あなたの住む地域は、大雨の際、何に注意が必要な地域ですか?

きょう、長崎県に大雨特別警報が発表されました。

静岡県はしばらくはこれほどの大雨の予想はありませんが、大雨が予想される前に静岡県の皆さんにも確認してほしいことがあります。

それは、

自分の住んでいる地域がどのような危険があるのか

ということです。

土砂災害、浸水、洪水、どれに注意が必要なのかで見るべき情報や取るべき行動も変わってきます。

ハザードマップなどで住んでいる地域の危険性を把握することができます。

※ただし洪水に関しては、想定区域の指定は大きい河川が中心で、中小河川は指定が進んでいません。

想定区域に入っていなくても、川の近くに住んでいる方は洪水に注意が必要です。

土砂災害に注意が必要な地域の方へ

☆大雨の前に・雨が強まってきたら

土砂災害被害者の多くは、ハザードマップ上で危険度が高いとされているところで出ています。

土砂災害の危険度が低い場所に、早めに逃げておくということが大切です。

避難所ではなくても、家族の家や友人の家に身を寄せるのも立派な避難行動です。

☆見るべき情報

土砂災害の危険度分布を確認しましょう。

黄色、赤、紫という順に危険度が高いことを表します。

市町村レベルにまでアップにでき、自分の地域が入るのかどうかを確認できます。

画像

気象庁HPで確認することができます。

土砂災害危険度分布

☆危険度が高くなってしまったら

早めの避難が安心ですが、危険度が高くなって避難が難しい場合は、家の中でも、できるだけ斜面から離れて、高いところで過ごしましょう。

浸水に注意が必要な地域の方へ

☆大雨の前に・雨が強まってきたら

早めに逃げるということが大切です。

避難所ではなくても、家族の家や友人の家に身を寄せるのも立派な避難行動です。

アンダーパスなどにも近づかないようにしましょう。

☆見るべき情報

浸水害の危険度分布を確認しましょう。

黄色、赤、紫という順に危険度が高いことを表します。

市町村レベルまでアップにでき、自分の地域が入るのかどうかを確認できます。

下図は土砂災害危険度分布と同じ日、同じ時刻ですが、危険度が全く違います。

同じ雨でも土砂災害と浸水では危険度が違います。

画像

気象庁HPで確認することができます。

浸水害危険度分布

☆危険度が高くなってしまったら

重要なのは流れる水に近づかないということです。

浸水しても、家はよほどのことがない限り流されませんが、人間や車は簡単に流されます。

道路などが川のように流れている場合は、避難所に避難するよりも垂直避難が有効です。

家の中の、できるだけ高いところで過ごすようにしてください。

洪水に注意が必要な地域の方・川の近くに住んでいる方へ

☆大雨の前に・雨が強まってきたら

川からは離れたところで過ごしましょう。

また、川には近づかないようにしましょう。

☆見るべき情報

洪水の危険度分布を確認しましょう。

大きな川については、黄色、赤、黒と危険度が高くなります。

中小河川についても確認できます。黄色、赤、紫の順で危険度が高くなります。

川は流れていくため、上流の状況を見れば、今後、家の近くの川がどう変わるか推測することもできます。

画像

気象庁HPで確認することができます。

洪水危険度分布

☆危険度が高くなってしまったら

早めの避難が安心ですが、危険度が高くなって避難が難しい場合は、家の中でもできるだけ高いところで過ごしましょう。