ドラフト直前!“ラストオーディション”でのBCリーグ投手陣―「ラプソード」の計測と捕手の寸評

試合前の円陣で気合を入れる

■“ラストオーディション”での投手陣

試合前の選手たち
試合前の選手たち

 今年のNPBドラフト会議は10月17日だ。その日を心待ちにしているのは高校生も大学生も社会人も、そして独立リーガーも同じだ。

 日本の独立リーグの一つであるBCリーグでは、ひとりでも多くの選手が指名されるよう、シーズン終了後にNPBとの選抜試合を行っている。

 これはBC全11球団の中から選抜した選手で1チームを結成し、NPBのファームや3軍と対戦するものだ。スカウトにとってもお目当ての選手の力量を再確認できるし、見落としを防ぐこともできる。

試合前の選手たち
試合前の選手たち

 福井ミラクルエレファンツ田中雅彦監督が常々口にする「グラウンドはオーディションの場」という言葉を借りて、筆者はこの選抜試合を「ラストオーディション」と名づけてきた。

(詳細⇒ラストオーディション2018ラストオーディション2018投手陣ラストオーディション2019ラストオーディション2019総括

 今年もその“ラストオーディション”が、大勢のスカウトが見ている前で4試合実施された。

 その中から9月25日に行われたオリックス・バファローズのファームとの一戦で登板した6投手をピックアップする。

■「ラプソード」で計測

「ラプソード」を設置する片田敬太郎コーチ
「ラプソード」を設置する片田敬太郎コーチ

 この日、石川ミリオンスターズ片田敬太郎フィジカル&コンディショニングコーチに「ラプソード」を持参してもらった。

 石川球団が所有している「ラプソード」とはトラッキングデータの取得機器で、球速のほか、ボールの回転数や回転軸、変化量などの幅広いデータが取得可能である。

試合前の円陣
試合前の円陣

 近年その名が普及してきた「トラックマン」の“持ち運びができるコンパクト版”といえばわかりやすいかもしれない。

 ただ設置場所の関係上、試合中の計測は困難であるため、あくまでブルペンでの計測である。よって、試合での数値はこれを上回っているであろうと思われる。

(例:NPB投手のストレートの平均回転数は2200回転)

喜多亮太捕手と坂本竜三郎捕手
喜多亮太捕手と坂本竜三郎捕手

 投手陣のブルペンでの投球時に計測した数値(球速、回転数、回転軸)に、投球を受けた喜多亮太捕手(石川)と坂本竜三郎捕手(福井)の寸評を交えて、BCリーグのドラフト候補投手を紹介しよう。

長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)
長谷川凌汰(新潟アルビレックスBC)

長谷川凌汰新潟アルビレックスBC)右

ストレート  …《球速》142《回転数》2192《回転軸》0:58

スライダー  …《球速》120《回転数》1875《回転軸》8:52

フォーク   …《球速》   《回転数》1022《回転軸》1:26

【喜多 評】

やっぱり、ほかのピッチャーと比べてひと味違う。まっすぐが速くて重たかった。

「まじであるんや、まっすぐが重いって」と、はじめて感じた。重くてキャッチャーミットにドシッとくる感じ。

フォークもよかった。一番、三振が取れる球。

フォークがしっかり投げきれるのは、去年セガサミーで受けていた森脇亮介投手(現 埼玉西武ライオンズ)と似ている。

前川哲(新潟アルビレックスBC)
前川哲(新潟アルビレックスBC)

前川哲新潟アルビレックスBC)右

ストレート  …《球速》140《回転数》2182《回転軸》2:52

スライダー  …《球速》116《回転数》2295《回転軸》8:30

【喜多 評】

スピードガン表示はケタ違い。サイドで154キロとか出してきたから。

まっすぐの速さで言ったら、NPBでもなかなかいないんじゃないかな。サイドスローでのまっすぐの速さは一級品。

球が動くし、僕も指を突きまくった(笑)。

ジャイアンツもオリックスも嫌がっていた。キャッチャーの僕が怖いんやから、そりゃバッターも怖いと思う。

宮野結希(信濃グランセローズ)
宮野結希(信濃グランセローズ)

宮野結希信濃グランセローズ)右

ストレート  …《球速》137《回転数》2299《回転軸》0:24

カーブ    …《球速》113《回転数》2137《回転軸》6:20

チェンジアップ…《球速》120《回転数》1340《回転軸》1:06

【喜多 評】(受けたのはブルペンのみ)

ブルペンで、めちゃくちゃいいピッチャーになると思った。

カーブがおもしろい。上から振ってくるような、ね。

まっすぐはまだそこまでじゃないけど、140キロいかなくても差し込める。あのカーブがあるから、まっすぐも生きる。チェンジアップもあるし、うまいこと遅い球で緩急を使えば、まっすぐも速く感じる。勝さん武田監督)みたいな感じかな。

まだ完成してないし、伸びしろは一番あると思った。この子、すごくいいと思う。

有馬昌宏(富山GRNサンダーバーズ)
有馬昌宏(富山GRNサンダーバーズ)

有馬昌宏富山GRNサンダーバーズ)左

ストレート  …《球速》135《回転数》2103《回転軸》11:44

スライダー  …《球速》114《回転数》2185《回転軸》4:04

チェンジアップ…《球速》118《回転数》1321《回転軸》11:10

【喜多 評】(受けたのはブルペンのみ)

変化球もしっかり投げられるし、なにより闘志系、気合い系のピッチャー。気持ちで投げるタイプ。僕はあのスタイル、大好き。

打たれてもいいからと、しっかり腕振って投げる。あれだけ腕振って投げたら、打たれても納得いくし、あれだけ気合い入ってたら、文句も言えない。

腕が振れるのは一番の強み。まっすぐも速いし、カーブでうまく緩急をつけられれば。

選抜試合では結果が出なかったけど、切り替えもしっかりできて取り組める投手やと思う。

矢鋪翼(石川ミリオンスターズ)
矢鋪翼(石川ミリオンスターズ)

矢鋪翼石川ミリオンスターズ)右

ストレート  …《球速》138《回転数》2457《回転軸》1:22

スライダー  …《球速》118《回転数》2927《回転軸》7:50

フォーク   …《球速》130《回転数》1586《回転軸》1:40

【喜多 評】

まっすぐとスライダーのピッチャーやけど、回転数の多さが特徴。

とくにスライダー!2段階曲がる。一回曲がって、ベースの手前でもう一回曲がる。わかっていても打てない。

あんなスライダー、見たことない。最初に受けたときは、本当にビックリした。

松岡洸希(埼玉武蔵ヒートベアーズ)
松岡洸希(埼玉武蔵ヒートベアーズ)

松岡洸希埼玉武蔵ヒートベアーズ)右

ストレート  …《球速》140《回転数》2243《回転軸》1:46

スライダー  …《球速》120《回転数》2277《回転軸》7:12

チェンジアップ…《球速》123《回転数》 816《回転軸》1:12

【坂本 評】

まだしっかりとした制球力はないけど、球質自体は選抜メンバーの中でも群を抜いていた。

回転数だったりがあるのかな、手元でホップする感じ。

すごく落ち着いていて、林昌勇イム・チャンヨン)に似てました(笑)。

同級生に見えなかった、マウンドにいるときは。(そういう坂本選手も落ち着いているが…)

ジャイアンツのときとオリックスのときと、立ち振る舞いは一緒だったけど、オリックスのときは調子はよくなかったんじゃないかな。でも悪いなりに低めに投げてゴロを打たせていた。

そこが、アイツのすごいところですよね。

実戦での結果はさまざまだったが、それぞれが持ち味を発揮できた選抜試合だった。

最終的な“答え合わせ”は10月17日、NPBドラフト会議の場だ。

彼らの夢が叶うことを祈りたい。

(撮影はすべて筆者)