上皇陛下は9月3日(金)に歴代天皇として最長寿になられる。

確かな記録に基づく文武天皇(第42代)以降の歴代天皇の中で、これまでの最長寿は昭和天皇の32,031日(1901年4月29日~1989年1月7日)だった。

上皇陛下は昭和8年(1933年)12月23日のお生まれなので、令和3年(2021年)9月2日に32,031日となり、昭和天皇と並ばれる。そして9月3日に歴代最長寿となられる。

平成15年(2003年)1月18日の前立腺全摘出手術(69歳時)、平成24年(2012年)2月18日の心臓バイパス手術(78歳時)と2度の大きな外科手術をお受けになり、85歳で退位されたが、いまも精力的に魚類の研究などもなさっている。そして、今年12月23日には歴代天皇として初めて米寿(88歳)をお迎えになる。

現在は港区高輪の旧高松宮邸を仙洞仮御所として上皇后陛下と共にお住まいになっているが、ご結婚後33年間(1960年6月18日~1993年12月8日)お住まいになった元東宮御所(赤坂御用地内、現・赤坂御所)へのお引っ越しが予定されている。新型コロナウイルス感染症の影響で遅れてはいるが、来年には引っ越されるだろう。

お孫様のことはご心配だろうが、思い出の赤坂御用地で上皇后陛下と共に静かな日々をお暮しになることをお祈りしている。