Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

小池都知事が記者会見8月7日(全文2完)観光業者の事業継続に向け支援を検討

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE PAGE

 東京都の小池百合子知事は7日、都庁で定例記者会見を行った。 ※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「小池都知事「コロナ専用病院・病床の確保進めている」(2020年8月7日)」に対応しております。 【動画】小池都知事「コロナ専用病院・病床の確保進めている」      ◇     ◇

民間病院の利用に当たって財政支援は

日本テレビ:日本テレビです。先ほど知事のほうの発表でございました、新型コロナの専用病院の開設についてお伺いいたします。今回新たに2施設ということですが、この専用の病院を開設する狙いと、あと、1つは東海大学の東京病院ということで、これは民間になると思うんですが、一般的にコロナ専用病棟となりますと、やはり病院経営的に採算が取れないともいわれています。こういったところ、民間病院を利用することに当たって、都としての財政支援というのは考えてらっしゃるんでしょうか。 小池:まずコロナ専門病院でございますけれども、ご質問にありましたように2つございます。2つで、多摩地区と、そして区部の両方で進めていくということでございます。都立の府中療育センターがベースになります、府中のほうは。既存の病室に医療用のガスの設備などが、もうすでに施設内にあるということで、その分、進めやすいということと、それから空調設備、水回りなど、新たに加えるところもありますけれども、これら施設の建設をするに当たっては既存の病院を使うという点で、これは東海病院もそうですし、大学の病院もそうですし、府中のほうも同じように、ある施設をそちらに変えていくという点では、まずベースがあるということであります。  そしてこれに加えて都立・公社病院が、まず府中のほうは運営をしていくということでございますし、また、東海大学のほうとは合意をいたしておりまして、専用病院として活用するということで合意をいたしております。  そして開設の時期をいつにするのか。だいたい9月ということを先ほど申し上げたと思いますけれども、できるだけ早く。と同時に、病床をどのような利用方法にしていくのかということについては調整を続けております。いずれにしましても今回、専用病院としての運営をすることについて合意をいたしておりますので、都民の皆さんにとって安心できる施設にすべく、東海大学とも連携をしっかり取っていきたいと考えております。

【関連記事】