汚された「ラブライブ!」マンホール復活! 沼津市15ヶ所で再設置へ

傷が付けられた渡辺曜のデザインマンホール(5月27日、高橋孝治さん撮影)

 静岡県沼津市を舞台にしたアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」。この作品に登場するキャラクターが描かれたマンホールが、故意に傷を付けられるなどして、6月に撤去されていた。沼津市は10月1日、そのデザインマンホールを今月10日から再設置すると発表した。

 撤去された9枚のマンホールに加え、新規のデザインマンホールが2種類導入される。1つは主人公達が通う高校「浦の星女学院」の校章をデザインしたもの。もう1つは主人公9人が集合しているものだ。

 マンホールは新規デザインのもの4枚と、9人それぞれの主人公が描かれた計13枚が新たに寄贈される。このうち11枚は、デザインは同じだが塗色されていない、黒一色のマンホールとなる。

 新規のマンホールはいずれも寄贈されたもの。寄贈主は「聖地巡礼」を支援するスマートフォンアプリ「舞台めぐり」を開発・運営するソニー企業株式会社で変わらない。

 撤去以前はカラーのマンホールが9ヶ所に設置されていたが、6ヶ所が加わり、全15ヶ所になる。このうち半数近い7ヶ所が、沼津駅前の商店街に設けられる予定だ。

 現在撤去中の、9人の主人公が描かれた9枚のカラーのデザインマンホールは、沼津仲見世商店街に3枚ずつ約4ヶ月おきに交換する形で設置される予定。防犯カメラもあり、人通りも多い商店街に集約することで、事件の再発防止を狙う。

「ラブライブ!」マンホールの再設置マップ(沼津市ホームページより)
「ラブライブ!」マンホールの再設置マップ(沼津市ホームページより)

 再設置にあたり、沼津市水道総務課の担当者はこう胸を撫で下ろす。

「せっかく寄付をいただいたものを回収しているだけでは、ファンの皆さんの意向に添えないところもありました。汚損されたマンホールの修理も終わり、再発防止策など総合的に判断した上で、新規寄贈と合わせて設置することができました」

 ファンからも喜ぶ声が聞こえる。日本各地でデザインマンホール巡りをしている高橋孝治さんは「沼津市のマンホールは質も高く、デザインも可愛い。再設置されたらまた見に行きたい」と話す。

 また、「ラブライブ!」の長年のファンで、沼津市内浦でコスプレイベントの運営に携わる、あきらさんはこう話す。

「劇場版公開前に再設置され、設置箇所も枚数も増えてうれしいです。カラーのマンホールは商店街に移され安心できますが、黒のマンホールは前回被害にあった場所に設置されるので、そこが気になるところです。いずれにせよ、再設置とそれによる盛り上がりが楽しみです」

 2019年1月4日には、劇場版が全国127の映画館で公開される。「ラブライブ!サンシャイン!!」と、沼津市の盛り上がりはまだまだ続きそうだ。