「朝から何度も問い合わせが殺到していまして、通常の業務に支障が出るほどです。とてもありがたいことなのですが…」

 よっちゃん食品工業の広報担当者に問い合わせると、苦笑いしながらそう説明してくれたが、うれしい悲鳴である。

 米女子ゴルフのメジャー「AIG全英女子オープン」に初出場で、初優勝した20歳の渋野日向子。

 樋口久子さん以来、42年ぶりとなる海外メジャー優勝で大注目を浴びることになったが、それと同時に話題になっているのがよっちゃん食品工業の「タラタラしてんじゃね~よ」である。

 プレー中に何度も何かをパクパクと食べる姿がテレビで映し出されると、「一体、あの食べ物は何?」と注目されるようになった。

 すると、よっちゃん食品工業の「タラタラしてんじゃね~よ」ということが判明。同社に朝から問い合わせが殺到したわけだ。

 「タラタラしてんじゃね~よ」を子どものころに、食べたことがある人も多いだろう。

 馴染みのある駄菓子で、同社サイトによれば1袋50円。カレー味(1袋50円)やスティックタイプ(1袋100円)のものもある。

 同社広報は「(渋野さんの優勝で)今後の売り上げにどれくらい影響があるのかなど、現段階なのでなんとも言えません。今日午後イチに弊社ホームページ上に、今回の件についてのコメントを掲載させていただきます」とのこと。

 あまりの反響の大きさに、問い合わせに対応しきれない状態が続いており、サイトにコメントを載せることになったという。

 ちなみに渋野をツアー会場で取材したことがあるが、ゴルフバッグの中には常にお菓子を入れていると話していた。

 その時に持っていたのは「亀田の柿の種 辛さ50倍」。食べ続けるとかなりの辛さなのだが、平然とした顔でパクパク食べていた。

 渋野は「普段から辛い物が大好きで、刺激があっていい」と笑っていた。

 日本に戻ってからは、すぐにツアーに出場する渋野。応援に訪れるファンからの差し入れに、これらのお菓子が増えるのは間違いなさそうだ。