村田諒太が再戦のリングへ 王座奪還のポイントとは?

(写真:アフロスポーツ)

7月12日にエディオンアリーナ大阪で、前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)と、現チャンピオンのロブ・ブラント(28)が対戦することが発表された。

村田は今回が初の大阪での試合となり、約9カ月ぶりの再起戦がダイレクトのリマッチとなった。

チャンピオンのブラントは、今年2月アメリカで、バイサングロフ(ロシア)をTKOで下し、初防衛に成功している。

チャンピオンと挑戦者の違い

チャンピオンと挑戦者では立場が大きく異なる。挑戦者がタイトルを奪うには、チャンピオンを上回る姿勢が必要だ。

ボクシングは採点競技のため、各ラウンドで優劣をつけ、どちらかにポイントを振り分ける。どっちつかずの際どいラウンドは、チャンピオンに流れる場合がある。

そのため、挑戦者は攻める姿勢を見せて、積極的にポイントを取りにいかなければならない。

今回のような再戦では、お互い手の内を知っているので、戦い方を変える必要も出てくるだろう。

ブラントは、前回と同じ戦い方で、手数と足を使ったボクシングをしてくる可能性が高い。それに対し、村田がどのように戦うかが、キーポイントになる。

ブラントの巧みな戦術

前回の試合では、ブラントの圧倒的な手数に、村田は攻める糸口を見出せなかった。ブラントは、村田の動きをかなり研究していたようだ。

例えば、右のジャブのようなパンチを打つことで、村田の前の手を殺していた。そうなると攻撃の起点となるジャブが封じられ、リズムを崩されてしまう。

また、村田のようなパワー型のファイターは、強いパンチを打ち込んだ後に隙ができやすい。そこを狙って、打ち終わりにパンチを集めてきていた。

それに、ブラントは重量級にしては、手数も良く出て運動量も豊富だ。前回の試合では、ブラントが1262発のパンチを繰り出して356発を的中させ、村田は774発中、180発だったというデータもある。

村田はガードを上げながら前に出てプレッシャーをかけていくのだが、その時にガードの上からパンチを打たせてしまい、相手に勢いづかせてしまった。

勝つために必要なこと

ミドル級ではトップクラスのパワーを持つ村田は、その類い稀ないフィジカルをベースに勝ち続けてきた。

村田のトレーナーにも聞いた事があるが、そのパンチの破壊力は世界でも群を抜いているようだ。しかし、ここ最近はパワーに頼る場面が多かった面もある。

ダウン経験もなく打たれ強いので、肉を切らせて骨を断つスタイルでプレッシャーをかけて、パワーパンチを打ち込んでいた。

今回はより戦術的な工夫が必要になってくるだろう。非常に賢く研究熱心なので同じ戦法では望まないはずだ。

ブラントの運動量と手数を封じるためにも、上下への打ち分けで相手のスタミナを減らし、動きを封じる事が必要になってくるだろう。

今回は1発のパワーに頼るのではなく、戦略を変えて、手数を多く出すこともポイントになってくる。

ミドル級の盛り上がり

ミドル級は世界的にも熱を帯びスターが集まる注目の階級だ。メキシコのスターカネロ・アルバレスを筆頭に強い選手が集まっている。

また、スポーツ動画配信のDAZN(ダゾーン)が次々と大型契約を結び、活気を帯びている。

5月には、WBAスーパー、WBC正規王者のカネロとIBF王者のダニエル・ジェイコブス(アメリカ)の統一戦もある。

そして、元3冠統一王者の帝王と呼ばれたゲンナジー・ゴロフキンが、6月8日に再起戦を行う。全階級の中でもタレントが集まり、世界的な盛り上がりを見せている。

今回の試合に勝ち、再浮上して、ぜひビックマッチにも絡んでいってほしい。

村田も今回の試合に向けて、「ここで負けるようなら価値はないと思う。ジャッジメントされる試合だと思っている」と語っている。

自身の選手生命を賭けて、背水の陣で今回の試合に向かっていくだろう。

日本では、抜群の知名度を誇り影響力もある。アジア人では、難しいと言われてきた重量級のミドル級で、数々の偉業を成し遂げてきた。

プレッシャーも大きいだろうが、日本の多くのファンの前で、復活した村田の姿を観せてほしい。