東京は5年ぶりの多雨 7月も雨多い予想 

関東地方の降水量は7月も平年と比べ多い見通し(気象庁1か月予報、著者作成)

 6月の東京の降水量は200ミリを超え、2014年以来5年ぶりに多くなった。今後、梅雨前線は本州付近に停滞し、活動が活発に。7月もくもりや雨の日が多くなる見通し。

今年は梅雨らしい梅雨に

 東京が梅雨入りしてから二十日が過ぎました。東京の梅雨期間は例年、40日くらいなので、およそ半分です。毎年、雨の降り方はさまざまですが、今年は梅雨らしい天気が多い印象、その証拠に今月の降水量は213ミリ(27日まで)で、6月としては2014年以来、5年ぶりに200ミリを超えました。

 梅雨全体の雨は約320ミリですから、すでに3分の2に達しています。今年の東京は前半から雨が多くなっています。

【東京】梅雨の降水量(2019年)を示した円グラフ(著者作成)
【東京】梅雨の降水量(2019年)を示した円グラフ(著者作成)

 

7月も雨多い予想

 梅雨の後半も雨は多いのでしょうか?

最新の1か月予報によると、関東地方の向こう1か月の降水量は平年と比べ多いとみられます(タイトル表紙)。

 今後は夏の高気圧が強まるため、梅雨前線に向かって南から湿った空気が流れ込むでしょう。また、オホーツク海にも別の高気圧が予想されています。この2つの高気圧に挟まれて、梅雨前線が動きにくく=停滞しやすく、7月もくもりや雨の日が多くなりそうです。

向こう1か月の地上気圧予測図(気象庁ホームページより、梅雨前線は著者加工)
向こう1か月の地上気圧予測図(気象庁ホームページより、梅雨前線は著者加工)

 

 つまり、梅雨らしい天気がまだまだ続く。梅雨だから、と言われれば、そうなのだけれども、ため息しかでません。

梅雨明けの見通しは?

 例年、東京の梅雨明けは7月21日頃です。7月も平年と比べくもりや雨の日が多いとなれば、梅雨明けはいつになるのでしょうか。

 今のところ、夏の高気圧の影響するフィリピン付近の対流活動は7月後半、不活発とみられています。そうならば、夏の高気圧が強まらず、梅雨明けが遅れることも考えられます。しかし、まだはっきりと言える段階ではなく、状況を注意深く見ていきたいです。

【参考資料】

気象庁:全般季節予報支援資料 1か月予報、予報期間:6月29日~7月28日、2019年6月27日発表

気象庁ホームページ:向こう2週間・1か月の予測資料