さくら開花まで、あと一週間

記録的な暖かさで、さくらの開花予想は日を追うごとに早まっている(ウェザーマップ)

 さくら開花まで一週間を切った。今年のさくら前線は関東地方からスタートする可能性が高く、北関東と南関東で開花時期の差が小さいのも特徴だ。

休眠打破の遅れを打ち消す暖かさ

 春になって、花の開花を促すような雨を催花雨(さいかう)と言います。8日(日)は東海から関東南部にかけて雨が降っていて、午後3時の気温は東京で8.1度です。花にも、人にも冷たい雨ですが、さくらの開花予想は日を追うごとに早まっています。

 こちらは最新の予想に基づいて、民間気象会社の開花日をまとめた表です。本格的なさくらシーズン開始を告げるのはどこでしょう?

さくらが一番早く開花する場所:各社の予想比較、3月8日現在(著者作成)
さくらが一番早く開花する場所:各社の予想比較、3月8日現在(著者作成)

 最も早い予想はウェザーマップの3月13日(金)です。次は日本気象協会の3月15日(日)、そしてウェザーニュースの3月16日(月)となっています。各社とも先月の予想と比べ3日から5日早まりました。

 当初は記録的な暖冬による休眠打破の遅れから、早い開花には慎重な予想もありました。しかし、休眠打破の遅れを打ち消すような暖かさが続いているため、開花まであと一週間というところまで近づいています。

北も、南も同時にお花見?

 各社の予想をみると、今年のさくら前線のスタートは関東地方になる可能性が高いようです。さらに、特徴的なのが南関東、北関東の差がほとんどないことです。通常、南関東と北関東では開花に一週間くらいの差がありますが、今年は東京と熊谷が同日に咲く予想です。

関東・東海地方のさくら開花予想日、3月5日発表(ウェザーマップ)
関東・東海地方のさくら開花予想日、3月5日発表(ウェザーマップ)

 こんなところにも記録的な暖冬の影響がでているのでしょうか。

【参考資料】

ウェザーニュース:第四回桜開花予想、2020年3月3日

日本気象協会:桜開花予想2020、2020年3月5日

ウェザーマップ:さくら開花予想、2020年3月5日