「師走の荒天」今週は強風、大雪、低温に注意

冬の北海道十勝平野(イメージ、著者撮影)

今年も残すところ二十日あまり。師走のなにかと気ぜわしい時期になりました。

このところ、強い寒気は影をひそめ、穏やかな天候が続いていましたが、どうやら今週は天気が大きく崩れる見通しです。

簡単にまとめると、9日(月)から10日(火)にかけて、低気圧が発達しながら北日本へ進みます。その後、12日(木)頃からは、この冬一番ともいえる強い寒気が全国的に流れ込み、大雪と寒さが強まるでしょう。では、日を追って、天気の予想と注意点についてお話します。

12月9日(月)から11日(水)

札幌の週間予報
札幌の週間予報

低気圧が発達しながら、日本海から北日本へ進む影響で、北日本では風雨が強まります。札幌では大風を伴って、雨から雪に変わるなど、天気が荒れるでしょう。そのほか、北日本の日本海側(青森、秋田、山形)でも、発達した雨雲がかかる見通しで、落雷や突風、竜巻などに注意が必要です。

なお、低気圧が発達するため、太平洋側でも一時的に天気が崩れます。10日(火)の午前中、東京は雨で、生暖かい風により最高気温は16度の予想です。この時期、季節外れの暖かさは荒天のきざしとも言われます。

12月12日(木)から15日(日)

東京の週間予報
東京の週間予報

今週の後半は強い寒気の到来です。寒気の流入は西日本から始まり、徐々に東日本、北日本へと広がります。寒気の底は今のところ、13日(金)から14日(土)と予想していますが、1日、2日程度の幅を持ってお考えください。東京では晴天が続くものの、週末には最低気温が3度となっています。寒さと乾燥で、風邪が流行りやすくなりそうです。

金沢の週間予報
金沢の週間予報

13日(金)には北陸や山陰地方の平野部で、本格的な雪となる可能性があり、金沢でも連日、雪の予想です。山間部では、まとまった雪となるため、早めの雪対策が必要でしょう。

福岡の週間予報
福岡の週間予報

九州の福岡では、くもりがちの天気です。冬の九州北部は寒気の影響を受けやすいため、12日(木)と13日(金)はしぐれるかもしれません。いずれにしても、気温は平年を大幅に下回り、1月並みの寒さとなりそうです。

今週の天気予報のまとめ

あす(9日)から11日(水)にかけては、北日本で風雨が強く、荒れ模様の天気となるでしょう。そのほかの各地は雨が降ったり、風が強くなったり、暖かくなったりと、天気が小刻みに変化します。

12日(木)以降は、第一級の寒波がやってくるため、日本海側の広い範囲で本格的な雪となる見通し。東京など太平洋側は晴れますが、気温がかなり下がりそうです。