DL復帰後不調続きのケンリー・ジャンセンが下した命がけの決断

チームのために大きな決断を下したケンリー・ジャンセン投手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 9日のロッキーズ戦後に宿泊ホテルで不整脈を訴え、そのまま病院に搬送され故障者リスト(DL)入りしていたドジャースの守護神ケンリー・ジャンセン投手。デンバーの病院である程度の検査を受けた後、ロサンゼルスに戻りさらに精密検査を受け、20日になって心臓専門医の許可が出て20日のカージナルス戦から復帰を果たした。

 守護神の離脱でドジャースのリリーフ陣が危機的状態に陥り、前田健太投手をリリーフに配置転換して切り抜けようとしたが、結局離脱中は5連敗を含む3勝6敗と大きく負け越し。熾烈な首位争いが続く中で地区首位タイから3位にまで後退してしまった。ジャンセン投手の復帰はドジャースにとって起死回生になるはずだった。

 しかしその期待を裏切るように、復帰後のジャンセン投手はまったく精彩を欠いている。20、22日のカージナルス戦に同点の場面で登板しそれぞれ決勝本塁打を喫し2試合連続で敗戦投手になると、25日のパドレス戦でも同点本塁打を打たれセーブに失敗。守護神としての仕事をまったく果たせていない。

 そんなジャンセン投手が地元紙の『Orange County Register』紙に、復帰後の不調の理由とともにチームのために“ある”決断を下したことを明らかにしているのだが、それがまさに命を賭したものなのだ。

 ジャンセン投手によると、心臓専門医から復帰の許可が出たものの、シーズン終了まで処方薬を服用することが義務づけられていた。この薬が合わず「まるで夢遊病のような感じで、身体の動きは遅いし、いつも眠気に襲われている」状態に陥っていたという。このままでは自分の投球ができないと判断し、医師に連絡をとり薬の服用を止める決断を下したのだ。

 「このままじゃチームに害を与えるだけだと思った。とにかく薬を遠ざけないといけないと感じた。薬を止めても僕の心臓が止まらないのであれば、このままじゃ投げられないと医師に伝えた」

 実はジャンセン投手は以前から心臓に問題を抱えている。2011年にも不整脈のためDL入りし約1ヶ月間戦線離脱しているし、さらに翌12年にも不整脈を起こし戦線離脱し、シーズン終了後に不整脈を改善する手術を受けている。そして今回も精密検査を受けた結果、シーズンオフに新たな手術を受けることが決まっている状況だった。

 あくまで医師からシーズン中の服用を勧められており、薬を止めるのは簡単な決断ではないはずだ。ただ医師からはすぐに意見を伴うものではないとの説明を受けており、今後もスマホのアプリを利用して医師に随時心電図を送ることで対応していくことになったようだ。

 過去2年間ドジャースがポストシーズンで好成績を残せたのは、今やMLB屈指のクローザーと認められているジャンセン投手の大車輪の活躍があったからこそだ。もちろんダイヤモンドバックス、ロッキーズとの熾烈な首位争いを抜け出し地区6連覇を飾るには、ジャンセン投手が本来の投球を取り戻さなければ不可能といっていいだろう。

 28日のレンジャーズ戦から薬を服用せずに登板に臨むジャンセン投手。まさに命を懸けた投球でドジャースの救世主になれるだろうか。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛のスポーツメディア・リテラシーサンプル記事
月額550円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    ギャルファー金田久美子が現役を続ける理由 ウッズの記録に並んだ「天才少女」の今金明昱6/3(水) 10:00
  2. 2
    落合博満のホームラン論その3「もっと頭を使い切れば、60~70本は打てた」横尾弘一6/3(水) 12:00
  3. 3
    タイトルを分け合った打者たち。本塁打王は10組、打点王は7組、首位打者も2組宇根夏樹6/3(水) 7:00
  4. 4
    落合博満のホームラン論その2「三冠王獲りに駆り立てたのはブーマー・ウェルズの存在」横尾弘一6/2(火) 12:00
  5. 5
    落合博満のホームラン論その1「全打席でバックスクリーンだけを狙っていた」横尾弘一6/1(月) 12:00
  6. 6
    白人警官に殺害されたジョージ・フロイドへ~KING レブロンやメイウェザーが、それぞれの追悼~林壮一6/3(水) 0:01
  7. 7
    コルク入りバットを使った理由◆ジーターのキャプテン就任◆ペドロの「完全試合」…【6月3日のMLB】宇根夏樹6/3(水) 6:30
  8. 8
    なでしこリーグ上位進出を目指すアルビレックス新潟レディース。新戦力を得て好スタートなるか松原渓6/3(水) 8:00
  9. 9
    打率2位と3位の選手たち。複数のシーズンでトップ3に入りながら一度も「首位打者」になれなかったのは宇根夏樹6/2(火) 7:00
  10. 10
    父は元監督、兄が他チーム投手の31歳一塁手 決勝弾含む4安打5打点の大爆発<韓国KBOリーグ>室井昌也6/2(火) 22:51