「AKB48襲われる、握手会で男が刃物振り回し川栄李奈さんら3人負傷」:社会と心のバランスと防犯

ファンのみんなの祈りと願いが届くように。

■AKB握手会で男が刃物をふるい川栄李奈さんら3人けが

25日午後5時前ごろ、~気アイドルグループ「AKB48」メンバーの握手会で、男が刃物を振り回し、メンバーとスタッフの計3人がけがをした。県警は刃物を持っていた男の身柄を確保、殺人未遂容疑で調べる。~けがをして救急車で運ばれた3人のうち、1人はメンバーの川栄李奈さん(19)~けがの状況など、詳細は不明という。

出典:AKB握手会で男が刃物 川栄李奈さんら3人けが 岩手 朝日新聞デジタル 5・25

3人ともに命に別状はございません。~ファンの皆様にご心配おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。入山・川栄の症状がわかり次第、改めてご報告させていただきます。~川栄と入山は同じレーンで握手会を行っており、被害に遭った。男は一列に並んだレーンから突然襲いかかったという。

出典:AKB側「入山、川栄の命に別状なし」 公式文書で説明 デイリースポーツ 5月25日

ファンは、「ショックです。無事であることを祈りたいです」、「(メンバーの回復を願う?)1日も早く、良くなってくれることだけです」などと話した。 警察は、青森・十和田市の無職の24歳の男を、殺人未遂の疑いで逮捕し、くわしい状況を調べている。

出典:AKB48握手会で暴れた刃物男逮捕 メンバーら3人けが 岩手:フジテレビ系(FNN) 5・25

握手会で襲われてけがをしたメンバーは、川栄李奈さん(19)と、入山杏奈さん(18)だと分かった。消防によると、病院に搬送された川栄さんら3人は、意識はあるという。

出典:襲われたのは川栄さんと入山さん 産經新聞2014.5.25

AKB48の握手会での事件です。詳細は不明ですが、けがの程度が心配です。

■加害者の精神状態

常識的に考えて、普通の犯罪ではありません。通常の犯行動機は、金銭目当て、人間関係のもつれなどですが、今回はどちらでもないでしょう。また通常の犯人は犯行を隠そうとしますが、今回は大勢の目の前での犯行で、その場で取り押さえられています。

可能性としては、まず「通り魔」的な犯行が考えられます。人生に絶望し、自分もこの世の中も終わりにしたいと思った人が、楽しそうな人々を無差別に襲う犯罪です。

しかし、逮捕された男性が握手会のチケットを持ってこの会場に入ったとするならば、通り魔的無差別犯罪ではなく、「ファン」としての行動とも考えられます。

「ファン」もいろいろです。熱烈なファンもいます。かなりの時間とお金をつぎ込む人もいます。本気で、その芸能人と結婚したいと考える人もいます。「ファン」などと軽く呼ぶなと怒る人もいるほどです。

ただ、もちろんこのような人が、おかしな人でも危険な人でもありません。熱心なファンと言えるでしょう。

でも、このような熱心さが病的なほどに高まり、歪むことがあります。これまでも、芸能人に危害を加えてきた人の多くは、「ファン」でした。普通のファンからすれば、とんでもないひどい行為ですが、本人とすれば熱烈なファンである故の行為です。

こんなに好きなのに、こんなに信頼していたのに、裏切られたと感じて、危害を加える人もいます。それは、相手に危害を加えようとするストーカー犯罪心理に近いものでしょう(ストーカー対策の基本・加害者の心理:被害者、加害者にならないために)。

可能性としては、さらに大きな精神のゆがみを持っていたことも考えられるでしょう。一般の人には理解できない病的妄想を抱いていた末での犯行の可能性もあるでしょう(この場合は責任能力が問われるでしょう)。また、覚せい剤などの何らかの薬物か絡んでいる可能性もあるでしょう。起訴前の精神鑑定も考えられます。

逮捕時の様子、供述などが待たれます。

*たった今見たテレビ報道によると、逮捕された男性は、犯行を認める供述をしているそうです(わけのわからない話ではなく、ある程度まともな供述をしているようですね)。

■微妙なバランスの上に立つ私たちの社会と心

AKB48握手会。大勢の人が、芸能人と握手をします。強い悪意のある人が一人でもいたら、成り立たないイベントです。それは、映画館でも混雑する駅でも同様でしょうか。一人が大声で騒いだり、誰かが他の人を押して線路に落とすようなことがあれば、大変です。映画の上映も電車の運行もできなくなってしまいます。

私たちの社会は、微妙なバランスの上で成り立っています。日本はとても治安がよく、礼儀正しい人が多いので、劇場も、駅も、かなり混雑しても秩序が保たれるのでしょう。

今回被害にあった方々の回復をお祈りしております。重傷でなければ良いのですが。

怪我が軽かったとしても、心の傷は深いことでしょう。被害者も、会場にいた方々も、どれほど恐ろしいめにあったことでしょう。場合によっては、体の傷以上に、心の傷の回復に時間がかかるかもしれません。

事件の詳細はまだ不明です。ただ、私たちは社会と心のバランスを保つために、全力を尽くしたいと思います。大きく報道されるニュースだからこそ、関係者一同の協力が必要です。

私も仕事で芸能界の人に時折お会いしますが、多くの芸能人は良い人に感じられます。多くのアイドルは、みんな一生懸命な人たちで、一緒にスタジオにいると元気がもらえます。握手会は、ファンの方々との信頼関係の中で行われてきたイベントですから、この事件を何とか乗り越えてほしいと願っています。AKB48は、少女たちの成長の物語なのですから(少女達の成長:エンカウンターとAKB48と感動と

今回の事件がどのような方向に行くかはまだわかりませんが、社会全体としても、被害者保護とともに、同様の犯罪を防止する方策をしっかり考えていきたいと思います。

■防犯のために

テレビ等報道のファンの話によると、握手会では手に何か持っていないかどうかのチェクはあっても、荷物検査などはなかったそうです。AKB側は今回の事件に関して、「卑劣な行為」と糾弾し、警備については万全だったと強調しています。しかしこのような事件が起きると、手荷物チェックとか、金属探知機といった、さらなる防犯に関する話もでるかもしれません。たしかに安全第一です。

AKB握手会事件で余波 NMBハイタッチ会を中止デイリースポーツ 5月25日

主催者側からではなく、ファンの側からも、防犯への協力の声が上がるかもしれません。

しかし、アイドルとファンの距離が遠くなってしまうことは、みなさんも望んでいないでしょう。これは、可能性の一つなのですが、もしかしたらこの男性が握手の行列に並んでいる時、何か不自然な様子が見られたかもしれません。自宅を出るとき、いつもと違う様子が見られたかもしれません。その時、だれかが一言声をかけていたら、もしかしたら事件は起きていなかったかもしれません。

刃物を直接見なくても、血走った目をしていなくても、何か不自然な感じがすると、私たちは直感で感じ取ることもあるのです。

直感の心理学:ウソや詐欺にだまされず、すてきな恋や子育てに役立て、命を守るために

互いに関心を持つこと、コミュニケーションをとること、それは防犯の基本と言えるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

アイドルの握手会、どうするべき?:芸能人はなぜ狙われるのか、どう犯罪と戦うか:AKB48襲撃事件から:Yahoo!ニュース個人「心理学でお散歩」

AKB48総選挙の心理学:アイドルは欠点を長所に変えた人:Yahoo!ニュース個人「心理学でお散歩」

少女達の成長:エンカウンターとAKB48と感動と:Yahoo!ニュース個人「心理学であなたをサポート」

犯罪心理学:心の闇と光:こころの散歩道

会いに行けるアイドルが悲劇…握手会とは 川栄と入山同じレーンだった:デイリースポーツ 5月25日

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。テレビ新潟番組審議委員。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』は総アクセス数5千万。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』など。

有料ニュースの定期購読

心理学であなたをアシスト!:人間関係がもっと良くなるすてきな方法サンプル記事
月額540円(初月無料)
週1回程度
心理学の知識と技術を知れば、あなたの人間関係はもっと良くなります。ただの気休めではなく、心理学の研究による効果的方法を、心理学博士がわかりやすくご案内します。社会を理解し、自分を理解し、人間関係の問題を解決しましょう。心理学で、あなたが幸福になるお手伝いを。そしてあなた自身も、誰かを助けられます。恋愛、家庭、学校、職場で。あなたは、もっと自由に、もっと楽しく、優しく強く生きていけるのですから。