「貨幣信仰」から「データ信仰」へ:静かに進む脳内支配の主役の交代

出典:TOOL BOX ESTONIA

 今春、仕事で京都にしばし滞在し古くからあるお寺と神社の多さに改めて驚いた。そして敷地は広く建物は立派で庭や仏像は一流揃いだ。こうした豪華さは往時の宗教と権力の密着ぶり、そして当時の人々がいかに「祈り」を大事にしていたかを物語る。現代人は街の大部分を道路やビルに充てビジネスに勤しむが古代・中世の人たちは祈りの施設である寺社に莫大な投資をした。医療もない時代だ。神仏にすがり、祈る以外に手立てはなく宗教は生活と人生に必須だったのだろう。

○現代人は神仏の代わりに貨幣を信仰する

 ところで現代人も祈りの対象を持っている。貨幣だ。我々は貨幣を信仰している。そんなつもりはない人がほとんどだろう。だが我々は仕事も趣味もお礼も謝罪も無意識のうちに貨幣価値に換算して考えている。貨幣信仰は集団現象である。自分の蓄財に無頓着な人でも他人への気配りではお金のことを気にする。かくして現代人は何事もお金と数字抜きで済ませられない性分となった。

○脳内を支配するもの

 人間の拠り所、大事なもの、価値意識は時代と文明で大きく異なる。しかもそれは信仰に似ていて本人は無意識で当たり前の大前提が、他の文明から見ると理解し難い場合が多い。例えば来世の行く末を案じ加持祈祷にすがる平安人の姿は我々には奇異に映る。主君の名誉のために命を捨てる忠臣蔵の物語も現代人には理解しにくい。

 だが、逆に平安人から見れば貨幣信仰に毒され、将来不安の解消を通帳の数字のゼロの数を増やして解消する我々の姿は滑稽だろう。「貨幣信仰」だけではない。化石燃料を使った拡大再生産を前提にする資本主義のスピードは狂気にしか見えないだろうし、「選挙信仰」に代表される民主主義で有能とも思えない代議士が選ばれ、偉そうにしている姿は理解不可能であるに違いない。

○頭を真っ白にして「貨幣」の次は何か考える

この記事は有料です。
改革プロの発想&仕事術(企業戦略、社会課題、まちづくり)のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

改革プロの発想&仕事術(企業戦略、社会課題、まちづくり)のバックナンバー2021年3月サンプル記事

上山信一

価格

214(記事1本)

2021年3月号の有料記事一覧
  • 「貨幣信仰」から「データ信仰」へ:静かに進む脳内支配の主役の交代

すべて見る

筆者は経営コンサルタント。35年間で100超の企業・政府機関の改革を手掛けた。マッキンゼー時代は大企業の再生・成長戦略・M&A、最近は橋下徹氏や小池百合子氏らのブレーン(大阪府市、東京都、愛知県、新潟市等の特別顧問等)を務めたほか、お寺やNPOの改革を支援(ボランティア)。記事では読者が直面しがちな組織や地域の身近な課題を例に、目の前の現実を変える秘訣や“改革のシェルパ”の日常の仕事と勉強のコツを紹介する。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

専門は企業戦略&組織改革。1957年大阪市生まれ。京大法卒業後、旧運輸省を経て米プリンストン大学院修士卒。1986年からマッキンゼー(パートナー)、米ジョージタウン大学研究教授を経て07年から現職。ほかに企業の取締役・監査役・顧問を兼務。またビジネスモデル学会・行政学会・公共政策学会の理事や大阪府市・愛知県・東京都の顧問等を歴任。著書に『改革力』『変革のマネジメント』等。世界117か国を旅した。DMMオンラインサロン「街の未来、日本の未来」主宰 https://lounge.dmm.com/detail/1745/

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。