不眠不休で働いている皆さんへ:休むのも仕事です:熊本地震

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

■不眠不休のボランティアたち

新潟県中越地震が発生した時。ある避難所の開設直後、阪神淡大震災で避難所のリーダーだった方が来てくれました。仕事が忙しく、夜中に自走車を走らせて、駆けつけてくれました。

そして、中越の避難所リーダーに避難所運営の注意点を熱く語り、またすぐに車に乗って帰って行きました。中越地震の被災者にとって、どれほどありがたいことだったでしょう。

私がお会いした避難所リーダーの方は、ちょうどカップ麺を食べようとしていたところでした。私は、どうぞ食べながらで結構ですと何度もお願いしたのですが、彼はカップ麺を脇に退け、私に熱心に話してくれました。大学の教員であり、新潟ローカル放送のテレビやラジオに出ている私に、伝えたいことがたくさんあったのです。

このような素晴らしい人たちによって、被災地は支えられます。しかし、ご飯も満足に食べず行う不眠不休の活動は、長くは続けられません。

■休むのも仕事

不眠不休の災害ボランティアたちも、さすがに一週間もすると疲れ果ててきました。ところが、自衛隊は元気です。一体彼らはどれほど体を鍛えているのだろうと思ったのですが、実は自衛隊はきちんと休んでいたのです。

自衛隊の活動は、過酷です。被災者のために炊いた温かなご飯も食べず、熱いお風呂も入らず、彼らは活動します。しかし、彼らには任務を全うする責任があります。

この先、被災地に何が起こるかわかりません。長期の活動もあります。いざという時に活躍できなければ、困ります。無理な活動をして二次被害を出せば、救助者を助けられませんし、地元の人はさらに苦しみます。

だから自衛隊は、明日も明後日も元気に働けるように、きちんと休養をとるのです。

それはプロ野球のピッチャーが、登板後に肩を休めるようなものでしょう。試合後なのに無理に肩を使っていれば、球団から怒られます。次の試合のために肩を休めるのも、仕事のうちなのです。

■災害の緊急時・ボランティアの苦しみ

人命救助や遺体捜索は、過酷な作業です。ですから、自衛隊や海上保安庁の隊員の心身を守り、二次被害を出さないためのマニュアルがあります。ただ東日本大震災は、あまりにも被害が甚大であり、マニュアルに従えないことも多くありました。屈強な隊員たちの心身も、疲れ果てました。

彼らの働きによって、助かった人も多いでしょう。慰められて人も多いでしょう。しかし、これは極めて例外的です。本来は、プロだからこそ体調管理が求められます。

ボランティアの場合は、心や体が疲れたら休めます。解雇されることなどありません。しかし同時に、ボランティア活動には、際限がありません。

プロは、早番や遅番があり、管轄区域があります。他の時間や他の場所は、他のプロに任せます。しかし、ボランティアは違います。ここで活動していても、あちらのことが気になります。8時間労働といった概念もありません。

ボランティア活動は、強制はないのですが、どこまでいっても終わりもありません。だから、自分自身の健康や安全を考えて際限を作ったり、休んだりすることに、罪悪感を持つ人もいるのです。

しかし、長期のボランティアの場合は、自分の活動を抑えることも大切なことでしょう。休むことは、自己中心的なことではなく、ボランティアの大切な活動の一つなのです。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    症状があるのに出勤を求められたらどうする? 多様なコロナ問題と法的「対処法」 今野晴貴2/20(木) 4:11
  2. 2
    ヘンリー王子とメーガン妃3月31日王室離脱 王室ブランド使用は禁じられバッキンガム宮殿からも完全追放 木村正人2/20(木) 12:01
  3. 3
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  4. 4
    新型コロナ報道、米国の実態とズレたのはなぜ? 猪瀬聖2/19(水) 18:32
  5. 5
    新型肺炎蔓延には、谷垣イズムで乗り越えよう 安積明子2/20(木) 17:46
  6. 6
    ダイヤモンド・プリンセスの感染対策は「悲惨」 乗船した専門家、「アフリカの方がマシ」 岡田有花2/19(水) 11:39
  7. 7
    【現地レポート】人がいなくなった中部国際空港(セントレア)。新型コロナウイルス影響でレストランも閑散 鳥海高太朗2/18(火) 10:27
  8. 8
    新型肺炎でリクナビ合説や入学式が中止へ~大学・就職への影響は(修正あり) 石渡嶺司2/20(木) 16:09
  9. 9
    “桜を見る会”で注目される「ANAホテル」と「ホテルニューオータニ」は何が違うのか? 瀧澤信秋2/19(水) 7:34
  10. 10
    感染症対策といえども医師は休めない? 医療現場の状況  山本健人2/18(火) 17:00