#Hassyon への注意喚起記事はDMCA悪用されサイトが潰される

Hassyonから届いたホツれたワンピース 出典:奥さん

KNNポール神田です。

ネット上での詐欺サイト、いや詐欺まがいサイトが、いまだに横行している。

さらに、ますます巧妙化しているからとても注意が必要だ。

Yahoo!知恵袋の評価に騙されるな!

詐欺まがいサイトなのに…ネット上の評判は、そこそこ良い。Yahoo!知恵袋で評判を検索しても、大量の工作員によっての良い答えが表示となり評判が『偽装』されている。さらに、その詐欺サイト、いや詐欺まがいサイトの『広告』までが検索連動で多く表示されることとなる。そして今日もまたネットでだまされる被害者が続出する…。

いや、それだけではなかったのが今回記事を書く理由である。

ネット上で hassyon.com に対して悪い記事を書くとDMCAを悪用され潰されるからである。

DMCA悪用でGoogleはすぐにサイト遮断のアクションをとるのだ。

突然やってくるGoogleからの検索拒否のメール

Googleから検索削除のお知らせ 出典:Googleからのメール
Googleから検索削除のお知らせ 出典:Googleからのメール

DMCAという米国の著作権法の侵害で、Googleから突然の検索拒否メールが届き、手続きしないと検索させないというのだ。一瞬、意味がよくわからない…。著作権侵害に該当するページを見ると、筆者の詐欺サイトのコピーが著作権侵害しているからだという…。

奥さんが、ルンルンと笑顔で 「このワンピースどう思う?」と写真を見せてくれました…。 こういう時ってかならず、イヤー~っな予感が働くのです。 友達から勧められてこのワンピを買ったそうです。海外発送…。 どれどれと、メールアドレスからドメインを検索してみました…。 の部分と 「えー、なんでそんな検索するの…?」と不思議がります…。 あらら…。 ズラリ…と表示された悪評の検索結果…。 奥さんの顔が、曇りました…。半泣きになっています(泣)…。 詐欺といっても、モノはちゃんと送られてくるそうです。 しかし、掲載されているような商品ではないようです。

出典:通販サイトhassyon.com 購入する前に必ず!【サイト名&詐欺】検索と【電話番号クチコミサイト】で検索チェック

なんと、DMCAに著作権侵害と申請されていることがわかった…。

私の書いたブログの内容と全く一緒で困っています。 他人のブログをコピーして使用するのは良くないと思います。 私のブログは2011年に書いたものなのでコピーされているのが明確です。 削除をお願いします。

https://www.lumendatabase.org/notices/16278316

なんという、言いがかりだ…。盗人たけだけしい! もちろん、Googleに対して意義申し立てをしてもGoogleからは何の返答も得られなかった…。もしくは弁護士に相談する。なぜにこちらが費用を負担して弁護士に相談しなければならないのか? 通報され損でしかないのだ…。

これは、筆者だけの問題かと思っていたが、他にも同様に、注意喚起するサイトがDMCA申請の悪用でサイトつぶしを行っているようだ。これは、注意喚起のキャンペーンをおこなわないと正しい人が悪者にされるだけだ。

噂の『DMCA悪用』によってブログ記事が検索結果から削除された話

https://kurasheep.com/dmca-mycase/

気になって、DMCA申請のデータベースとなっている

https://www.lumendatabase.org/に『hassyon』を検索してみた。

筆者が申請された全く同じ手口で DMCA申請している。

○○までの部分が 私の書いているブログの内容と全く同じで困っています。 私のブログは、201x年に書いたもので、コピーして書かれたサイトは2018年のものなので、コピーして使用されているのが明確です。 お手数ですが削除をお願いいたします。

https://www.lumendatabase.org/notices/search?utf8=%E2%9C%93&term=hassyon&sort_by=

DMCA悪用を多数のアカウントの人海戦術を繰り返しているのが読み取れる…。

DMCA悪用の手口

つまり、都合の悪い記事を見つけたら、

STEP.1

適当にブログを作る

投稿日時が変更可能なブログサービスをチョイス!

STEP.2

コピペして記事作成 & 投稿日時を変更!

オリジナル記事よりも過去に日付を設定!

STEP.3

「こいつパクリです」とDMCA申請!

STEP.4

☆削除完了☆

出典:噂の『DMCA悪用』によってブログ記事が検索結果から削除された話

こんな単純な申請で、都合の悪い記事を検索できないようにしているのがDMCA悪用の現状である。

hassyonで買った奥さんのクリスマス用の顛末

きっかけは、昨年のクリスマス用に奥さんが友達から推薦されて通販で購入したワンピースからだった。

奥さんから、教えてもらった、「ドメイン名」に「詐欺」を追加して検索してみた…。

「○○○.com 詐欺」で検索!

検索結果のトップにはそのサイトの広告が表示されながらも、その後は、あれよあれよと酷評が続く…。

詐欺やら、返金できない、やら…。途端に、奥さんの顔がみるみるうちに曇っていきました…。49万件の悪評が続きます…。クリスマス前に、いい感じのワンピースが…の夢が…サイトにならんだ悪評で…。

【サイト名&詐欺検索】と【電話番号口コミサイト検索】は必須なのである。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kandatoshiaki/20171201-00078779/

…とここまでのヤフー個人の記事では、一切社名を出さずに警鐘をおこなったが、自分の記事ではもう少し踏み込んだ記事を書いた結果が、DMCA悪用された。

届いたのは、こんな商品

届いた商品はそでがほつれている… 出典:奥さんからの写真
届いた商品はそでがほつれている… 出典:奥さんからの写真

クリスマス用のワンピースはこんな袖のほつれた粗悪品だった。商品が届くので詐欺ではない。しかし、写真とはまったく違う。

こちらが掲載されいた商品

実際に掲載されていた商品 出典:Hassyon
実際に掲載されていた商品 出典:Hassyon

写真を送って苦情を申請すると…

たどたどしい日本語で「交換いたるまでの状況ではありません」 出典:Hassyonからの奥さんあてメール
たどたどしい日本語で「交換いたるまでの状況ではありません」 出典:Hassyonからの奥さんあてメール

で却下される。

食い下がる奥さんはようやく半金だけを取り返せました。しかし、半金です。時間も手間をかけて…。

やく3日間 で半金だけとりもどせた 出典:奥さん
やく3日間 で半金だけとりもどせた 出典:奥さん

その後、ウチの奥さんは、ネットで二度と買い物はしないとamazonもYahoo!でも楽天でも買い物をするのが怖くなってしまいました…。

これはネット業界全体が、都合の悪い記事をDMCA申請で、検索削除させる問題と、Hassyon.comの広告を未だに掲載していることにも問題があるはず。ネットで評判を調べたから事実とは言えない状態はネットを心から愛する一人として看過できない状況にあります。

このことは、ネット検索の情報だけに依存しないように注意喚起していきたいと思います。