ノルウェー「未来の図書館」4人目はトルコ人作家エリフ・シャファク

エリフ・シャファク氏 Photo: ZeynelAbidin 2013

100年後まで読むことができない、ノルウェーの「未来の図書館」プロジェクトにおける4年目の作家が発表された。

2014年より100年間続く「未来の図書館」計画は、100人の作家により100冊の本が100年後の世代にプレゼントされる大規模な未来企画だ。

エリフ・シャファク(Elif Shafak)氏は、トルコで最も読まれている女性作家のひとりとされている。

これまでに『The Bastard of Istanbul』、『The Forty Rules of Love 』、『Three Daughters of Eve』など15の作品を手掛け、47か国語に翻訳されている。女性、マイノリティ、LGBTの権利の権利のための活動に積極的で、書籍では偏見やカルチャーの分断などについて触れている。

各地のスピーカーによる動画講演TEDではスピーカーとして「フィクション小説の利害」について話した。

4人目の作家となったことに、シャファク氏は「未来に読まれるであろう作品を書くことは、まるで川に手紙を流すよう。それがどこにたどり着き、誰に読まれるかは分からないけれども、時間の流れを信じるのみ」とプレスリリースで語る。

これまでには、カナダ出身のマーガレット・アトウッド氏、イギリス出身のデイヴィッド・ミッチェル氏、アイスランド出身のショーン氏が作品を寄贈した。

シャファク氏は4冊目の本を2018年6月にオスロの森で寄贈予定。

Text: Asaki Abumi