19日夜、札幌に初雪が降った。過去2番目に遅い初雪だ。一方、東京はまだ「木枯らし1号」が吹かない。来週は西日本で雪となる寒さとなりそう。木枯らし1号の期限は今月末まで、チャンスはあとわずか。

記録的に遅れた札幌の初雪

 タイトル画像は最近20日間の平均気温を平年と比べた図です。暖色は平年と比べて気温が高い所を、寒色は気温が低い所を示しています。先月(10月)にはラニーニャ現象が発生し、この冬は寒くなるとの見通しがでていますが、今のところ寒さは限定的で、冷たい空気は西日本を中心に流れ込んでいます。17日は鹿児島で平年より8日早く、イチョウが黄葉しました。

 これと対照的なのが札幌です。9日にはカエデ、イチョウともに落葉したものの、初雪は遅れに遅れ、19日夜に観測されました。1950年以降では2番目に遅い初雪です。

【札幌】初雪が遅いランキング(1950年~2020年)筆者作成
【札幌】初雪が遅いランキング(1950年~2020年)筆者作成

遅い初雪とラニーニャ

 札幌の初雪がかなり遅くなった年はその後、寒さはどうなったのか、調べてみました。年を追うごとに、温暖化の影響が大きくなっているため、実情にあった2000年以降(上位4年)としました。

札幌の遅い初雪と冬の天候(筆者作成)
札幌の遅い初雪と冬の天候(筆者作成)

 結果はきっちり寒冬と暖冬に分かれました。初雪が最も遅かった2018年はその後、暖かい冬に、2006年もそうでした。一方で、2011年と2012年はいずれも寒さの厳しい冬になりました。これでは答えにならないと思い、エルニーニョ/ラニーニャ現象が発生していたのか見てみました。

 すると、エルニーニョが発生またはエルニーニョ的な状況だった年は暖冬に、平常またはラニーニャ的だった年は寒冬だったことがわかりました。わずか4年を取り上げて、傾向を探るのは安易ですが、今年との共通点が見えて、興味を引かれました。

西日本は早い初雪も

 札幌の初雪が記録的に遅れた一方で、西日本は早くなりそうです。こちらは上空1,500メートル付近の気温を予想した図です。暖色は平年より高いことを、寒色は平年より低いことを示しています。

850hPa気温と平年差を予想した図(ウェザーマップ作画、筆者加工)
850hPa気温と平年差を予想した図(ウェザーマップ作画、筆者加工)

 このあと22日(月)頃にかけて、日本列島は暖かい空気に覆われる予想です。しかし、その後はかなり冷たい空気が流れ込みます。山陰や北陸の平地でも雨に雪が混じり、いつもより早い初雪が降る可能性が出てきました。

そして、東京の木枯らし1号は?

 東京では例年、立冬近くの11月5日頃に木枯らし1号が吹きます。木枯らし1号の発表は10月半ば頃から11月末までと期間が決まっているため、発表がない年もあります。 

 最近では2018年、2019年と2年続けて発表されませんでした。2018年は札幌の初雪が最も遅くなった年でもあります。今年はいつ吹くのか、11月も残り少なくなり、チャンスは限られてきたようです。