『サブスク解約』させないための心理マーケティング〜月末28日のGoogleカレンダー対策〜

audiobook で初月一ヶ月無料で聞いた本 出典:audiobook

KNNポール神田です。

筆者のカレンダーには毎月サブスク検討日が繰り返し表示されている 出典:GoogleCalendar
筆者のカレンダーには毎月サブスク検討日が繰り返し表示されている 出典:GoogleCalendar

毎月、26日27日を月額サブスクリプションの『解約検討日』とし、GoogleCalendarに13時から60分の検討時間の予約をブックしている。そして、毎月28日には『解約手続日』として、月末の2〜3日前に必ずある程度のサブスクを解約するようにしている。そして、毎月1日には月額サブスクリプションの新たなサービスにトライアルするという生活ルーティーンのパターンを繰り返している。

■『サブスク』とは『可処分時間の奪い合い』のルーティーン戦争だ

大多数の人は、自分が一体何の『サブスク』を継続しているのかを、実はあまり把握していなかったりする。ライフラインの『サブスク』契約形態にその状況が最も現れている。

水道、電気、ガス、インターネットなどだ。

2016年からの電力自由化は知っていても、4年経由でも乗り換えを試みた人は2割程度しかいないのだ。東京ガスと電気料金を一緒にすれば『クラシル有料プレミアム(月額450円)の「人気ランキング」サービスが使えたり(以前はクックパッドの有料サービスカスタマイズだった)、Tポイントカードにポイントが変換されたりとオトクになることも多い。

そして、何よりも、インターネット回線ほど、kakaku.comで2年おきに乗り換えればかなり安価になるにもかかわらず、誰もそんなことはしない。なぜだ?10万円ちかくもキャッシュバックがあるにもかかわらず…。

それは、契約解約に関する心理コストが想像以上に高いからだ。2年に一度、解約を検討するのではなく毎月解約と入会を検討していればルーティーンとなり、入会解約が月末処理としてほぼ自動化のような振り返りでできるようになる。

なんといっても、サブスクほど『可処分時間』を奪い、一ヶ月のルーティーンに組み込まないと無駄な投資となってしまう。だから毎月、サブスクを見直し、理想のルーティーンとなる『可処分時間』の設計を行い、月初に新たなサブスクを導入し、検証する生活をおすすめしたい。

そして、事業者の皆さんにとっては、各社のキャンペーンやサブスクの仕組みを知り、自社の強みと弱みに気づいていただければと願う。

■入会日を忘れさせろ!入会日から30日間無料!

WOWOW 加入月は視聴料なし

■ヤフープレミアム会員、寝ているライオンは起こすな!

Yahoo!プレミアム会員

■アップセルでレギュラー商品よりも安く提供せよ!

日経電子版 24ヶ月(2年間)600円割引 mineo

■Audiobook.jp 2倍速スピード読書にプロクオリティ品質は必要か?

オーディオブック聴き放題プラン月額750円

■入会日を忘れさせろ!入会日から30日間無料!

WOWOW 加入月は視聴料なし

出典:WOWOW
出典:WOWOW

https://www.wowow.co.jp/join/re/

入会しやすく辞めやすいというWOWOWは安定契約層がいるためか、あまり解約対策はなされていない。

WOWOWの残念なところは、本日から視聴料はかかりません というプロモーションなので、月初から10日も過ぎてしまうと、入会するモチベーションが来月まわしとなってしまうところだ。

これはシステムの締め日の問題かもしれないが、WOWOWの締日ではなく、顧客が申し込んだ日ベースで締日とすべきところだ。

動画サブスクのオンデマンドが増えてきているからこそ、積極的に入会日を覚えてられない、いつでも入会を目指すべきだろう。入会日を忘れると解約日もわからず、また、来月…また来月とのびのびとなってしまう。

■ヤフープレミアム会員の寝ているライオンは起こすな!

Yahoo!プレミアム会員

PayPayとのキャンペーンで還元ポイントがあがるYahoo!プレミアム会員。

毎月462円(税込み508円)分が、『+5%還元』であれば、『1万160円』が損益分岐点。

『+10%還元』であれば『5,080円』が損益分岐点となる。

常に、Zホールディングスとしては、2,000万人以上のIDをキープしている。会員IDを持続するために別段コストが発生しないので、寝ているライオンを起こすようなことを決してしてはいけない。

2,000万IDを維持できれば、単純計算で月額508円で毎月101億6000万円。年間では1,219.2億円のポテンシャルを持っているのだ。

…とはいえ、ソフトバンク回線やYモバイル回線のユーザー分や無料キャンペーンの按分があるので利益ははるかに低いが、コストの高い利益率を誇っている金の卵の事業である。

常にプレミアム会員を認識している人にはオトク感を打ち出し、認識していない人には気づかせないことが必要だ。

そう、寝ているライオンは起こすなだ!

会員IDを持続するコストが発生しないということはいつでも、大胆なキャンペーンが打ち出せる。

半年間無料というようなキャンペーンだ。

この記事は有料です。
KNN総研リポートのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

KNN総研リポートのバックナンバー2020年2月サンプル記事

神田敏晶

価格

1,999(記事6本)

2020年2月号の有料記事一覧

すべて見る

ニュース時事をフックに新ビジネスを考えるニュースマガジンです!独自のコンサル手法リサーチで新たなビジネスアイデアを提案します!

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1961年神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。