アジアカップで日本代表を苦しめた“ベトナムのメッシ”が新天地に韓国のKリーグを選んだ理由とは

今季、韓国のKリーグでプレーするベトナム代表FWグエン・コン・フォン(写真:松尾/アフロスポーツ)

 アジアカップでは準々決勝で日本代表に0-1で敗れたが、堂々のベスト8入りを果たしたベトナム代表。

 これまでは格下と言われてきたベトナムだが、2018年1月に開催されたAFCU-23選手権で準優勝し、昨年12月のスズキカップも制すなど、近年メキメキと力をつけている。

 中でも “ベトナムのメッシ”の異名をとるFWグエン・コン・フォンがアジアカップで2得点と結果を残したが、彼が2019年シーズンの新天地に選んだのは韓国Kリーグの仁川ユナイテッドだった。

 ベトナム1部のホアン・アラン・ザライから1年の期限付き移籍だ。

 昨年の6月から仁川ユナイテッドで指揮を執るのが、ノルウェー出身のヨルン・アデルセン監督。同クラブに来る前は約2年間、北朝鮮代表監督を務めた。

 仁川ユナイテッドは昨季12チーム中、9位(10勝10分18敗)でシーズンを終えた。降格こそ免れたが、チーム力は盤石とは言い難く、戦力補強は必須だった。

 そこで白羽の矢が立ったのが、ベトナム代表のコン・フォンだった。

代表監督から韓国サッカーの素晴らしい部分学んだ

 入団会見が行われたのは2月14日だが、注目度はかなり高い。

 というのも、ベトナム代表の快進撃の陰には韓国出身のパク・ハンソ監督の存在が大きく、韓国メディアは彼の采配を“パク・ハンソ マジック”と称賛し、センセーショナルに報じた。

 そのため、韓国ではベトナムサッカーに対する認知度が高まり、親近感を持って伝えられるようになった。

 コン・フォンは会見で「仁川ユナイテッドでベストを尽くしたい。失望はさせない。ベトナム選手として、ベトナムサッカーを韓国に紹介し、伝えられる選手になれるようにベストを尽くしたい」と語っている。

 また、Kリーグを選んだ理由についてはこう語った。

「韓国サッカーが発展しているのはよく知っている。2年間で師匠であるパク・ハンソ監督を通して、韓国のサッカーについてよく知るようになった。パク監督から韓国サッカーの素晴らしい部分をたくさん学んだ。それに以前、(ルオン・スアン・)チュオンも仁川でプレーしたことがあるので、クラブについての情報をたくさん聞いた。素晴らしいクラブということを知り、ここに来ることを決めた」

 韓国のサッカーに慣れることについては、「そこまで心配はしていない」とも語っているが、やはり結果が求められているのは言うまでもない。

日本でのプレーも熱望していたが…

 コン・フォンは2016年にベトナム1部のホアン・アラン・ザライからJ2水戸ホーリーホックに期限付き移籍し、日本でのプレーも経験している。

 ただ、当時はケガなどでチャンスをものにできず、レギュラーに定着できなかった。

 いわば、日本では挫折を経験した立場だ。その後、母国に戻ったあとはフィジカル強化に努め、代表チームには欠かせない選手へと成長を遂げたが、海外で成功を収めることは彼の悲願かもしれない。

 実はアジアカップの日本戦の前日会見で「日本に戻るチャンスが欲しい」と語っている。

 日本でのプレーを熱望していたようだが、ベトナム代表率いるパク・ハンソ監督の強い後押しもあってKリーグ行きが実現したと聞いた。

 また、コン・フォンは「フィジカルが以前と比べ物にならないくらい向上した。守備力も高まった。狭いスペースでのプレーが持ち味」と語っている。

 ベトナム代表を一段階、レベルの高い所へ引き上げた功績が認められ、新たに韓国に足を踏み入れた。ベトナム代表の看板を背負っているコン・フォンには、背水の覚悟があるかもしれない。

 もしうまく行けば韓国で成功を収めたのち、Jリーグでリベンジを果たしたいという秘めた思いもあるだろう。

 Kリーグは3月1日に開幕する。タフな選手が多いKリーグの守備陣に対し、彼がどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみにしたい。