11年守り続けたシードを落としたプロ16年目の北田瑠衣が今、思うこと

今季はステップ・アップ・ツアーが主戦場となる北田瑠衣(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

モチベーションを保つ難しさ

日本女子ゴルフツアーはすでに開幕したが、今週から開幕したのが下部ツアーのステップ・アップ・ツアーだ。そこにはプロ16年目、36歳になった女子プロゴルファー、北田瑠衣の姿があった。

レギュラーツアー通算6勝、2010年のTポイントレディスで優勝して以来、勝利から遠ざかっているが、シード選手としての実力は確かなものだった。

「今はモチベーションを保つのが本当に難しいんですよね。本当に。私は大丈夫なので、何でも聞いてください」

そう言って笑って見せたが、やりきれない気持ちをどこかに隠したまま、今シーズンを迎えているようだった。

北田は昨シーズン、賞金ランキング70位とし、2006年から11年間守り続けたシード(レギュラーツアーの賞金ランキング上位50人に翌年の出場権が与えられる)から陥落した。12月にはレギュラーツアー出場権を得るための予選会(QT)にも出場したが61位と成績は振るわず、主戦場はステップ・アップ・ツアーとなった。

北田は今年、どのような身の振り方を考えているのだろうか。11年も守ってきたシードを失ったあと、どのような気持ちでいるのかが、とても気になっていた。

「正直、オフはすごくいろんなことを考えました。レギュラーツアーは出られないし、推薦枠での出場の話も来ていなかったですからね。ステップ・アップ・ツアーはそれよりも後に始まるので、トレーニングをする意味があるのかとか……。モチベーションをどこに持っていけばいいのか、すごく難しかったです」

ゴルフに引退はない

そんななかで今季は3月にレギュラーツアーに2試合に出場(ともに予選落ち)。「ヨコハマタイヤPRGRレディス」では、テレビ中継のラウンドレポーターにも初挑戦した。

「レギュラーツアーに出られないけれど、私には、これからもゴルフを続けていきたいという思いがあります。それに、いただける仕事はきっちりこなしたい。今年は下部ツアーだから試合に出たくないということもありません。練習だけだと下手になるし、試合勘が鈍ってしまいますからね」

長らくレギュラーツアーで戦ってきた自負やプライドもあるだろう。だが、さすがは年の功で、現実を受け入れる心構えはできている。

ちなみにステップ・アップ・ツアーでは、今季から賞金ランキング1位の選手に、翌年度の開幕戦から「リランキング」(シーズン途中の賞金額に応じて出場優先順位を組み替える制度)実施までのレギュラーツアーへの出場権が与えられることも決まった。それについてはどう思っているのだろうか。

「もちろんここで賞金ランキング1位になって、来年のレギュラーツアーに出られるようにがんばることも大事です。でも、(1位になれるのは)一人だけですから、そう簡単なことではないですよね。それよりも、私のシーズンは始まったばかり。結果を見ながら自分のこれからについて考えていきます。自分でもこの先、どう転ぶのかわかりません。ただ、これからもゴルフにはこれからもずっと携わっていきたいですし、ゴルフには引退はないと思っていますから」

北田はハッキリと“引退はない”と言った。現役でプレーしていくという気持ちも確認できた。再びレギュラーツアーの舞台に立つ日をまだ諦めていない。