条件面で何かを捨てなければ結婚できない状況を理解しましょう

 こんにちは。大宮です。自分の周囲にいる独身男女の婚活を前のめりで支援する「お見合いおじさん活動(略称:おみおじ)」を婚活パーソナルトレーナーのマチコ先生と一緒に推進しています。僕の読者(この記事を読んでいるあなたも該当します)で「そろそろ結婚したい」という人をオネット(大宮ネットワーク)にお迎えし、良縁を結ぶことをお手伝い中です。本連載ではその活動の一端をレポートしています。オネット会員の種類(受けor攻め)と募集についてはこちらをご覧ください。

 同世代の気立てがいい女性には甘い言葉をかけたくなる僕。それを制するかのように、マチコ先生は繰り返し説いています。アラフォー以降の女性は婚活で本当に厳しい戦いを強いられる、と。容姿もしくはコミュニケーション能力が群を抜いて優れていない限り、清潔感があって自分以上に稼いでいる都市部在住の同世代男性と結婚にまで至ることは非常にまれ、と言えるようです。

「そこそこキレイな女性であればマッチングアプリなどで100ぐらいの『いいね』をもらえるでしょう。でも、条件やフィーリングで絞ったら一人も残らなかった、という話はざらにあります。条件面で何かを捨てなければ結婚できない状況に自分が置かれていることをまずは理解してください。そして、自分はそこまでして結婚したいのかどうかを考えてから婚活しましょう」

 マチコ先生がここまで言うのは、ある意味で典型的な女性がオネットに参加してくれたからです。東京都内で生まれ育ち、大学卒業後は都心に本社がある安定企業に就職。そのまま現在に至る広瀬綾子さん(仮名、45歳)です。年収は800万円を超えていて、自ら購入したマンションで暮らしています。男性であればかなりの好条件なのですが……。

自立した大人2人が知恵とお金を出し合えば、たいていの課題は解決できます

「今から転職することは考えられないので、受けオネット会員の男性で『素敵だな』と思う人がいても東京在住ではない方にはお見合い申し込みをできずにいます。就職氷河期だったのに幸運にも今の会社に就職ができたこともあり、今まで危機感もなくこの年齢まで来てしまいました。でも、このままずっと独身だと偏った人間になっていく気がします。老後も誰かと力を合わせて生きていけたらと思い、少しでも可能性を広げるために受けオネットにも参加させていただくことにしました」

 攻めオネット会員でもある広瀬さんには、自動車部品メーカー勤務の長谷川和樹さん(仮名、48歳)などにお見合いを申し込んでほしいと思っています。価値観も雰囲気も合っているように思うからです。でも、長谷川さんは愛知県在住。もし結婚に至ったら一緒に住む場所について話し合いが必要でしょう。

 それでも、気持ちが通じ合うことだけを優先させたほうが良いと僕も思うのです。マチコ先生が指摘するように条件面で相手を選んでいる状況にないという理由もありますが、自立した大人2人がお互いを尊重しながら知恵とお金を出し合えば、たいていの課題は解決できるからです。どんなに条件が合っていても、心から好きになれない人とは一緒に暮らすことはできません。広瀬さん、いかがでしょうか。いざとなれば東京での生活から離れるぐらいの覚悟はありますか?

学生時代にレストランでアルバイトをしていたという広瀬さん。自作のチキンカレーです。盛りつけも上手ですね!(本人提供)
学生時代にレストランでアルバイトをしていたという広瀬さん。自作のチキンカレーです。盛りつけも上手ですね!(本人提供)

店員さんに横柄な態度をとる人だけはどうしても受け入れられません

「私はやっぱり結婚したいです。今後は関東在住にこだわらずにお見合いさせていただきたいと思います」

 おお! ならば、僕たちも頑張ってサポートします。結果的にご近所にいい人が見つかるかもしれませんからね。条件面ではなく、気持ちの面で「これだけは譲れない」というポイントがあれば教えてください。

「学生時代のレストランアルバイト以来、店員さんに横柄な態度をとる人がどうしても受け入れられません。逆に言えば、それさえなければ大丈夫です」

 なるほど。威張ったり肩書にこだわり過ぎたりする人は僕も苦手なので、オネットにはそういう人はご遠慮いただくようにしています。だから、オネット内での出会いに関しては安心していただければと思います。

 ただし、中高年の男性はかなりの割合でコミュニケーションに問題があります。口下手過ぎてお店でもぶっきらぼうに見えることは少なくありません。その点は考慮して、結婚したら広瀬さんが一家の外交を担う、ぐらいの気概を持ちましょう。

メキシコにて。「友人との旅行では、希望を聞いて計画を立てるのが楽しいです」(本人提供)
メキシコにて。「友人との旅行では、希望を聞いて計画を立てるのが楽しいです」(本人提供)

50代後半の男性は「おじいさん」ではありません。むしろ僕たち40代に近い存在です

 この記事を読んでお見合い申し込みを検討してくれる男性がいるかもしれないので、広瀬さんの仕事ぶりとプライベートの過ごし方を確認しておきましょう。

「業務内容は、顧客対応をする社員をサポートすることです。入社した頃から同僚はおじいさんばかりで、PCの使い方を教えたり、顧客から問い合わせがあった調べ物を手伝ったりしています。『こんなことまで聞いてゴメンね』と労ってもらえるし、自分なりに解決策を見つけることにはやりがいを感じています」

 広瀬さんは忍耐強く人柄も練れていて、感謝されることをモチベーションにできるタイプなのだと思います。ちなみに、「おじいさん」というのは50代後半の男性を指しているんですよね? 入社したときにはそのように感じたかもしれませんが、現在は僕たち45歳もその世代に近づいています。心身ともに若々しい「アラ還」も多いので、お見合い相手の年齢層はできるだけ広げることをお勧めします。

「コロナ前はよく旅行をしていました。温泉や南の島でのんびりしながら美味しいものを食べることをメインに、長期休暇が取れれば海外にも行きます。友人との旅行では、希望を聞いて計画を立てるのが楽しいです。たまにダイビングもします。私は生まれも育ちも東京で、学校も職場もずっと都内だったので知らない土地に行ってみたいのかもしれません」

 美術館や映画館にも通い、茶道の稽古もしているという広瀬さん。かなり視野が広い女性だと感じました。広瀬さんと結婚する相手は、精神的にも経済的にも豊かな生活を送れる気がします。

ダイビング中の広瀬さん。「いつもは伊豆で潜るのですが、これは石垣島でマンタと出会ったときの写真です」(本人提供)
ダイビング中の広瀬さん。「いつもは伊豆で潜るのですが、これは石垣島でマンタと出会ったときの写真です」(本人提供)

※文中の受けオネット会員は仮名です。広瀬さんの詳細プロフィールやマチコ先生と大宮による超実践的婚活アドバイス(ヤフーの有料記事です)を読みたい方(=攻めオネット会員になりたい方)はこちらをご覧ください。