モンスター井上尚弥 圧勝できる3つのケタ違い能力

(写真:ロイター/アフロ)

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥はワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の準決勝で、IBF王者エマヌエル・ロドリゲスから3度のダウンを奪い、2RKOで圧勝した。決勝は5階級王者のノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。

井上尚弥の強さについて、3つのポイントで解説する。 

1 KOパターンをいくつも持っている

今回は、井上自身、対戦相手のロドリゲスを「対戦したボクサーの中で一番」と評価し、警戒していた。

しかし、実際の試合では、無敗王者を僅か259秒で粉砕した。

井上の優れている点は、その階級を超えた「パンチ力」にある。一説には、4階級上のライト級でも通じるほどの威力を持つと言われている。

中でも特徴的なのは、武器となる強力なパンチをいくつも持っている事だ。

通常のボクサーは、KOに結びつけるパンチは限られてくる。そのため、大体KOのパターンも決まってくる。

一方井上の場合、ボディ、フック、ストレートとKOに繋がるパンチのバリエーションが豊富だ。

全てのパンチが総じて強く、どのパンチでも倒す事ができる。そのため対戦相手は、全部のパンチを警戒しなければならない。

相手にとったら、何がきても強いので、ディフェンスに気を取られてしまう。今回の試合でも井上がダウンを奪ってからは、一方的な展開になった。

KOパターンをいくつも持てるのは、強い。

2 頭脳戦にも長けている

今回驚いたのは、1度目のダウンを奪った後の攻撃だ。右パンチの返しからの左フックで、ロドリゲスは腰から崩れた。

ロドリゲスもなんとか立ち上がり、まだこの時点では、戦う目をしていた。しかし、その後の井上が出したパンチで試合が決まった。

井上は、ロドリゲスに向かっていき、ボディに狙いを定めて、パンチを放った。

ロドリゲスは想定していなかったパンチをもらい、2度目のダウンとなった。

並のボクサーの心情なら、顔でダウンを奪ったので、試合を決めようと顔面にパンチをまとめる。

しかし、井上は相手の心を折るために、ボディにパンチを打った。ロドリゲスは、苦しい表情でセコンドを見て顔を振っていた。この時点で、戦意喪失したのだろう。

顔面へのダメージとボディへのダメージは大きく違う。試合では、アドレナリンが出ているため顔の場合は、あまり痛みを感じない。

パンチをもらった感覚はあるが、我慢できるのだ。しかし、ボディ打ちはそうはいかない。ボディへのパンチは地獄の苦しみとなる。

特に急所となる、みぞおちと、レバーは効く。いいタイミングで入ると呼吸ができなくなり、悶絶するような痛みが走る。

ロドリゲスの想定外のパンチをもろに喰らった、苦しみの表情も納得できる。

井上は相手の裏をかくような、

頭脳戦にも長けている。

3 防御のレベルも非常に高い

井上の場合、攻撃に焦点が当てられる事が多いが、ディフェンス面も優れている。

井上は非常に目がよく、まともにパンチをもらった試しがない。ダウン経験も無く、パンチをもらわないスタイルで勝ち続けてきた。

素早いフットワークで相手の攻撃を外し、鋭いステップインで攻撃に移れる。攻防一体で、完成されたボクシングスタイルだ。

ボクシングは、攻防の競技だ。どんなに攻撃力があろうと、打たれ強さは鍛えられない。

打たれ強いボクサーでも、ダウンやKO負けをきっかけに脆くなる選手を何人も見てきた。

派手な打ち合いは盛り上がるが、パンチをもらわない事に越したことはない。

長く活躍していくためにも、もらわない技術は不可欠だ。井上は、

防御のレベルも高く総合力がずば抜けている。

弱点が見つからず、相手に付け入る隙はないだろう。

全階級を通じてもトップクラス

海外メディアでは、「井上尚弥はパウンド・フォー・パウンドランキング(全階級を通じて最も強い)でトップ3に入る実力を持ち合わせている」との声が上がっている。

主要4団体、17階級のファイターの中で、トップ3に挙げられのは、

ライト級王者 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、

ウェルター級 王者テレンス・クロフォード(アメリカ)、

ミドル級王者 サウル・アルバレス(メキシコ)だ。

井上は、この3選手に肩を並べてもおかしくない存在だ。評価が高いチャンピオンを相手に、圧倒的な強さを見せつけてきた。

今のバンタム級に、井上の勢いを止められる選手を見つけるのは難しい。

過去の伝説的なファイター達には、ライバルの存在があった。メイウェザーパッキャオレナードハーンズ、など。

現在のヘビー級であったら、アンソニー・ジョシュア、とデオンテイ・ワイルダータイソン・フューリーなど、

ライバルがいることで、その階級が活性化する。

井上の場合は、強過ぎるが故に、対抗する相手が見つからないのが、悩ましいところだ。

次の試合では、フィリピンの5階級王者ノニトドネアとの決勝戦が決まっている。

まずはその試合に集中して、次なるステージに進んで欲しい。井上尚弥という存在を、世界中に知らしめてほしい。