がんばれ千葉大2:尾木ママ先生のご批判もありますが:事件で傷つくすべての人のために

(写真はイメージであり、千葉大の学生ではありません)(写真:アフロ)

刑事事件を起こしても、学校は学生を処分すべきではない。そんな話、今回初めて聞きました。それは一つの意見ですが、なぜ今回の千葉大学ばかり批判にさらされるのでしょうか。

千葉大の卒業保留処分は、一部の人が批判しているような、さかのぼっての処分でもありませんし、卒業して学生ではなくなった人の学士や卒業取り消しでもありません。

■大きな事件が起こると

大きな事件が起こると、被害者とその直接の関係者以外にも、多くの人が傷つきます。

ある大きく報道された監禁事件の時、様々な人に会い、話を聞きました。被害者の友人たちもとてもショックを受けていました。無事発見されたことは、もちろん嬉しいニュースなのですが、長期監禁という衝撃的な事実の前に震えていました。

監禁された家の前を毎日通っていた人。ただそれだけなのですが、あの部屋にずっと少女がいたという、そのいたたまれない思いに、苦しんでいました。

地元の人も苦しんでいました。大勢のマスコミが集まり、現代の薄くなった人間関係を嘆く報道がなされていました。でも、この地域はとても良い地域なのだ、他の場所以上に、良いコミュニティーなのだと、私に話してくれました。

本当なら、この問題をもっと早く解決に導けていたかもしれない立場にいた公務員。世間がこの個人を責めたわけではありませんが、厳しい声は巻き上がりました。この方も苦しんでいました。その後、その人は職を辞することになります。

今回の監禁事件でも、多くの人が傷ついているでしょう。被害者や身近な人はもちろん、町にも、大学にも、傷ついている人がたくさんいるしょう。

ある事件で、加害者を出してしまった中学校関係者と話したこともあります。毎日毎日、嫌がらせの電話が鳴り止みません。教職員は、その対応だけで疲れ果てます。地元での学校の評判は、地に落ちます。生徒たちは、校外での大会などで、肩身の狭い思いをします。世界中のすべてが、学校の敵に回ってしまったような感覚です。それでも、教職員たちは今通ってきている生徒たちを精一杯守っていました。

このような学校が傷つく「スクールトラウマ」の問題は、普通は中学や高校で起きますが、今回は大学で起きようとしています。

がんばれ千葉大:監禁事件で傷ついた全ての人と共にスクールトラウマを癒す(「推定無罪」でも処分はあり)

■千葉大学は、卒業保留の処分

千葉大学のホームページによりますと、朝霞市中一少女監禁事件で逮捕された男性に対して、「一旦、卒業認定及び学位授与を取り消し、卒業を留保することを決定しました。」と処分が下されました(本学の学生による不祥事への対応について)。

■千葉大の容疑者男性に対する対応は特別なものか:尾木ママ先生は疑問を述べますが

朝霞市中一少女監禁事件で容疑者を出してしまった千葉大学。卒業式は終わっていたものの、3月中は籍がありますので、大学は謝罪会見を開きました。3月中は籍があるので、その学生に対する処分も言及されました。ごく普通のことなのですが、なぜか今回は様々な批判意見が出てしまっています。

教育評論家で法大教授の「尾木ママ」こと尾木直樹氏(69)が2日に更新したブログで、中1少女誘拐事件について、千葉大が逮捕された寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の卒業を取り消した問題について異議を唱えた。〜

「犯罪と四年間学んだ実績とは切り離すべきじゃないのでしょうか」

出典:尾木ママ、寺内容疑者の学位取り消し処分に異議「犯罪と四年間学んだ実績は切り離すべき」 スポーツ報知 4月2

尾木ママオフィシャルブログ「大きな禍根残す危惧?千葉大の「駆け込み卒業取り消し」処分問題」

尾木先生は、決して一方的に千葉大学を非難してはいません。基本的には、さかのぼっての処分に対する疑問でしょう。この点に関しては、千葉大学内にも様々な意見はあるようです。

千葉大のある先生のご発言によると、千葉大学内の法律の専門家も、事件の発生時点に遡って停学処分を行うという考え方はおかしいと考えているようです。しかし、3月31日まで学生の身分であるので卒業保留にすることには、学内で異論はないそうです。

今回の処分は、さかのぼっての処分ではありません。

さらに、尾木先生は「犯罪と四年間学んだ実績は切り離すべき」とおっしゃっています。尾木先生の真意は計りかねるのですが、同様の意見は、今回様々なところで見聞きします。

しかし、千葉大学の懲戒に関する規定によれば、「学内又は学外において重大な非違行為を行った場合」とあります。尾木直樹先生が現在所属されている法政大学の学則を見ても、「大学の名誉を著しく毀損した者」は停学などの懲戒処分です。たとえば、大きな刑事事件など起こせば、教授会を経て当然懲戒の対象だと思います。

これは別に難しい法律問題などではなく、高校でも大学でも、どこでも普通にある規定でしょう。

千葉大学でも、法政大学でも、大きな大学ではどこでも、ときおり学生の逮捕騒ぎが起きます。大学でも学生の処分がなされます。4年生でも処分を受けるでしょう。その時、尾木先生は「犯罪と四年間学んだ実績とは切り離すべき」と教授会で異議を唱えていらっしゃるのでしょうか。

ある学生が、大学外で殺人事件を犯しても、レイプ事件を起こしても、停学にも退学にもならずにそのまま大学に在籍し、単位さえ取れれば卒業して良いのでしょうか。学校と学校外の事件は別との観点から千葉大を批判されている皆さんは、以前からそのように考えていたのでしょうか。

もちろん、どの程度の犯罪行為で、どの程度の懲戒を加えるかは、意見が分かれると思います。しかし、学外でどんな悪事を働いても学校は生徒学生を罰すべきではないとする意見は、今回初めて大きくなっているように感じます。

私は、容疑者被告はもちろん真犯人でも、最低限の人権は守られるべきだという立場に立ちますが、学校が処分するのは間違いとは思いません。

さらに学校の処分は(会社での処分も同じでしょが)、裁判とはまた別の見方をします。たとえば、強姦事件を起こし逮捕された後で、被害者と示談が成立して起訴されなかった場合などでも、冤罪でないのなら、何らかの処分が下される方が普通のことでしょう。

また千葉大学の「学位授与取り消し規定」は修士博士の規定であって、学士の取り消し規定はないとの指摘もありました(「誘拐事件に関し、千葉大が卒業取り消しを検討することは「推定無罪」の原則に反する」)。

確かにその通りのようですが、今回は千葉大学の学士の学位授与の方針に基づき、学士を与えられるにふさわしくない恐れがあるために、「一旦、卒業認定及び学位授与を取り消し、卒業を留保」です。

もしも後になって無罪ということになれば、保留を解くのでしょう。

(なお、以前は学位とは修士や博士のことで、学士は称号でしたが、現在では全て学位とされます。)

罰は、裁判によって与えられるべきで、学校などが行うべきではないという意見も、ネット上やヤフーオーサーの皆さんからも出ているようです。たしかに、一つの意見だと思います。ただ、これまでも大きな刑事事件を起こした人が、退学になり、免職になることは、日常的に起きていました。その時には、特に異論は出ていなかったように思います。

今回の逮捕と千葉大学の処分が、タイミング的に微妙だという問題はあります。しかし千葉大学の今回の処分は、感情論でもなく私刑でもないでしょう。千葉大学の法律関係の先生方も、当然熟慮されていることでしょう。

■大事件が起きた時の私たちの反応:傷ついているすべての人を守るために

大事件や大事故が起こり、センセーショナルな大報道が成されるときには、私たちの感覚や考えも、いつもとは違ってしまうことがあります。学校は、いつもの通り、他の学校と同じようなことをしていても、なぜか学校当局への批判の嵐が吹き荒れることがあります。

あるいは、一人か二人が起こした事件なのに、学校や先生、生徒学生みんなが批判にさらされることもあります。ネット上などでは、千葉大学への非難中傷が多く見られます。

私は、特に千葉大学とは何のつながりもありませんが、千葉大学は2014年「世界大学ランキング」においては、国内11位です。かなり、立派な大学です。

それなのに、いわれのない批判にさらされている面があります。

ある方面からは、「大学と直接関係ない犯罪については、大学が処分するのは、おかしい」と批判され、また別の方面からは、大学と直接関係ない犯罪なのに大学の悪口を言われています。週刊誌報道などマスコミ報道では、千葉大学の名前が大きく出続けています。

学生の中には、大学付近で強引な取材を受けたと嘆いている人もいるようです。

大きな事件を、処罰の問題や教育のあり方を考える一つのきっかけにすることは良いことです。ただし、今まで批判してこなかったのに(またこれからも批判しないのに)、今回だけ批判するとしたら、それは間違っていると思います。それは、事件で傷ついている関係者をさらに困惑させることにつながるでしょう。

これは、千葉大だけの問題ではありません。事件に関係する人や組織を、どう正しく批判し、どう正しく守っていくのかという問題です。

がんばれ千葉大1:監禁事件で傷ついた全ての人と共にスクールトラウマを癒す(「推定無罪」でも処分はあり)

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額550円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ

  1. 1
    新型肺炎「日本は感染症と公衆衛生のリテラシーを高めよう」免疫学の大家がPCR論争に苦言 木村正人2/28(金) 13:33
  2. 2
    新型コロナウイルス 全国一斉休校の是非 学校教育の立場から考える 内田良2/28(金) 8:38
  3. 3
    トイレットペーパーも高額転売相次ぐ 店頭で品薄 まるでオイルショック 岡田有花2/28(金) 15:32
  4. 4
    コロナ余波の休校にも動揺しない家庭の過ごし方 石井志昂2/28(金) 14:59
  5. 5
    新型コロナウイルス渦中の水泳プール営業状況 斎藤秀俊2/28(金) 18:15
  6. 6
    【2/27 速報】コロナウィルス関連 認可保育所・幼稚園・認定こども園は一斉休校の対象外に 猪熊弘子2/27(木) 21:17
  7. 7
    ANA、JALの国内線航空券、3月19日搭乗分まで無料でキャンセル・変更が可能に。注意点は?【追記】 鳥海高太朗2/28(金) 15:35
  8. 8
    新型コロナ『重症化してから検査・治療』という政府方針を上昌広医師がテレ朝でも「言語道断」と批判 水島宏明2/27(木) 21:16
  9. 9
    学童保育に落ちて仕事に支障。埼玉県所沢市の保護者に聞いた「小1&小4の壁」の実態 小酒部さやか2/28(金) 7:00
  10. 10
    新型コロナ対策大失敗!政府は一刻も早く国民の海外旅行・海外渡航を自粛・禁止せよ! 山田順2/26(水) 11:25