お知らせ:
ニュース提供社を対象に検索しています。見出しと本文を対象にして再検索

スピーカー7カ所で作動せず 九州豪雨の避難情報、一部に届かず 防災無線、地域放送が故障

スピーカー7カ所で作動せず 九州豪雨の避難情報、一部に届かず 防災無線、地域放送が故障

甚大な被害が出た九州豪雨で、福岡県朝倉市の一部地域で住民に避難指示などを伝える防災行政無線や音声情報の「コミュニティ放送」が不具合を起こし、情報が伝わらなかった可能性があることが市の調査で分かった。

7月18日(火) 10時46分-社会(西日本新聞

「消えてしまいたい」男性の性犯罪被害を考える たらい回しにされたSOS

「消えてしまいたい」男性の性犯罪被害を考える たらい回しにされたSOS

改正刑法が13日に施行され、男性もやっと女性と同等に、性犯罪の被害者として法的に認められる。明治時代の制定以来、約110年ぶりの大幅改正。女性に限られてきた「強姦(ごうかん)罪」が「強制性交等罪」に…

7月17日(月) 9時30分-社会(西日本新聞

「給料の半分くらい使った」球史刻む100年前のバットに知られざる逸話 母校の野球部に寄贈 福岡県久留米市

「給料の半分くらい使った」球史刻む100年前のバットに知られざる逸話 母校の野球部に寄贈 福岡県久留米市

今年創部120年を迎えた福岡県久留米市の明善高野球部に、約100年前のバットが寄贈された。大正期のOBが社会人時代に使っていた米国製で、今なお焦げ茶色の光沢を放つ。一本のバットに刻まれた歴史をひもと…

7月17日(月) 6時20分-社会(西日本新聞

「恩返ししたい」ボランティア3000人、被災地の力に 九州豪雨 地元球児、地震被災者、外国人…

「恩返ししたい」ボランティア3000人、被災地の力に 九州豪雨 地元球児、地震被災者、外国人…

…大切な家なんです」。熊谷さんに笑顔が戻った。=2017/07/16付 西日本新聞朝刊=…

7月16日(日) 10時31分-社会(西日本新聞

『神宿る島』沖ノ島の遺産、観光客大挙 世界遺産、初の週末 交流館もオープン

『神宿る島』沖ノ島の遺産、観光客大挙 世界遺産、初の週末 交流館もオープン

…徒たちが校歌を高らかに歌って観光客を迎えた。=2017/07/16付 西日本新聞朝刊=…

7月16日(日) 10時25分-社会(西日本新聞

認知症予防「コグニサイズ」って? 体験してみた

認知症予防「コグニサイズ」って? 体験してみた

認知症の予防や、認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)の改善に効果があるとされる「コグニサイズ」。開発した国立長寿医療研究センター(愛知県)が認定する促進協力施設は九州でも広がり、地域で取り組む機会…

7月16日(日) 9時0分-科学(西日本新聞

全国で最多、佐賀に薬局なぜ多い? 県民も知らないルーツとは

全国で最多、佐賀に薬局なぜ多い? 県民も知らないルーツとは

…「製薬業は佐賀の三大産業の一つ」 「佐賀って薬局が多いね」。佐賀に遊びに来た知人の何げない一言が気になって調べてみると、厚生労働省の集計(2014年度末)で佐賀県は人口10万人当たりの調剤薬局数が63…

7月16日(日) 6時20分-社会(西日本新聞

「孫がいなくなるようで寂しか」最後の授業参観、住民50人見守る 全校児童2人転出 熊本県多良木町

「孫がいなくなるようで寂しか」最後の授業参観、住民50人見守る 全校児童2人転出 熊本県多良木町

全校児童2人の転出により8月1日から休校となる熊本県多良木町槻木(つきぎ)の槻木小で5日、最後の授業参観があった。住民約50人が自分の孫やひ孫を見守るように、児童の発表に拍手を送った。 児童は町の槻…

7月15日(土) 9時0分-社会(西日本新聞

「どうすればいいのか」予想外の法律に困惑 住宅街にアナグマ 駆除に厳しい現実

「どうすればいいのか」予想外の法律に困惑 住宅街にアナグマ 駆除に厳しい現実

福岡県飯塚市二瀬地区の民家で6月、有害鳥獣のアナグマが捕獲された。本来は山地や森林地帯に生息するアナグマが住宅街で見つかったことも驚きだが、駆除の現場に立ち会うと思いがけない問題点を知ることになった…

7月15日(土) 6時20分-社会(西日本新聞

暴力団加入隠し、生活保護224万円超を不正受給 組員を容疑で逮捕 福岡

福岡県警田川署は14日、生活保護費約224万円を不正に受給したとして、福岡県直方市、暴力団太州会傘下組織組員の男(38)を詐欺容疑で逮捕した。 逮捕容疑は、平成26年9月9日付で直方市から生活扶助費…

7月14日(金) 12時26分-社会(西日本新聞