Instagramが保護者のためのガイド日本語版を本日発表

(写真:アフロ)

Instagramは、「保護者のためのInstagramガイド」の日本語版をまとめ、本日(2018年8月29日)から、ホームページにて閲覧・ダウンロードができるよう、公開しました。

ヘルプセンター保護者のためのヒント>保護者のためのInstagramガイドをダウンロード

からPDFがダウンロードできます。

Instagramのヘルプページに保護者のためのInstagramガイドの日本語版が掲載された。
Instagramのヘルプページに保護者のためのInstagramガイドの日本語版が掲載された。

これからは「やったことがないからわからない」では済まされない?

いまやコミュニケーションの1つとなったソーシャルメディア。中高生をはじめ若い世代で爆発的に利用者が増えています。オフライン(現実世界)でのコミュニケーションと並んで、オンラインのコミュニケーションも大事にする子どもたち。そして、それを「安全なの?怖くないの?」と思いながら、「やったことがないからわからない」と言い切ってしまう親御さんたち。しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

保護者のためのInstagramガイドの日本語版では、「本アカ」「サブアカ・裏アカ」といった日本での言葉を使いながら、なるべく身近な言葉でわかりやすく説明されています。

Instagramを使うお子さまを持つ親御さん世代、そして先生世代にはぜひ一度、目を通していただき、お子さんと話し合うきっかけにしてみてほしいと思います。

保護者のためのInstagramガイド
保護者のためのInstagramガイド

保護者のためのInstagramガイド日本語版ローンチ記念イベントも開催

また、日本語版ガイドの発表とあわせて、子どものInstagram利用について一緒に考える「保護者のためのInstagramガイド」日本語版ローンチ記念イベントが本日、Facebook Japan(港区六本木)にて行われました。

Instagramアジア太平洋地域 公共政策マネージャ ヘレナ・レルシュ氏 (撮影:五十嵐)
Instagramアジア太平洋地域 公共政策マネージャ ヘレナ・レルシュ氏 (撮影:五十嵐)

Instagramアジア太平洋地域 公共政策マネージャである、Helena Lersch (ヘレナ・レルシュ)は、このガイドに沿って機能を説明した後、「このようなガイドがあることを広めてほしい」と話していました。

Instagramのミッションは、「大好きな人や大切なことと、あなたを近づける」をコンセプトにしており、利用時間に関しても「Instagramを使う時間は利用者の皆様にとって意図的かつインスピレーションを与えるような前向きな体験であるべき」と指針を述べていました。

だらだら使うことのないように、利用時間をあらかじめ設定する機能も付け加えられています。今一度、利用時間や設定などをお子さまと話し合いながら、見直してみてはいかがでしょうか。