今年のGWは無料のゲームサービス活用 「ステイホーム週間」を家で楽しむ!

昔のゲーム機が眠っている家も多いのでは=著者撮影

 新型コロナウイルスの感染が拡大し、コロナ対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大されました。5月6日まで、国民は外出の自粛を強いられており、その先もまだ見えない状況です。しかし、持て余した時間を忘れさせてくれる最強のツールがゲームです。今年のGW(ゴールデンウイーク)は「ステイホーム(STAY HOME)週間」になってしまいます。そこでゲーム機があれば、無料(もしくは格安)で遊べるサービスを紹介します。

◇スイッチで期間限定無料 懐かしのファミコンゲーム 人気のスプラトゥーン2も

 国内で1300万台を販売した(ファミ通調べ)「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」は、なかなか手に入らない……という声もありますが、携帯ゲーム機に特化した「Nintendo Switch Lite(ニンテンドースイッチライト)」であれば、運が良ければ店頭で見ることもあります。コロナ対策の外出自粛もあり、ネットの方は瞬時になくなるようで、このあたりに皮肉さを感じさせます。スイッチは現在ヒット中の「あつまれ どうぶつの森」を筆頭に万人受けする人気ゲームがそろっており、ダウンロード販売もしているので、ゲーム機の本体さえ手に入れたら後は何とでもなります。ただソフトの価格が総じて高め(5000円以上)なので、手を出しにくいのも確かです。

 ですが、実は無料で遊ぶコンテンツも充実しています。まずはスイッチをネットに接続し、メールアドレスを用意して、無料で作成できる「ニンテンドーアカウント」を作りましょう。すると任天堂のダウンロード販売サービス「ニンテンドーeショップ」にアクセスでき、無料の体験版が遊べます。気に入れば、データを引き継いで製品版で遊べますし、体験版を片っ端から遊び倒すのもありですね。

 同サイトでは、リアル店舗で販売してない「インディーズゲーム」や昔の人気ゲームも購入できます。ソフトの値引き販売もあるので、タイミングが良いと良質の「インディーズゲーム」が100円で買えたりします。

 またニンテンドーアカウントを取得すれば、「Nintendo Switch Online(ニンテンドースイッチオンライン)」という有料サービス(30日間306円)も利用できますが、7日間の無料体験もあります(無料体験のみ希望の人は、『自動更新』を切ってください)。

 さらに現在、既に無料体験を利用済みでも、5月6日までの期間限定で「ニンテンドースイッチオンライン」が7日間体験できるチケットを「マイニンテンドーポイントプログラム」で無料配布中です。人によっては14日間も無料サービスを利用できることになりますね。

 「ニンテンドースイッチオンライン」は、ネットでの対戦プレー、セーブデータの預かり機能などもありますが、「ファミリーコンピュータ」や「スーパーファミコン」の代表的な人気ゲームが遊べてしまうことです。

 ファミコンは「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」など50タイトル以上、スーパーファミコンは「スーパーマリオワールド」や「スーパーマリオカート」など25タイトルが遊べます。ゲーム中は、ミスをしても直前からやり直せる「巻き戻し」や「どこでもセーブ」の機能があります。

 さらにステージ6から始まる「魔界村」や、最終25章から始まる上に全員が生きている「ファイアーエムブレム」など特別な状態から始まる「スペシャルバージョン」も多数配信しています。その上、ネット対戦が楽しめる「テトリス99」も無料で遊べます。

 ちなみに、期間限定(4月30日~5月6日)で人気ゲーム「スプラトゥーン2」の特別体験版(無料)も遊べます。ゲームの一部機能は制限されますが、普通に遊ぶには何の問題もありませんので、存分に楽しんでください。

◇PS4 7日間限定で400タイトルの本格派ゲームが

 「PS4」や「プレステ4」の愛称で知られる「プレイステーション4(PS4 Pro含む)」も無料で遊べるコンテンツはあります。メールアドレスがあれば無料でアカウント「PSN」を作成でき、無料体験版やゲームが購入できるサイト「PS Store」が利用できます。スイッチと同様、インディーズゲームもあります。

 そして現在、「アンチャーテッド コレクション」と「風ノ旅ビト」を期間限定(~5月6日)で無料配信中です。「アンチャーテッド」シリーズは、秘宝を巡り世界を冒険するアクションアドベンチャーで、人気映画「インディ・ジョーンズ」を思わせるハラハラする冒険が楽しめます。「風ノ旅ビト」は、砂漠にたたずむ謎のキャラクターを操作して先に進むアクションです。両作とも世界的な人気ゲームですし、一度ダウンロードすると、無料配信の期間が終わってもずっと遊べます。

 そして、PS4では、本格派ゲームが存分に楽しめるサブスク(定額課金)サービス「PS Now」(月額1180円)があります。こちらは一度、100円を払う形になりますが、同額のキャッシュバックがあるため、実質的に7日間無料で体験できます(こちらも『自動更新』を切るのをお忘れなく)。

 「PS Now」は、「みんなのGOLF6」や「真・三国無双7」「ゴッド・オブ・ウォー3」など400以上の本格派ゲームが利用できます。今であれば、世界的に大ヒットした「マーベルスパイダーマン」も期間限定(~7月6日)まで遊べます。

 なお「PS Now」は、高スペックであればPCでも利用できます。

◇スマホゲームは課金に注意 SteamでPS4と同じゲームも

 スマートフォンやタブレット、PCでは、定番のマージャンやオセロの無料ゲームがすぐ見つかるでしょう。

 今さらですが、スマートフォンは、基本利用料無料のスマホゲーム(アプリゲーム)がそろっています。「パズル&ドラゴンズ」「モンスターストライク」「LINE:ディズニー ツムツム」などは、多くの人がプレー済みで、未プレーの人にもその面白さは実証されています。位置情報ゲーム「ドラゴンクエストウォーク」も、外出自粛の状況を配慮して、外出せずともプレーできるよう工夫されています。

 ただし、くれぐれも課金には注意してください。スマホの無料ゲームは、少しの時間で気軽に遊ぶには適していますが、長時間やりこんだり、強いアイテム、キャラを手に入れるには、課金要素が発生するものが多いためです。もちろん、課金があってこそのビジネスなのですが……。

 PCの利用者であれば、米Valve(バルブ)のPC用向けプラットフォーム「Steam(スチーム)」があります。プラットフォームのダウンロードとインストールは無料で、ソフトはダウンロード購入します。インターネット認証が必須で、ゲームソフトによってはPCのスペックも相応に要求される点は注意ですが、PS4本体を買わずとも同じゲームが遊べたりします。ソフトをかなりの割引販売していることもあります。

◇ハード問わず みんなで遊べるゲームも

 「一人で遊ぶのは性に合わない。みんなで遊べるゲームを」という人もいるかもしれません。複数で遊ぶのであれば、数多くのオンラインゲームがありますが、その中で無料で手軽、そして世界的な人気を誇るのは「フォートナイト」でしょう。スマホやPC、スイッチ、PS4、XboxOneに対応しています。

 「フォートナイト」を一言で表現すれば、エアガンとBB弾を使って対戦するサバイバルゲームに近いイメージです。小さな島で100人のプレーヤーが戦い、1人だけの勝ち残りを目指します。空から島へと降下し、武器を探して、先手必勝で相手を倒していくのですが、建物や車を破壊して階段を作ったり、要塞を築いたり、自由度の高さも特徴です。パスを購入すると深く楽しめる仕組みになっていますが、無料でもかなり楽しいですね。2人のチームも組めるので、ゲーム好きのカップルでも遊べますね。

 この手のゲームは、「バトルロイヤルゲーム」と呼ばれて、すっかり人気になりました。「PUBG(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)」や「荒野行動」などがよく知られています。

 余談ですが、家に眠る昔のゲーム機を掘り起こして、遊ぶのも一つの手です。我が家では、約17年前に買った携帯ゲーム機「ゲームボーイアドバンスSP」がいまだに平気で動いたりします。今でも十分楽しめますし、ゲームの進化も感じ取れますよ。

 ゲームファンはフル活用しているサービスですが、ゲームに不慣れな人は知らないサービスもあったのではないでしょうか。使えるサービスは使い倒し、外出自粛を存分に生かしゲームざんまいの「ステイホーム週間」を送ってください。

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

有料ニュースの定期購読

河村鳴紘の「記事も鳴かずば撃たれまい」サンプル記事
月額550円(初月無料)
月4回程度
ゲームやマンガ、アニメなどサブカル分野を取材すること20年以上。現場から経営までの取材経験を元に、取材側から見える視点、今だから明かせる昔話、業界の矛盾などに切り込みます。ネット向け記事を執筆して多くの話題を提供した実体験を元に、記事を作る上での“仕掛け”なども明かします。記事の制作が効率優先のお手軽になりつつある現状を勝手に憂いつつ、情報の発信方法に悩む皆様の“助け船”になれば幸いです。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    早熟のスーパールーキー藤井聡太七段(17)棋聖と王位は挑戦までそれぞれあと2勝 ダブル挑戦の可能性も松本博文6/1(月) 7:25
  2. 2
    スマホ版「ラブプラス」も終了へ ガチャ一辺倒でスマホゲーム“屍の山”河村鳴紘5/30(土) 10:30
  3. 3
    遅咲きのオールドルーキー今泉健司四段(46)五段昇段まであと2勝 6月1日連勝で達成の可能性あり松本博文6/1(月) 5:06
  4. 4
    苦労人・今泉健司四段(46)五段昇段の一番を「二手指し」の反則負けで落とす松本博文6/1(月) 17:06
  5. 5
    国民的人気を博した「早慶戦」とは何なのか 朝ドラ『エール』で描かれた早慶戦の知られざる背景堀井憲一郎5/31(日) 19:50
  6. 6
    政治家に必要なのは地盤か、世渡りか、信念か。混迷する今の日本に強烈に響くドキュメンタリー。監督に聞く斉藤博昭6/1(月) 8:17
  7. 7
    真木ひでと 3つの時代を駆け抜け、ジャンルを変え、50年以上歌い続ける稀代のシンガーの現在地田中久勝5/31(日) 12:33
  8. 8
    警察への抗議暴動でタランティーノの映画館も被害に猿渡由紀6/1(月) 7:30
  9. 9
    元名人・佐藤天彦九段(32)と神童・藤井聡太七段(17)6月2日、棋聖戦本戦準決勝で対戦松本博文5/26(火) 5:58
  10. 10
    外出自粛で急増のNetflixで人気の『梨泰院クラス』とは…韓国での評判は?慎武宏4/18(土) 11:35