Yahoo!ニュース

オーストラリア最東端の知る人ぞ知る"小さな田舎町" 発のカフェで癒されてきました。

しょうこ癒し/美容 ライター

こんにちは^^

疲れたとき、のんびり癒される場所へ行くのが好き。" 癒しライター" のしょうこです。

今回、本格的なコーヒーを飲みながらのんび〜りできる癒しのカフェを見つけちゃったので、こっそりご紹介します。

オーストラリア最東端の町から来たカフェ

JR浜松町駅から徒歩2分、静かなエリアにあります
JR浜松町駅から徒歩2分、静かなエリアにあります

BYRONBAY COFFEE(バイロンベイコーヒー)
大門店

"知る人ぞ知る" 小さな田舎町。「バイロンベイ」

店名の「バイロンベイ」は小さなかわいい‍町
店名の「バイロンベイ」は小さなかわいい‍町

サーフィンで有名なゴールドコーストから車で約1時間。

オーストラリアの最東端に位置する小さな田舎町「BYRONBAY(バイロンベイ)」

観光名所は白い灯台。

ここから眺める海は絶景で、海岸の楽園と言われるほど。

いい波が来るので多くのサーファーが訪れますが、魅力はそれだけじゃありません。

見所らしい場所はこれといってないけれど、"一度訪れると必ず好きになる町"と言われ、サーファー・アーティスト・ヨギーニ・音楽家など様々なジャンルの人々が集い、また、多くの観光客を魅了する不思議な町。

田舎の素朴さもありながら、ショップ・カフェ・バーなどとても洗練されたお店が立ち並び、思わず住みたくなる魅力溢れる場所なんです。

そんなバイロンベイからやってきたカフェが東京に!

オーストラリアは実は「コーヒーの本場」です。

お店の入り口
お店の入り口

あまりコーヒーのイメージがない?オーストラリアですが、実はコーヒーの本場。

1980年後半にイタリアからの移住者が持ち込んだと言われるヨーロッパのコーヒー文化が独自に発展し、根付いています。

特徴はエスプレッソ文化。(ちなみにアメリカはドリップが主流)

現地の雰囲気を感じる店内♪

ここで注文するよ
ここで注文するよ

英語でメニューが書かれたフードケースや、オーストラリアビールの販売、壁にはビーチの映像も流れている店内。

都心であることをちょっと忘れてしまうような、"ここだけオーストラリア" な雰囲気が味わえました。

のんび〜り癒しの空間。

塩キャラメルラテ&チョコチップスコーン

まったり休日を過ごしました
まったり休日を過ごしました

注文した「塩キャラメルラテ」は、甘すぎないキャラメル味の中に、しっかりコーヒーの味も楽しめて思わずおかわりしたくなる味でした。

ミルクも効いてマイルドな味わいなのでコーヒーが苦手な人も飲みやすいかもしれません。

「木」のトレイやテーブルも、どこか海岸の雰囲気が
「木」のトレイやテーブルも、どこか海岸の雰囲気が

マフィンやバナナブレッドなど、フードもいろいろありました。

注文したスコーンはバターの香りが効いて、外がサクッと中がふんわり、とっても美味しかったです。

優しいスタッフさんが「温めますか?」と聞いてくださいました。

シロップはお好みで
シロップはお好みで

大満足のドリンク&フードを片手に、まったり過ごす休日、なんて最高なんだ〜!!

溜まった疲れが少しずつ癒えていく感覚...

そして、オーストラリアに行きたい!明日からまた頑張るぞ!とヤル気も湧き上がってきたのでした。

オーストラリアに癒される休日

自然を感じる店内
自然を感じる店内

そんなに広くはない店内ですが、カウンター席もあり一人でも入りやすい雰囲気

海外のお客様も多いようで、ちょっと海外旅行の雰囲気も味わえちゃうかも...?

お疲れの方、カフェ好きの方は、休日に癒されに行ってみてはいかがでしょうか?

この記事が「参考になったよ!」「面白かったよ!」って方はハート(いいね)ボタンを押していただけたら、嬉しいです^^

<バイロンベイコーヒー 大門店>
〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目23-9 セゾンビル 浜松町 1F
OPEN 7:30 ~ CLOSE 18:00(土日 8:00~18:00)

< 関連記事 / SNS >
SHOKO PAGE 〜私と地球とお財布に優しい暮らし〜 (外部リンク)

癒し/美容 ライター

WEBライター&キャンドル作家。〜わたしと地球にやさしい暮らし〜 をテーマに、ストレスのプロ?な「繊細筆者」が、癒し&美容&サスティナブルにまつわる情報を発信中。

しょうこの最近の記事