Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

智弁和歌山”紀州の剛腕”小林樹斗が149キロをマーク…7球団スカウト集結「ドラフト2巡目までに消える」

配信

THE PAGE

高校野球の和歌山県独自大会3回戦の好カード、智弁和歌山対市立和歌山が1日、紀三井寺運動公園野球場で行われ、智弁和歌山が7-4で逆転勝利した。プロ注目の小林樹斗投手(3年)が7球団10人のスカウトが見つめる中、リードした6回から登板。MAX149キロをマークし、4回5安打1失点に抑えチームの8強入りに貢献した。スカウトからは「馬なりでも安定感抜群」「ドラフト2巡目までに消える」と賞賛の声が上がった。

ヤクルト奥川恭伸と投げ合った本格右腕

 センバツ中止の悲しみを力に変えて“紀州の剛腕“は夏に大きくなった。  智弁和歌山のエースナンバーを背負う小林樹斗投手(3年)が”宿敵”市立和歌山を相手に成長した姿を見せつけた。9番・平田晃将内野手(3年)が逆転満塁弾を放った直後の6回、6ー3となった場面で”真打ち”登場とばかりにマウンドに立つと、残り4イニングと点差を計算してペース配分。打順や状況を頭に入れながら緩急をつけ、市立和歌山打線を手玉にとった。毎回安打を許しながらも4回5安打1失点。MAX149キロをマークし4三振を奪った。 「相手は県内で1、2を争ういいチームだったので、勝てて何よりです。きょうは向こうの2、3、4番とポイントになる打者を警戒しながら下位打線には6、7割の力で投げました。緩急もつけられたと思います」  初戦の南部戦では1回を投げ、打者3人にオール直球勝負。自己最速の150キロを叩き出し”剛”のイメージを与えていたが、この日は”柔”の一面ものぞかせた。  182センチ、85キロとバランスの取れた右の本格派。昨春のセンバツ準々決勝で明石商の来田涼斗外野手(3年)にサヨナラ弾を浴び、引き立て役になったが、それを糧に力をつけてきた。昨夏の甲子園では、のちにドラフト1位でヤクルト入りする星稜の奥川恭伸と投げ合いを演じ、2020年度ドラフト世代の目玉として注目を集めた。昨秋、一時は、制球難に陥り調子を落としたものの、無走者でもセットポジションから投げるように修正したことで安定感を取り戻した。

【関連記事】