喫煙の「感染症」リスク〜受動喫煙も危険

(写真:ロイター/アフロ)

 タバコを吸うとインフルエンザにかかりやすくなる。また、それ以外の全身の感染症にかかるリスクを高める。これはおそらく新型コロナウイルスに対しても同じと考えられ、手洗いや咳エチケット・マスクなどと同様、禁煙は感染症の予防に効果的だ。

若い喫煙者も危険

 タバコから吸い込む有害物質は、気道や呼吸器の組織構造を変え、粘膜バリアや細胞組織などを破壊し(※1)、肺などの臓器に備わっている免疫系の応答にも悪影響を及ぼす(※2)。タバコを吸うとインフルエンザや風邪、肺炎にかかりやすくなるが、これは年齢に関係なくタバコを吸う若い世代にとっても大きなリスクだ(※3)。

 例えば、米国の男子大学生に対する調査では、1日21本以上タバコを吸っている喫煙者がインフルエンザにかかるリスクは、タバコを吸わない人に比べて約21%高かった(※4)。また、米国の兵士を対象にした調査によれば、喫煙者が風邪にかかるリスクは、タバコを吸わない人に比べて1.46倍高かった(※5)。

 科学研究では同じ研究対象とテーマを用いた複数の論文を比較し、客観的な評価をするシステマティックレビューやメタ解析という手法がよく使われ、エビデンスの高い評価指標とされている。

 2019年8月に発表されたシステマティックレビュー(比較論文9件)によれば、タバコを吸う人はタバコを吸わない人に比べ、インフルエンザと思われる疾患(Influenza-like illness)の発症リスクが1.34倍(オッズ比)高く、はっきりインフルエンザにかかっていると病理検査で確認がとれた患者に対する比較論文のうち3件では5.69倍(オッズ比)となっていた(※6)。

 さらに、複数のシステマティックレビュー論文を比較するという手法もあるが、システマティックレビュー20件、メタ解析12件を比較評価した論文(※7)によれば、喫煙者はタバコを吸わない人と比べ、インフルエンザにかかって入院するリスクは1.5倍(オッズ比)、重症化してICU(集中治療室)に入るリスクは2.2倍(オッズ比)だった。

 さらに、タバコを吸う人は、インフルエンザに一度かかって作られる抗体の作用やインフルエンザ予防ワクチンの効果がすぐに弱くなるようだ。抗体の効力が減退するスピードが速くなり、再びインフルエンザにかかる危険性が高くなってしまう(※8)。

受動喫煙でもリスクが

 インフルエンザや風邪に限らず、喫煙者はヒトパピローマウイルス(HPV)やヒト免疫不全ウイルス(HIV)などのウイルスに感染しやすい(※9)。タバコが免疫系に悪影響を及ぼすことはよく知られているが、タバコ製品に含まれるニコチンの作用という研究も多い(※10)。

 これは、ニコチンがドーパミンなどのカテコールアミン(Catecholamine)や副腎皮質ホルモン(コルチコステロイド、Corticoasteroid)の分泌をうながし、免疫系の生体防御システムに影響を与えて感染に対する防御能力を抑制するからではないかと考えられている。だが、禁煙すればニコチンによる悪影響は数週間でなくなり、免疫系は正常に戻るという(※11)。

 タバコを吸うと歯周病にかかりやすくなることはよく知られている(※12)。これ以外にも、最近になって認知症や心血管疾患など胃がん以外の悪影響が知られるようになってきたヘリコバクターピロリ菌の感染リスクが喫煙者で高く(※13)、タバコを吸うとピロリ菌除去が難しくなるようだ(※14)。

 ほかにも喫煙と感染症リスクの関係を調べた研究は枚挙にいとまがないが(※15)、気になるのは、ウイルスにかかった後の二次感染としての肺炎球菌感染症だろう。

 いうまでもなく喫煙は、肺炎球菌による肺炎にかかるリスクを大きく高める。過去喫煙者も含め、喫煙者のいわゆる「市中肺炎(日常生活でかかる感染性の肺炎)」のリスクはタバコを吸わない人の約2倍だ(※16)。

 一方、感染症にかかりやすくなる高リスクは受動喫煙でも起きる。

 母親が喫煙者の受動喫煙にさらされた子どもを調べた研究によれば、敗血症や細菌性髄膜炎などの病気を引き起こす髄膜炎菌に感染するリスクが受動喫煙で3.8倍(オッズ比)と最も高かった(※17)。また、子どもの受動喫煙と結核の感染の関係を調べた研究によれば、高収入の家庭ほど結核にかかるリスクが低くなり、年齢が上がれば上がるほど結核の感染リスクが高くなることがわかったという(※18)。

 そもそもタバコを吸う行為は、タバコを口にくわえることを日常で何回も繰り返すことで細菌感染のリスクを高めている。また喫煙者の多くは、喫煙所や喫煙室に定期的に集まって濃厚接触を繰り返す。これらは感染症の予防を考えれば、かなり危険な行動だ。

 タバコに含まれるニコチンは、感染症にかかるリスクを高める原因の一つだ。アイコスなどの加熱式タバコには、紙巻きタバコと同様にニコチンが入っている。新型コロナウイルスを含む感染症にかかりにくくし、重症化を予防するためにも、喫煙者は禁煙にチャレンジしたほうがいいし、少なくともタバコを吸う際に受動喫煙の害をまき散らさないようお願いしたい。

※1:J A. Dye, K B. Adler, "Effects of cigarette smoke on epithelial cells of the respiratory tract." Thorax, Vol.49(8), 825-834,1994

※2:Yan Feng, et al., "Exposure to Cigarette Smoke Inhibits the Pulmonary T-Cell Response to Influenza Virus and Mycobactrerium tuberculosis." Infection and Immunity, doi:10.1128/IAI.00709-10, 2011

※3-1:Jeremy D. Kark, et al., "Cigarette Smoking as a Risk Factor for Epidemic A(H1N1) Influenza in Young Men." The New England Journal of Medicine, Vol.307, No.17, 1982

※3-2:J Pekka Nuoriti, et al., "Cigarette Smoking and Invasive Pneumococcal Disease." The New England Journal of Medicine, Vol.342, No.10, 2000

※4:J F. Finklea, et al., "Cigarette Smoking and Epidemic Influenza." American Journal of Epidemiology, Vol.90 Issue5, 390-399, 1969

※5:Gregory H. Blake, et al., "Cigarette Smoking and Upper Respiratory Infection among Recruits in Basic Combat Training." Annals of Internal Medicine, Vol.109(3), 198-202, 1988

※6:H Lawrence, et al., "Cigarette smoking and the occurrence of influenza- Systematic review." The Journal of Infection, doi.org/10.1016/j.jinf.2019.08.014, 2019

※7:Lefei Han, et al., "Smoking and Influenza-associated Morbidity and Mortality." Epidemiology, Vol.30, Issue3, 405-417, 2019

※8:J F. Finklea, et al., "Cigarette Smoking and Hemagglutination Inhibition Response to Influenza after Natural Disease and Immunization." ATS Journal, Vol.104, No.3, 1971

※9-1:Vesa Kataja, et al., "Risk Factors Associated with Cervical Human Papillomavirus Infections: A Case-Control Study." American Journal of Epidemiology, Vol.138, Issue9, 735-745, 1993

※9-2:R A. Royce, et al., "HIV infection, cigarette smoking and CD4+ T-lymphocyte counts: preliminary results from the San Francisco Men's Health Study." AIDS, Vol.4(4), 327-333, 1990

※10-1:Yanli Ouyang, et al., "Suppression of human IL-1β, IL-2, IFN-γ, and TNF-α production by cigarette smoke extracts." The Journal of Allergy and Clinical Immunology, Vol.106, Issue2, 280-287, 2000

※10-2:C Macaubas, et al., "Association between antenatal cytokine production and the development of atopy and asthma at age 6 years." The LANCET, Vol.362, Issue9397, 1192-1197, 2003

※10-3:H Mehta, et al., "Cigarette smoking and innate immunity." Inflammation Research, Vol.57, Issue11, 497-503, 2008

※10-4:Jonathan Grigg, et al., "Cigarette smoke and platelet-activating factor receptor dependent adhesion of Streptococcus pneumoniae to lower airway cells." BMJ Thorax, Vol.67, Issue10, 2012

※10-5:Yan Feng, et al., "Exposure to Cigarette Smoke Inhibits the Pulmonary T-Cell Response to Influenza Virus and Mycobacterium tuberculosis." Infection and Immunity, Vol.79, No.1, 229-237, 2011

※10-6:Mahyar Nouri-Shirazi, et al., "Evidence for the immunosuppressive role of nicotine on human dendritic cell functions." Immunology, Vol.109, 365-373, 2003

※11:Lawrence G. Miller, et al., "Reversible Alterations in Immunoregulatory T Cell in Smoking: Analysis By Monoclonal Antibodies and Flow Cytometry." CHEST, Vol.82, Issue5, 526-529, 1982

※12:Richard M. Palmer, et al., "Mechanisms of action of environmental factors- tobacco smoking." Journal of Clinical Periocontology, Vol.32, Issue e6, 180-195, 2005

※13:Victor M. Cardenas, David Y. Graham, "Smoking and Helicobacter Pylori Infection in a Sample of U.S. Adults." Epidemiology, Vol.16,No.4, 2005

※14:Takeshi Suzuki, et al., "Smoking Increases the Treatment Failure for Helicobacter pylori Eradication." The American Journal of Medicine, Vol.119, Issue3, 217-224, 2006

※15-1:Lidia Arcade, et al., "Cigarette Smoking and Infection." JAMA, Vol.164(20), 2216-2216, 2004

※15-2:Juhi Bagaitkar, et al., "Tobacco use increases susceptibility to bacterial infection." Tobacco Induced Diseases, doi.org/10.1186/1617-9625-4-12, 2008

※16:Jordi Almirall, et al., "Proportion of Community-Acquired Pneumonia Cases Attributable to Tobacco Smoking." CHEST, Vol.116, Issue2, 375-379, 1999

※17:Marc Fischer, et al., "Tobacco smoke as a risk factor for meningococcal disease." The Pediatric Infectious Disease Journal, Vol.16, Issue10, 979-983, 1997

※18:Saran Sridhar, et al., "Increased Risk of Mycobacterium tuberculosis Infection in Household Child Contacts Exposed to Passive Tobacco Smoke." The Pediatric Infectious Disease Journal, Vol.33, Issue12, 1303-1306, 2014