WMO予測 エルニーニョ発生確率70%で気になること

WMO専門家「圧倒される日本の水害は我々が考える気候変動だ」(写真:ロイター/アフロ)

 世界気象機関は10日、今年末までにエルニーニョが発生する確率は70%と発表した。しかし、これまで秋から冬にかけて発生したエルニーニョは少なく、高い発生予測に疑問が残る。

エルニーニョ発生確率は70%

 現在はエルニーニョでもなく、ラニーニャでもない平常の状態です。前回の予測(6月)では夏にかけて平常の状態が続く可能性が高い(75%)としていました。今回はエルニーニョの発生を意識した内容です。

WMOエルニーニョ発生予測、2018年末まで(WMOホームページより)
WMOエルニーニョ発生予測、2018年末まで(WMOホームページより)

 WMO専門家は「今のところ、エルニーニョの規模ははっきりしないが、今年5月から7月は平常の状態にもかかわらず、赤道域の海面水温は基準値より高く推移している」と述べたうえで、「この夏は北欧で記録的熱波、日本やインドなどでは圧倒される規模の水害が発生した。これらの多くは我々が考える気候変動だ」。

 エルニーニョ発生で、さらに異常気象のリスクが高まると警鐘を鳴らしています。

秋から冬にかけての発生はわずか

 気象庁は10日、定例のエルニーニョ監視速報のなかで、「秋は平常の状態が続く可能性もある(40%)が、エルニーニョ現象が発生する可能性がより高い(60%)」との見通しを示しました。暖かい海水(暖水)が太平洋東部に移動することで、緩やかに海面水温が上昇し、エルニーニョ発生に至ると予想しています。

 しかし、ひとつ気がかりなことがあります。

 記録が残る1949年以降、エルニーニョは15回発生しました。発生した季節をみると、春が最も多く8回、次いで夏の5回、秋が2回、そして冬はありません。秋から冬に発生した割合は全体の約13%です。

エルニーニョが発生した季節しらべ(著者作成)
エルニーニョが発生した季節しらべ(著者作成)

これまで発生が少なかった秋から冬。今年末までにエルニーニョは発生するのでしょうか?

 エルニーニョは異常気象の代名詞になりました。しかし、今なおエルニーニョの発生を的確に予測することは難しく、研究が進められています。2012年にはエルニーニョが短期間で終わり、幻となったエルニーニョもありました。

 これまでの発生を見る限り、最も発生回数の多い春にずれ込む可能性もあると考えています。

発生したら、この冬は暖冬?  

 これまでエルニーニョが秋に発生した1968年は西・東日本で暖冬に、1986年は西・東日本で平年並みの冬でした。事例が少ないため、はっきりしたことは言えませんが、この冬も暖冬になるのでしょうか。今月25日に発表される寒候期予報(この冬の天候予想)に注目しています。

【参考資料】

世界気象機関(WMO):WMO Update: 70% chance of El Nino by end of 2018,10 September 2018

気象庁:エルニーニョ監視速報 No.312,2018年9月10日