「しつけ」として行われる体罰虐待は繰り返されエスカレートする:男の子はなぜ衣装ケースで死んだのか

(写真はイメージ)(写真:アフロ)

体罰を使い始めると、他のしつけ方法を忘れ、暴力が繰り返されエスカーレートしていきます。その先には、悲劇が待っています。孤独で独りよがりな子育てから脱出し、あの手この手で、みんなで子育てを。

■2歳の男児が閉じ込められ死亡、父親逮捕

自宅で2歳の長男をプラスチック製の衣装ケースに閉じ込めて殺害したとして、~父親が逮捕された。~

しつけとしてケースに入れ、20~30分放置~衣装ケースへの閉じ込めはこれまでに「何回もしている」~

出典:父親「何回もしている」2歳児閉じ込め死亡 日本テレビ系(NNN) 4月11日

逮捕された父親は、「しつけ」と語り、「何回もしている」と供述しています。

■「しつけ」と説明される体罰、虐待

今回の事件の詳細はわかりませんが、これまでの類似の事件でも、親は暴力や虐待をしばしば「しつけ」と語っています。たしかに、主観的には殺意のないことも多いでしょう。少なくともある段階までは、子どもの面倒を見ている親も多いのです。

しかし、小さな子どもは親の思い通りにはなってくれません。それは、当然のことです。ちらかしたり、こぼしたり、禁じられていても触ったり、入ったり。子どもはそういうものです。

親は、善意で、あるいは時には親の都合だけで、子どもをコントロールしようとします。もちろんしつけは必要です。また大人の邪魔をされても困ります。

普通の親は、何とか子どもに言うことを聞かせようとして、あの手この手を使います。こうして、親も少しずつよい方法を学び、子どもも、して良いこと悪いことを学んでいくのです。

■体罰

子どもに言うことを聞かせる方法として、体罰は強力な方法です。殴ったり、縛ったり、閉じ込めたりすることで、とりあえず子どもをコントロールできるでしょう。

しかし、体罰には副作用があります。まず、体罰を加える人とされる人との人間関係が悪くなります。子どもは、恐怖で指示に従いますが、親子関係は悪くなり、子どもの心が不安定になることもあります。

こうなってしまうと、子どもは親がイラつくことをますます行うようになることもあります。

体罰の5つの副作用

■「何回もしている」

体罰は、強力な方法です。だから、一度体罰という方法を使ってしまうと、また使いたくなります。体罰は、繰り返されます。しつけの方法として体罰ばかりを使うようになると、他の方法を身につけることができなくなります。

親の中には、自分も親からの体罰を受けてきたことで、体罰以外のしつけ方法が最初からわからない人もいます。

体罰は、くりかえされるうちに、エスカレートしていきます。それはもうしつけとは呼ばれず、暴力であり、虐待にもなっていきます。

殴るこぶしに力がはいり、縛るひもの結び方が強くなります。閉じ込めるときなども、最初は安全のための配慮があっても、しだいに無頓着になることもあります。

こうして、これまでも悲劇が生まれてきました。

■あの手この手で、みんなで子育て

犬やサルに芸を教えるときでさえ、愛情が必要だと言います。信頼関係こそが、土台です。ただそのためには、教える側の技術と根気強さが求められます。

人間の子どもは、他の動物以上に、自立するまでに長い時間がかかります。人間の子育ては、とても大変なのです。だから、あの手この手を使って、みんなで協力して子育てをします。

一つだけのしつけ方法に頼り始めたとき、孤独な子育てになってしまっているとき、子育てに危機が訪れています。悲劇が近づいています。

誰も自分の子どもを殺したいと思わないでしょうし、殺人犯にもなりたくないでしょう。そうなる前に、誰かに助けを求めましょう。自分から助けを求められない人には、社会の側からの危機介入が必要です。

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    消えたシウマイ弁当4000食どこへ?積み込み当日の昼、英国人男性がふ頭で発見 井出留美2/16(日) 14:21
  2. 2
    「新型肺炎感染者、国内で400人超」報道はミスリード 350人超が船内感染 楊井人文2/17(月) 7:22
  3. 3
    南海トラフ地震臨時情報が出たら海抜ゼロメートル地帯はとうなる? 福和伸夫2/17(月) 7:00
  4. 4
    新型コロナウイルス 国内感染者の発症時期を分析 1月からの"見えない流行"顕在化 楊井人文2/17(月) 18:09
  5. 5
    新型コロナウイルス:デマの氾濫は感染拡大を悪化させてしまう 平和博2/17(月) 7:04
  6. 6
    かつては「ネットカフェ」今は「道の駅の駐車場」 Nスペ「車中の人々」が示した”貧困難民”の滞留場所 水島宏明2/16(日) 17:55
  7. 7
    「咳・鼻水で5日休みを」シンガポールの新型肺炎対策から学びたいパンデミック時の休み方・働き方 中野円佳2/16(日) 6:30
  8. 8
    新型肺炎 中国で医療従事者1700人が感染、6人死亡 それでも礼賛を繰り返すWHO事務局長は変? 木村正人2/15(土) 11:30
  9. 9
    ダイヤモンド・プリンセス感染者285人に 破綻した感染予防 安倍政権に米国民は守れない 木村正人2/16(日) 10:55
  10. 10
    エスカレーターの片側立ちの人たちへ!あなたが一歩反対側へ立つだけで日本は変わる! 神田敏晶2/14(金) 14:56