京唄子さんの口は大きいか:イジメとイジリの違いを子どもに教えよう

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

大きな口を漫才のネタにしていた京唄子さん。体の特徴をネタにするのはよくあることですが、子ども達にはどう教えたら良いでしょうか。

■京唄子さん死去

女優の京唄子(きょう・うたこ)さんが亡くなりました。TBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」などでも活躍された方ですが、年配の人にとっては、夫婦漫才コンビ「唄子・啓助」の活躍が記憶に残っているでしょう。

■京唄子さんの「大きな口」

漫才でご活躍されて当時の定番のネタが、京唄子さんの「大きな口」です。相方の啓助さんが、京唄子さんの大きな口をからかったり、怒った京唄子さんが大きな口で空気を吸い込むと啓助さんが吸い込まれそうになったりするネタで、当時のテレビ視聴者は大笑いしていました。

■京唄子さんの口は大きい?

実は、漫才のネタになる以前は、京唄子さんは口が大きいと言われたこともないし、自覚したこともなかったそうです。それが、何かの拍子で口のことを話題にしたときにウケてしまい、この鉄板ネタができあがったそうです。

いったんそうなれば、口が大きいことを強調し、口が大きく見えるようなメイクもしたことでしょう。

太っていることをネタにしているお笑い芸人が、わざと太って見える服装をし、髪が薄いことをネタにしている芸人が、わざと薄さが目立つヘアスタイルにするのと一緒です。

これは、お笑いのネタですから、もちろんOKです。

■いじめが起きる理由

いじめの場合、イジメの理由は何でも良いのです。心理学的に言うと、いじめはいじめ衝動を持った子どもが、いじめ許容環境に置かれたときに発生します。いじめられる被害者の側に、最初に何かがあって始まるわけではありません。

言葉が標準語だったり、方言だったり、勉強ができたりできなかったり、体が大きかったり小さかったり、理由は何でも良いのです。

誰かが何かのきっかけで、そのささいな部分を指摘します。みんなが調子に乗って騒ぎます。子ども達の無法状態を抑える人もいません。そうすると、本格的ないじめが持続的に行われます。

言われる本人はその部分を強調などしませんが、周囲が強調するでしょう。本人は、本当は気にしなくて良いのに気にしはじめ、心が苦しくなります。自分の存在が否定されたような気持ちになります。その部分を隠そうとなどすれば、周囲はさらに攻撃をしかけてくるでしょう。

■イジリとイジメ

いじめている子どもを叱ると、「イジメではありません。ただのイジリです」などと弁解をする子がいます。ただ、ふざけていただけ、しゃれ、空気などと言う子もいます。

しかし、イジリとイジメは全く違います。お笑い芸人たちのイジリは、愛情表現です。お笑い芸人達は、誰かがイジッてくれることを心待ちにしています。イジッてもらえれば、テレビに映り、みんなに笑ってもらえます。

その人の何かを強調するのも、あだ名で呼ぶのも、当人が許容していれば良いわけではありません。言う側が愛情表現としてその言葉を使い、相手がそれを心から喜んでいなければ、イジリではなくイジメになってしまいます。

本名で呼ばれると寂しくて、そのあだ名や愛称で呼ばれることが心から嬉しいという場合だけ、その人をそう呼んでもいいのです。

ただ、なかなかわかりにくいことはあるでしょう。小柄な子に向って「小さいね」と言う人はあまりいませんが、大柄な男の子に「大きいね」と言う人はたくさんいます。悪気はありません。むしろ体格の良さをほめています。

ところが、背の高い子どもの中には、大きいといわれることを嫌がっている子どももいます。言っている側に悪気はなくても、言われている側が不快なら、言うのはやめましょう。その想像力を持ちたいと思います。

客観的にはイジメ加害者である子ども達の中には、本気でふざけているだけと感じている子もいます。イジメの実感がない場合もあるのです。しかし、イジメはいじめられる子どもの心を傷つけるだけではなく、いじめる側の心も蝕んでいきます。

子ども達がイジメなどしないように、そして成長して自分や人の個性を肯定的に受け入れることができるように、支援していきたいと思います。

京唄子さんの元気な笑い声を思い出しつつ(合掌)。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ