本日からオンラインで期間限定公開、トークも 食品ロスのドキュメンタリー映画『もったいないキッチン』

映画『もったいないキッチン』のワンシーン(c)Macky Kawana

ヨーロッパ5カ国で撮影された食品ロスのドキュメンタリー映画『0円キッチン』。その監督、ダーヴィド・グロス氏が、今度は日本で撮影に臨んだ。それが、2020年8月に公開予定の映画『もったいないキッチン』だ。

2020年8月に、東京都のシネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか、全国順次公開予定となっている。この映画が、急遽、本日5月25日から5月31日(24時)までの一週間、オンラインで期間限定公開されることになった。

オーストリア出身のダーヴィド監督は、禅の食事と精神について説いた、道元の『典座教訓』を読み、大きな影響を受けたと語っている。日本発祥の言葉「もったいない」という考え方に共感し、日本全国各地を旅して、食品ロスという社会的課題をどうやって解決できるか、その糸口を探すドキュメンタリー映画が『もったいないキッチン』だ。

映画『もったいないキッチン』のワンシーン (c)UNITED PEOPLE
映画『もったいないキッチン』のワンシーン (c)UNITED PEOPLE

筆者もこの撮影に立ち会った。特に冒頭で登場する、株式会社日本フードエコロジーセンターで、食べられる食料が大量に処分されるシーンは多くの人に見てほしい。

日本フードエコロジーセンターでの撮影シーン(関係者撮影)
日本フードエコロジーセンターでの撮影シーン(関係者撮影)

映画全体を通して、数多くの事例が盛り込まれている。

皆、違う取り組みをしているのだが、発するメッセージに共通点がある。それは何なのか?

映画に登場する食事 (c)Macky Kawana
映画に登場する食事 (c)Macky Kawana

映画では、コンビニエンスストアも登場する。コンビニで、販売期限が切れてしまった食品を出してきてもらうシーンも一見の価値がある。

2019年12月に開催された試写会の会場では、このシーンで観衆が沸いた。

2019年12月に開催された試写会で、出演者のニキさん(左)と筆者(関係者撮影)
2019年12月に開催された試写会で、出演者のニキさん(左)と筆者(関係者撮影)

この映画を観ていただくことで、食品ロス問題が「自分ごと」になるきっかけになればと願っている。

映画概要

オンライン視聴の詳細は映画『もったいないキッチン』公式サイトを参照

本日5月25日(月)21時から21時30分まで、緊急オンライン先行公開記念トーク (Zoom ウェビナー)が100名対象で開催され、監督のダーヴィド氏がオーストリアから参加。日本からは、映画出演者のニキさん、プロデューサーの関根健次さんが登場とのこと。→事前登録サイト

監督・脚本:ダーヴィド・グロス

出演:ダーヴィド・グロス、塚本ニキ、井出留美 他

プロデューサー:関根健次

2020年/日本/日本語・英語・ドイツ語/95分/カラー/16:9

制作・配給:ユナイテッドピープル

配給協力・宣伝:クレストインターナショナル

提供:クックパッド株式会社

映画『もったいないキッチン』(c)UNITED PEOPLE
映画『もったいないキッチン』(c)UNITED PEOPLE

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。3.11食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。食品ロス削減推進法成立に協力した。Champions12.3メンバー。著書に『食料危機』『あるものでまかなう生活』『賞味期限のウソ』『捨てられる食べものたち』他。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018/第一回食品ロス削減推進大賞消費者庁長官賞受賞。

有料ニュースの定期購読

メディアが報じない世界の食品ロス情報 SDGs世界最新レポートサンプル記事
月額220円(初月無料)
月1回程度
食品ロス対策や省資源化について、日本の報道は「食料が余る前提」の表面的な内容に偏っています。SDGs世界ランキング上位を占める北欧や欧州はどのような取り組みを行っているのか。食品ロス問題を全国的に広め数々の賞を受賞した筆者が、国際組織から入手する情報を含め、日本メディアが報じない「ここでしか知ることのできない食品ロス問題最新動向」を提供します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。