平等の国ノルウェーでも、いまだに生きづらい 誰を好きになるかは自由。オスロの街が色鮮やかに染まる

性の多様性を支持表明。カラフルな衣服で飾られたオスロ市の通り

ノルウェーの首都オスロで、6月22日~7月1日、性の多様性を祝福するオスロ・プライドが開催された。

30日のパレードには、政府から大臣らも参加し、4万人以上が行進に参加。パレードを見ようと集まった人は、20万人に及ぶと現地メディアは報道している。

筆者は今年は別の取材でパレードの撮影をすることができなかったが、それまでに催されていたイベントを訪れた。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

プライドイベントは、時期をずらしてノルウェー各地で開催。オスロが最大規模となる。

ノルウェー中道左派「労働党」のスタンド Photo:Asaki Abumi
ノルウェー中道左派「労働党」のスタンド Photo:Asaki Abumi

オスロ中央駅からすぐのヨウングス広場では、「プライド・ハウス」という名前の大きなテントが設置されていた。

専門家が集まり、トークショーや議論が行われる。その内容は幅広く、LGBTI、性、差別や偏見など、様々なテーマが取り扱われる。

今年のテーマは「家族」。LGBTIとして生きる人と家族との関わり方も、深く掘り下げられた。

テント内では性の多様性を支持するアートも展示 Photo: Asaki Abumi
テント内では性の多様性を支持するアートも展示 Photo: Asaki Abumi

プライド・ハウスでは、大学の講義を思い出させるようなレベルで、話し合いが行われる。

北欧での男女平等政策に興味がある人は、イベントに参加するだけで、かなりの量の情報を吸収することができるだろう。

まだまだ話しにくいとされるテーマ

「なぜ、あなたのセクシュアリティは、プライベートな問題だけでは済まないのか」。

自分や周囲の思い込みや偏見・企業広告・メディア報道・ポルノ産業・宗教・学校教育などが、どのように私たちの考えに影響を与えるのか。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

講師を務めたセックス・ポジティビストであるシェスティ・ヘルゲさん。

「私たちは平等の国といわれるノルウェーに住んでいる。発言することで、刑務所に入れられるリスクもない。その私たちが、もしこのテーマについて話すことができないのなら、いったい誰にできるというのでしょう?」。

性について普段意見を言わない周囲の人と、話をしてみる。それがきっかけで、小さな変化が起きるかもしれない。一人では何も変えられないかもしれないが、みんなでならできる、と呼びかけていた。

プライドイベントの幕を開けた首相(中央女性) Photo: Asaki Abumi
プライドイベントの幕を開けた首相(中央女性) Photo: Asaki Abumi

「憎しみ、差別、偏見から解き放たれる自由。私たちには、まだ乗り越えなければいけない課題がある」と、オープニングセレモニーを開けたのは、アーナ・ソールバルグ首相(保守党)。

首相は、「プライド・パーク」と呼ばれる会場を自ら周り、ボタンティアで働くスタッフに声をかけていた。

「ヘーイ!アーナ!ハッピー・プライド!」と声をかける市民も。ノルウェーでは、市民は、首相のことは呼び捨てで声をかける。

一緒に記念撮影をしようと、人々が首相の周りに集まる Photo: Asaki Abumi
一緒に記念撮影をしようと、人々が首相の周りに集まる Photo: Asaki Abumi

ノルウェー国営放送局NRKの番組司会者であるギスレ・アグレダール氏。自身も同性愛者であり、同性愛をテーマにした番組『Jaevla homo』を今年企画した。

アグレダール氏 Photo: Asaki Abumi
アグレダール氏 Photo: Asaki Abumi

「自分に初めて男性のパートナーができたとき、ほかの人の前で、堂々と彼を紹介できなかった」。

「なぜ、平等の国といわれるノルウェーに住んでいながら、恥の意識を感じてしまうのか。このモヤモヤとする気持ちは、なんなのか」。

同性愛者としての生きにくさをテーマにした番組は、意見が異なる人からの批判もあり、議論となった。

性的マイノリティに関する専門サイトがオープン

LGBTIの現状を調査し、数値化したものがまとまった公式HP「lhbtiqtall.no」が、イベント期間中にオープンした。

4人に1人が自分は異性愛者ではないと認識しているノルウェー。結果がケーキとなって会場で食された。ノルウェー人のどれほどがLGBTIかを、正式な数字にすることは難しいともされている Photo:Asaki Abumi
4人に1人が自分は異性愛者ではないと認識しているノルウェー。結果がケーキとなって会場で食された。ノルウェー人のどれほどがLGBTIかを、正式な数字にすることは難しいともされている Photo:Asaki Abumi

調査によると、

  • 性のあり方を変えた人に対して、ネガティブな印象をもっていると答えたのは、ノルウェーでは5人に1人
  • 6人に1人の男性が、同性愛者の男性とは距離を置きたがっている
  • 「同性愛者の男性のことを考えるだけで、ぞっとする」と考える男性は17%(2008年には28%)など

数年前と比較して改善されてはいるが、ノルウェーでも、いまだに偏見が残っていることが浮き彫りとなった。

子ども・平等大臣(保守党) Photo: Asaki Abumi
子ども・平等大臣(保守党) Photo: Asaki Abumi

「2018年にもなって、これは受け入れられない数字。未だに、このように考えている人が、こんなにもいることを、私は信じることができなかった」。

「私たちは、もっと知識を増やし、話し合わなければいけない。偏見を放置すれば、差別やヘイト犯罪につながる」。

リンダ・ホフスタ・ヘッレラン子ども・平等大臣は、偏見をなくさなければと、興奮して訴えた。

各国の代表が参加した、同性同士の舞踏会 Photo: Asaki Abumi
各国の代表が参加した、同性同士の舞踏会 Photo: Asaki Abumi
 女性と女性が躍る Photo: Asaki Abumi
女性と女性が躍る Photo: Asaki Abumi
ノルウェー労働組合のスタンド  Photo: Asaki Abumi
ノルウェー労働組合のスタンド Photo: Asaki Abumi
中道右派、与党「自由党」のスタンド  Photo: Asaki Abumi
中道右派、与党「自由党」のスタンド  Photo: Asaki Abumi
左派新聞クラッセカンペン  Photo: Asaki Abumi
左派新聞クラッセカンペン  Photo: Asaki Abumi
野党「左派社会党」。野菜を通行人に無料配布して話しかける Photo: Asaki Abumi
野党「左派社会党」。野菜を通行人に無料配布して話しかける Photo: Asaki Abumi
首相が率いる保守党のスタンド、各政党はどのようなLGBTI政策をもっているかをアピールする  Photo: Asaki Abumi
首相が率いる保守党のスタンド、各政党はどのようなLGBTI政策をもっているかをアピールする  Photo: Asaki Abumi
与党「進歩党」、ノルウェーの「右翼ポピュリスト政党」に位置するが、LGBTI政策に関しては、右派・左派で大きな違いはない  Photo: Asaki Abumi
与党「進歩党」、ノルウェーの「右翼ポピュリスト政党」に位置するが、LGBTI政策に関しては、右派・左派で大きな違いはない  Photo: Asaki Abumi
緑の環境党。どの党も、難しい政策の話をするだけではない。楽しんで会話ができるように、わかりやすいパンフレット、ゲーム、記念撮影などの工夫をこらす  Photo: Asaki Abumi
緑の環境党。どの党も、難しい政策の話をするだけではない。楽しんで会話ができるように、わかりやすいパンフレット、ゲーム、記念撮影などの工夫をこらす  Photo: Asaki Abumi
大学生らも参加、アートで楽しむ  Photo: Asaki Abumi
大学生らも参加、アートで楽しむ  Photo: Asaki Abumi
学校やバイト先などで、若者のLGBTIが抱える悩みがメモされたボード  Photo: Asaki Abumi
学校やバイト先などで、若者のLGBTIが抱える悩みがメモされたボード  Photo: Asaki Abumi

昨年のパレードの様子「ノルウェーのプライド・パレード、参加者は過去最高を記録」

Photo&Text: Asaki Abumi