【NHL】今季のスタンレーカップファイナルは「ニューヨークアイランダーズvsサンノゼシャークス」!?

サンノゼのFWケビン・レバンク(Courtesy:@SanJoseSharks)

 今月10日(現地時間)から始まったNHLのプレーオフは、東西両カンファレンスの上位8チームが、レギュラーシーズンの順位によるシード順に沿って、ベストオブ・セブン(7回戦制)方式のカンファレンス クォーターファイナル(CQF=1stラウンド)を繰り広げてきました。

▼王者・ワシントンが敗退!

 昨季のNHLで、チーム創設44季目にして、初めて王者の称号を手にした ワシントン キャピタルズ

 アメリカの首都を埋め尽くしたほど、熱いファンの期待に応えようと、2連覇を目指したワシントンでしたが、CQFでカロライナ ハリケーンズと対戦し、最終戦(=プレーオフは7回戦制。4勝先勝のシリーズを4つ戦いチャンピオンを決める)まで戦った末、2ndオーバータイムで競り負け敗退。

 昨季のコンスマイス トロフィー(プレーオフMVP)を手にしたキャプテンの アレックス・オベチキン(FW・33歳)は、試合終了の瞬間、キャピタルワン アリーナ(=ホームアリーナ)の天井を呆然と見上げていました。

連覇への道を断たれてしまったアレックス・オベチキン(Courtesy:@Capitals)
連覇への道を断たれてしまったアレックス・オベチキン(Courtesy:@Capitals)

▼史上初のディビジョンチャンピオン全滅

 ワシントンD.C.の試合をもって、CQFを勝ち上がった8チームの顔ぶれが出揃い、下記の顔合わせでカンファレンス セミファイナル(CSF)が、今夜から始まります。

 くしくも、CSFに勝ち上がった8チームの中には、所属するディビジョンで優勝したチームが一つもなく、カナダのメディアによると、51季前(1967-68シーズン)から、レギュラーシーズンにディビジョン制が導入されて以来、「初めてディビジョン優勝チームがCSFに勝ち上がれない」結果となりました。

▼大本命のタンパベイがスウィープ負け

 筆者の当サイトでも紹介しましたが、プレーオフの開幕直前に、NHLの公式サイトのライターなどが、優勝予想を行いました。(予想は下記ツイートをクリックした記事で、ご覧いただけます)

 ところが優勝候補大本命!と目されたタンパベイ ライトニングは、CQFでスウィープ負け(4連敗)を喫して早々に敗退。

 さらに、タンパベイと同様に前評判の高かったワシントン、ナッシュビル プレデターズカルガリー フレイムスというレギュラーシーズンで、所属するディビジョンのチャンピオンに輝いたチームが、史上初めて(ディビジョン制導入後)全てCQFを勝ち上がることができず力尽きました。

▼イースタンのチャンピオンは「ニューヨーク アイランダーズ」!?

 CQF終了後、再びNHLの公式サイトのライターなど15人が、優勝予想を行いました

 すると、イースタンは15人中、実に「14人」が、「ニューヨーク アイランダーズ」だと予想。

 

 アイランダーズは、昨季優勝したワシントンのバリー・トロツをHCに招いたのが功を奏し、ディフェンス面が大幅に改善。

【参照記事】

「初優勝へ導いたのに年俸交渉決裂!ワシントンを去った指揮官はニューヨークで連覇を狙う!!」

 リーグ最少失点のディフェンス力を武器に、シドニー・クロスビー(FW・31歳)ら屈指のタレントが揃うピッツバーグ ペンギンズを相手に4連勝! 

 しかも、4試合でわずか「6失点」と、ピッツバーグのオフェンスを完璧に封じてCSFに勝ち上がりました。

▼ウエスタンのチャンピオンは「サンノゼ シャークス」!?

 一方、ウエスタンで高評価を得ているのが、「サンノゼ シャークス」

 こちらも「12人」から優勝に推す声を受け、初優勝への期待が高まっているようです。

 投票をしたNHLの公式サイトのライターなどの評価につながったのが、CQFの最終戦で見せつけた、畳み掛ける攻撃!

 

 3点のリードを許し第3ピリオド(=最終ピリオド)の中盤を迎えながら、4連続ゴールで逆転。

 その後、一度は同点に追いつかれながら、オーバータイムに入って劇的なサヨナラゴールを決めて勝利と、まさしく今一番波に乗っているチームです!!

 果たして、この両チームが好調さを保ち続けて、スタンレーカップを争うファイナルまで勝ち進むのか!?

 CSFは今夜、ボストンとセントルイスで幕を開けます。