渡部香生子「リスタート」

100m平泳ぎ決勝を泳ぐ渡部香生子(早稲田大学/JSS立石)(写真:田村翔/アフロスポーツ)

戦いを終えて

ロンドン、リオデジャネイロ五輪日本代表の渡部香生子が、日本選手権での戦いを終えた。3種目に出場し、前回、2つのメダルを獲得した世界水泳への出場は絶たれた。今大会、渡部にとっての最終レース後、インタビューエリアに現れた彼女は、話ながら涙を流した。しかしその表情は、絶望的なものではなく、ホッとしたような穏やかな顔だった。「スッキリしたレースだったと思えるレースができました」としっかりと前を向いていた。

突然のアクシデント

リオデジャネイロ五輪が終わってから、練習環境を変え、新たな気持ちでスタートした矢先、アクシデントが起きた。昨年末、陸上トレーニング中に、右足首を捻挫。全治1カ月と診断された。「とにかく怪我から明けてから残された時間が2ヶ月弱で。自分に出来ることをやろうと思った」前向きにトレーニングを積んできた。しかしスイマーにとって冬場の泳ぎ込みは、1年間をとおして最も重要な時間といえる。冬場の泳ぎ込みの出来によって、翌年の結果が予想できるといっても過言ではない。

渡部本人も、現状を冷静に分析している。苦しいレースの中で「悔しくないと言ったらうそになりますが、悔しいというか、冬場の状態とかみたら、この試合でここまでできたのは満足。怪我をしてもここまでできた」とプラスの収穫もあった。同時に、「世界水泳に出たい反面、代表じゃない年を経験してもいいと思っていた」と複雑な胸の内を明かした。

立ち止まる時間

高校1年生で五輪を経験してから、日本代表として戦い続けてきた渡部も大学3年生となった。常に日本のトップとして走り続けてきた彼女。常に記録や結果が求められるシビアな世界。一度、立ち止まる時間があってもいい。

私も現役時代、1年間休養した経験がある。「今年は世界で戦わなくてもいいんだ」とホッとしたのを覚えている。休養にあてた一年間は、ゆっくり自分自身と向き合い、今、何ができて何ができないのか。とことん向き合うことができた。そして練習も落ち着いてじっくりと積み上げることができ、もう一度、日本のトップへ返り咲くことができた。

再びトップを目指して

渡部は今回、世界水泳に出場することはできなかったが、大学生を中心とした国際大会「ユニバーシアード」に出場できる可能性は残されている。「世界水泳に行きたかった気持ちもありますが、ユニバがあるので、世界水泳の代表選手よりも速く泳ぐのが目標」と結んだ。

「泳ぐことは好きなので。好きなことなので、楽しみながら戦いたいと思います」

苦しい時間の中でも、挑戦をあきらめないことで、再び、泳ぐ楽しさ、レースの楽しさ、チャレンジすることの喜びを知った彼女は、世界の大舞台に必ず帰ってくるだろう。彼女のリスタートの瞬間に立ち会えたことを幸せに思う。

たくさん泣いて。たくさん笑って。彼女は、その度に強くなってきた。

「練習も毎日頑張れば、またトップに戻ってこられると信じています」

大丈夫。香生子には、できる。