亥年はスーパー暖冬? 1月も気温が高い見通し

最新の1か月予報によると、1月も全国的に気温が高い見通し(著者作成)

 1月も暖冬の可能性。寒気が弱く、東日本以西では暖かい空気に覆われやすいという。平成になって暖冬続き、前回の亥年(2007年)はスーパー暖冬だった。

年末寒波があっても、12月は暖かく

 先月(12月)は月初めの夏日から年末寒波まで、ダイナミックに天気が変化し、振り返れば全国的に暖かい12月でした。

 そういえば、1か月前の今頃はスキー場の雪不足が話題に。目先のことに注目しがちなのは今に始まったことではないけれど、最近はその傾向が強まったように感じます。

寒気弱く、1月も気温が高い予想

 6日(日)は小寒です。これからが一年で最も寒い時期、今年はどんな寒さになるのでしょう?

 こちらは向こう1か月間(1月5日-2月1日)の気温の予測図です。暖色は平年と比べ気温が高く、寒色は気温が低いことを示しています。

850hPa気温予測図(1月5日-2月1日)(気象庁ホームページより)
850hPa気温予測図(1月5日-2月1日)(気象庁ホームページより)

 日本列島のほとんどが暖かい空気に覆われる予想です。さらに、寒気の出発点である大陸北部もオレンジ色で、シベリア高気圧が弱く、西日本や沖縄ほど寒気の影響を受けにくいとみられます。

 そのため、気温が平年を下回る(一段と寒くなる)確率は北海道で約30%、そのほかの各地は10%程度と非常に低くなっています。もちろん、この時期は寒いのが当たり前ですから、暖かいといっても限りがあります。寒さのなかの暖かさを表現するのは難しいです。

「平成」は暖冬続き

 これまでの冬の天候(東日本)を振り返っていたら、あることに気がつきました。

 冬の平均気温が平年より高くなった上位10年をみると、全体の8割が「平成」なのです。これは1946年(昭和21年)以降をみたもので、背景には年々、気温が高くなっている温暖化の影響があります。たぶん、平成が特別なのではなく、次の時代になれば、また見方が変わるでしょう。

【東日本】冬の平均気温の高い方順位(著者作成)
【東日本】冬の平均気温の高い方順位(著者作成)

亥年の冬は?

 平成は暖冬ばかり、そのなかでもスーパー暖冬だったのは2007年です。そう、前回の亥年です。2007年冬は全国的に気温が高く、西日本と東日本は統計史上最も暖かい冬でした。

 石川県金沢市では1891(明治24)年に観測が始まって以来初めて、1月の積雪がゼロになりました。また、東京では冬の間、雪がまったく降らず、3月16日になってやっと初雪が降りました。3月に降っても初雪と言えるのか、困惑したことを思い出します。

【亥(いのしし)年】冬の平均気温平年差℃(著者作成)
【亥(いのしし)年】冬の平均気温平年差℃(著者作成)

 12月も暖かく、1月も暖かいとなれば、この冬はかなりの暖冬となりそう。亥年は暖冬と限った話ではありませんが、不思議な共通点に興味を持ちました。天気が予想通りに推移するのか、注目しています。

【参考資料】

気象庁:1か月予報(1月5日-2月4日)、2019年1月3日発表