これは何かの冗談ですか?日本人が知らない「大日本帝国の終戦構想」

これは何かの冗談ですか?日本人が知らない「大日本帝国の終戦構想」

…というものだった。 最も現実味があったのは(1)である。実際、開戦後はフィリピンからアメリカ、シンガポールからはイギリス、インドネシアからはオランダを…

1月7日(火) 11時1分-社会(現代ビジネス)

2020年、「データジャーナリズム元年」への期待と懸念

2020年、「データジャーナリズム元年」への期待と懸念

…て明らかにしています。( 18年には国際報道部門で、ロイターの記者らがフィリピンのドゥテルテ大統領による「麻薬戦争」の陰で、国家ぐるみの大規模な殺りく…

1月7日(火) 7時0分-IT総合(日経ビジネス)

井上尚弥を早くもけん制!? カシメロ陣営が“口撃”「いいファイトになる、しかし…」

井上尚弥を早くもけん制!? カシメロ陣営が“口撃”「いいファイトになる、しかし…」

…予定される次戦の有力候補に浮上しているWBO王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン)陣営は早くも再三に渡る挑発を繰り返しているが、新たにフィジカルトレー…

1月6日(月) 19時33分-格闘技(THE ANSWER)

ワイルダー×フューリーの再戦は“GGG-カネロ戦”超え確実 PPV売り上げは200万件超か

ワイルダー×フューリーの再戦は“GGG-カネロ戦”超え確実 PPV売り上げは200万件超か

…上げは2015年のフロイド・メイウェザー(米国)とマニー・パッキャオ(フィリピン)の一戦が460万件を記録したのが史上最高で、近年ではゲンナジー・ゴロ…

1月6日(月) 18時3分-格闘技(THE ANSWER)

井上尚弥、本場・米国で高まる評価 世界王者の気鋭トレーナーが「2019年MVP」選出

井上尚弥、本場・米国で高まる評価 世界王者の気鋭トレーナーが「2019年MVP」選出

…ヤフースポーツ」、米スポーツ専門局「ESPN」などは、ノニト・ドネア(フィリピン)とのWBSS決勝戦は年間最高試合に選出していた。 それだけではなく、…

1月6日(月) 12時33分-格闘技(THE ANSWER)

井岡一翔「いくしかないと覚悟を」エリートの弱点を克服した初防衛。

井岡一翔「いくしかないと覚悟を」エリートの弱点を克服した初防衛。

4階級制覇をかけた'18年大みそかは実力者ドニー・ニエテス(フィリピン)と激しいせめぎ合いを演じ、技巧とパワーを崩しきれずに涙を飲んだ。この…

1月6日(月) 12時16分-格闘技(Number Web)

この歴史・時代小説がすごい! 傑作ぞろいの2019年ベスト10を発表〈週刊朝日〉

この歴史・時代小説がすごい! 傑作ぞろいの2019年ベスト10を発表〈週刊朝日〉

…手に入れて改造し「戦姫丸」と名付けた。イスパニア生まれの若者らと琉球やフィリピン、ベトナムなどとの貿易をめざして南洋に向かう。しかし、明国の沿岸を本拠…

1月6日(月) 11時30分-ライフ総合(AERA dot.)

「マリファナ=悪」は本当?当たり前が覆るときに、自分の考えを持つための「真面目さ」【佐久間裕美子『真面目にマリファナの話をしよう』】

「マリファナ=悪」は本当?当たり前が覆るときに、自分の考えを持つための「真面目さ」【佐久間裕美子『真面目にマリファナの話をしよう』】

…ドラッグ」に厳しい傾向のあるアジア圏でも、韓国、タイでは既に認可され、フィリピン、マレーシアなどが大麻の医療使用を前向きに認めようとしている。(P19…

1月6日(月) 7時2分-経済総合(FINDERS)

井上尚弥がモンスターを超えた12R。危機が呼び起こした新たな異能。【2019年下半期 ボクシング部門1位】

井上尚弥がモンスターを超えた12R。危機が呼び起こした新たな異能。【2019年下半期 ボクシング部門1位】

…ールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)決勝。ノニト・ドネア(フィリピン)戦でも同じ返答だった。 大橋会長は安堵の表情とともに頷いた。 「ああ…

1月5日(日) 18時1分-格闘技(Number Web)

東南アジアの物流スタートアップ「ニンジャ・バン」の躍進

東南アジアの物流スタートアップ「ニンジャ・バン」の躍進

…してニンジャ・バンを中小企業向けに提供している。現在は、インドネシアとフィリピンでこのサービスを提供しており、年内にはベトナムでも展開する予定だ。現在…

1月5日(日) 13時0分-経済総合(Forbes JAPAN)