い」と、トレーニングも既に始めているようだ。

現在はロードワークを開始して、これから徐々に本格的なボクシングのトレーニングに移っていく。

実践のスパーリングも準備して、最後まで追い込んでいくようだ。

試合ではしっかり、亀田のボクシングを見せられると、自信はあるようだった。

また試合当日には、父親の亀田史郎氏がセコンドにつくようで、

「これが自分の中で本当に最後、親父と一緒に戦えたらいい」と、試合への意気込みを語った。

全てスタッフ撮影
全てスタッフ撮影

天心側から亀田への印象

天心には、先日の試合後に話を聞いていた。亀田についての印象は、「良くも悪くも日本の格闘技を盛り上げてきた存在」と語っていた。

実際に今日はじめて、向かい合ってみての印象は、「若い時のヤンチャなイメージと違い、思った以上に紳士的」と、話していた。

試合の意気込みについては、天心も「やるからには、全力で倒しに行く」と答えた。現在6月に試合を控えているので、そこから本格的な準備をするようだ。

天心は、過去に亀田興毅に勝ったら1000万企画に応募した経緯がある。しかし、その時は年齢制限で、出場を断念。

今回の企画の反響は物凄いようで、普段の試合の時以上に多数の連絡が来たり、SNSでの影響力も大きいようだ。

そして、格闘技を盛り上げるために、色々な事にチャレンジしていきたいと語った。

今回は亀田が天心にチャレンジする形ではあるが、天心は「挑戦者の気持ちで最初からいく」と語った。

画像

競技を盛り上げていきたい想いは同じ

この企画でポイントとなるのは、「天心がボクシングでどのくらい戦えるか」だ。

亀田は、1年ほど前に元王者のポンサクレックと復帰戦を行った。その時の試合を観たが、パワフルさが増して、全盛期に近い強さを感じた。

プレッシャーから解放され、戦うことを楽しんでいるようだった。亀田は天心のボクシングの実力を測るのに、最適な相手となるだろう。

天心は前回の1000万企画で、元世界王者やアマボクサーに対して、ボクシングでも高いポテンシャルを発揮している。

それを観た亀田は、「天心はしっかりトレーニングすれば、デビュー戦で世界ランカーに勝って、2戦目で世界タイトルができるレベルにはある」と話した。

亀田も今回の企画で自分の力を試したいのだろう。天心を観て、まだ燃え尽きてない自身の闘争本能に火がついたようだ。

万全のコンディションに仕上げてくるだろう。互いに立場や肩書きは違うが、格闘技(ボクシング)を盛り上げていきたいという思いは強い。

亀田は天心に対して、ボクシングに対する厳しさを教えると言ったが、拳を交える事で、伝えることが出来るメッセージもある。

まだ若い天心に、自分の経験や思いを伝えていきたいのだろう。

今回の企画には、賛否両論があるが、この企画を通して、ボクシングや格闘技を知ってもらい、ファン獲得に繋がる機会になることを願う。

お互い批判を覚悟で戦っているので、その生き様に敬意を称したい。

画像