ユーチューブ、アマゾン、ネットフリックスが標的「8社がGDPR違反」制裁金は最大2兆3400億円

GDPR違反が申し立てられたネットフリックス(C)noyb.eu

「私のプライバシーはお前には関係ない」

[ロンドン発]個人情報保護活動家でオーストリアの弁護士マクシミリアン・シュレムス氏は18日、世界大手のストリーミングサービス、アップル、アマゾン、ユーチューブ、ネットフリックスなど8社が欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に違反しているとしてオーストリアのデータ保護機関に申し立てました。

違反が認定されれば最大で2000万ユーロ(約24億9000万円)か、世界での年間売上高の4%という巨額の制裁金が課されます。シュレムス氏によると、8社で計最大約188億ユーロ(約2兆3400億円)の制裁金が課されるそうです。

シュレムス氏と非営利団体「私のプライバシーはお前には関係ない(noyb.eu)」がユーザー10人の依頼を受けて調査を行った結果、構造的な違反を確認しました。

個人データの域外持ち出しを原則禁止するGDPRは5月25日に施行され、その当日、シュレムス氏は「サービスを享受するか、それとも退会するか、と脅して個人データの提供を強制した」としてグーグル、フェイスブック(FB)、ワッツアップ、インスタグラムの4社を提訴しました。

制裁金は最大でFBが16億ドル、グーグルの持ち株会社アルファベットが44億ドルにのぼる恐れがあります。

調査した8社とも不合格

ストリーミングサービスはユーザーの好みに合わせて作品や広告を表示するためユーザーの個人データを利用しています。シュレムス氏が調査したのは以下の8社です。

(1)アップル・ミュージック(アイルランド)制裁金は最大80億2000万ユーロ

(2)アマゾンプライム(米国)同63億1000万ユーロ

(3)ユーチューブ(米国)同38億7000万ユーロ

(4)ネットフリックス(オランダ)同4億1500万ユーロ

(5)スポティファイ(音楽ストリーミングサービス、スウェーデン)同1億6300万ユーロ

(6)サウンドクラウド(音声ファイル共有サービス、ドイツ)同2000万ユーロ

(7)DAZN(スポーツ・チャンネル、英国)同2000万ユーロ

(8)Flimmit(ビデオ・オン・デマンド、オーストリア)制裁金は要求せず

画像

リクエストに対応したのは8社中6社で、サウンドクラウドとDAZNの2社はリクエストを全く無視しました。

対応した6社も加工されていない生データ(Raw Data)やユーザーにわかりやすい(Intelligible、暗号化されていない)形で提供されていたかという点ではほぼ合格でしたが、データに関するバックグラウンド情報という点ではとても満足できる状況ではありませんでした。

情報へのアクセス権

シュレムス氏は「多くのサービスは自動的にユーザーからのリクエストに答えるシステムを導入しているが、ユーザーがアクセスする権利を有するデータをすべて提供しているわけではない」と指摘。

個人情報保護活動家マクシミリアン・シュレムス氏(本人提供)
個人情報保護活動家マクシミリアン・シュレムス氏(本人提供)

「ほとんどのケースでユーザーがアクセスできたのは生データだけ。誰がこのデータを共有しているかや、データの出所、保存期間に関するバックグラウンド情報はなかった。情報へのアクセス権(Right to Access)を保障したGDPRの15条やEU基本権憲章の8条2項に違反している」

米英情報機関の市民監視を暴露したスノーデン事件で米テクノロジー企業の関与が浮かび、データ保護を強化するGDPRの大きなきっかけになりました。GDPRに基づく訴訟が多発する恐れが強いため、EU加盟国のアイルランドに拠点を置く米テクノロジー企業はデータの一部をEU域外に移転させています。

法学部の学生だったシュレムス氏は8年前、米シリコンバレーのサンタクララ大学で講演したFBの弁護士が欧州におけるデータ保護の厳格さを知らなすぎることに驚き、FBに対して自分の個人データの提示を求めました。

送られてきたCDに1200ページもの自分の個人データが記録されているのを知って、ビックリ仰天してしまいました。

スノーデン事件を巡って、シュレムス氏はFBのアイルランド法人と同国のデータ保護委員長を相手に提訴し、米国へのデータ移転を認める米国・EU間の合意を無効とする司法判断を勝ち取ったことで有名です。

EU域内にはグーグル、アップル、FB、アマゾン(頭文字を取って「GAFA」)に匹敵するテクノロジー企業は見当たりません。

EU欧州委員会は16年8月、アイルランドがアップルに違法な税の優遇措置を与えていたとして130億ユーロの追徴課税を行うよう命じました。

17年6月に「検索エンジンの独占的地位を乱用した」とグーグルに史上最高の24億2000万ユーロの制裁金を科し、同年10月にはルクセンブルクに対し、アマゾンへの2億5000万ユーロの追徴課税を命じています。

プライバシーを基本権として保護する欧州と、テクノロジーの発展とビジネス展開を最優先にする米シリコンバレーの間には埋めがたい溝が横たわっています。

(おわり)