3Dプリンター製義手をつけた7歳少女がワールドシリーズで始球式

ワールドシリーズで始球式を務めることになった義手の少女(mlb.comより)

 MLB公式サイトが13日付けで、1人の少女を紹介する記事を公開している。

 少女の名はヘイリー・ドーソンちゃん、7歳。彼女は利き腕の右手の指が2本しかない状態で生まれてきた。それでもドーソンちゃんは野球が大好きで、3Dプリンターを使った義手を使ってボールを投げる術を身につけた。

 今ではMLB全30球場で始球式を夢見ており、すでに今年6月13日にナショナルズの本拠地球場で大役を務めている。現在も各チームからオファーを待っている状態だが、すでに半数以上のチームから反応が届いている状態だという。

 そんな彼女の元にビッグニュースが舞い込んだ。10月24日に開幕予定のワールドシリーズ第4戦での始球式のオファーが届いたのだ。まさにMLB最高の舞台でドーソンちゃんの夢がまた1つ実現することになった。

1993年から米国を拠点にライター活動を開始。95年の野茂投手のドジャース入りで本格的なスポーツ取材を始め、20年以上に渡り米国の4大プロスポーツをはじめ様々な競技のスポーツ取材を経験する。また取材を通じて多くの一流アスリートと交流しながらスポーツが持つ魅力、可能性を認識し、社会におけるスポーツが果たすべき役割を研究テーマにする。2017年から日本に拠点を移し取材活動を続ける傍ら、非常勤講師として近畿大学で教壇に立ち大学アスリートを対象にスポーツについて論じる。在米中は取材や個人旅行で全50州に足を運び、各地事情にも精通している。

有料ニュースの定期購読

菊地慶剛の“本音”取材レポートサンプル記事
月額540円(初月無料)
月3、4回程度
22年間のMLB取材に携わってきたスポーツライターが、今年から本格的に取材開始した日本プロ野球の実情をMLBと比較検討しながらレポートします。
  1. 1
    アルゼンチン人コーチが語る「ACLファイナルに挑む浦和レッズ」 林壮一11/23(木) 0:01
  2. 2
    阪神タイガース契約更改 森越選手の会見は、自身も周囲も笑顔がいっぱい!《11/21》 岡本育子11/22(水) 21:00
  3. 3
    人呼んでラーメンJリーガー 盛田のプロ20シーズン目はどうなる? 大島和人11/23(木) 0:34
  4. 4
    アロンソがLMP1「トヨタTS050」でテスト走行。ル・マン24時間参戦への布石となるか? 辻野ヒロシ11/23(木) 17:47
  5. 5
    アルバルク東京からレバンガ北海道への移籍は、大学時代に味わった苦い経験が決断を後押し 青木崇11/22(水) 22:54
  6. 6
    大河チェアマンが標榜する本格アリーナの登場でBリーグの未来は激変する 菊地慶剛11/23(木) 9:00
  7. 7
    ジャパンCにおける2人の名手の壮絶な叩き合い。その裏にあったドラマとは…… 平松さとし11/23(木) 7:30
  8. 8
    トライアウト群像。2度戦力外の木村昇吾と不祥事途中解雇の奥浪鏡を結ぶ「野球は楽しい」の共通言語 本郷陽一11/16(木) 6:00
  9. 9
    阪神タイガース 第1次戦力外通告は9人 <筒井、小嶋、坂、柴田、鶴、二神、岩本、一二三、トラヴィス> 岡本育子2016/10/2(日) 17:00
  10. 10
    30年ぶりの母校で、金メダリスト・大日方邦子さんが講演! 佐々木延江11/23(木) 3:16