34歳。販売職。結婚相手とは友だちみたいな関係で一緒に楽しく過ごしたい~おみおじリポート(58)~

ショートカットでボーイッシュな雰囲気の早野さん。時計店勤務です。(本人提供)

何事にも旬の時期はある。時間を無駄にせずに行動しましょう

 こんにちは。大宮です。自分の周囲にいる独身男女の婚活を前のめりで支援する「お見合いおじさん活動(略称:おみおじ)」を婚活パーソナルトレーナーのマチコ先生と一緒に推進しています。僕の読者(この記事を読んでいるあなたも該当します)で「そろそろ結婚したい」という人をオネット(大宮ネットワーク)にお迎えし、良縁を結ぶことをお手伝い中です。本連載ではその活動の一端をレポートしています。オネット会員の種類(受けor攻め)と募集についてはこちらをご覧ください。

 僕はいま44歳なので、30代前半の人と会うと「若いなー。君はこれから何でもできる!」と励ましたくなります。挑戦し続けることが若さの定義だ、なんていう話ではありません。何事にも旬の時期はあり、結婚においては30代前半が最後のピークです。アラフォーになると同世代の未婚者はかなり減っていて、しかもその人たちは結婚する気がなかったりします。

 だからこそオネットではアラフォー以降の男女を積極的にサポートしているのですが、それなりの大変さがあります。早野祥子さん(仮名、34歳)のような可愛いアラサーには「結婚しやすい年齢のうちにサクッと結ばれてほしい」と思うのです。

 数か月前に5歳下の恋人からフラれてしまったという早野さんですが、勇気を持って気分を切り替えています。時間を無駄にしないのは素晴らしいことです。失恋を糧にして、もっと素敵な男性と結婚しちゃいましょう!

自作の和風キーマカレー。「料理アプリにいつもお世話になっています(笑)。お酒も好きなので、これにビールが最高です」(本人提供)
自作の和風キーマカレー。「料理アプリにいつもお世話になっています(笑)。お酒も好きなので、これにビールが最高です」(本人提供)

話すことが好きなので、いろいろおしゃべりして相手を癒してあげられる

 都内の時計店で働いている早野さん。「アクセサリーよりも時計が好きで、接客も楽しい」ので仕事に不満はないとのこと。元気に一人暮らしをしています。

「と言っても、両親はごく近所で、姉家族も電車で二駅のところに住んでいます。姉には3人の男の子がいて、みんなでご飯を食べたりすることが多いです。子どもたちはまだ小さいので怪獣ですね(笑)。可愛くて、いろんなものを買い与えてしまっています」

 平和な家族なんですね。自分の短所は、「人の顔色をうかがってしまうところがある」ことだと早野さん。「優しい」と周囲からは評価されているようですが、自分では「何か言わなくちゃいけない場面でも言えずに溜め込んでしまうところがあるので直したい」そうです。短所とも言えない短所ですが、パートナーシップを良好に続けるためには確かに改善したほうがいいかもしれません。

 休みの日はテレビや映画を観たり、旅行をしているという早野さん。どんな結婚生活を望んでいるのでしょうか。

「結婚しても友だちみたいな関係で、ずっと楽しく過ごしたいなと思っています。何でも話し合いながら、一緒にテレビを見たり旅行をしたり。私は話すことが好きなので、いろいろおしゃべりして相手を癒してあげられる、とは思っています」

需要と供給が一致したときに結婚できる。出会いの幅を広げましょう

 マッチングアプリや結婚相談所など、婚活サービス業者を使った婚活は未経験だという早野さん。友だちの紹介などで知り合って仲良くなり、お付き合いすることばかりだったようです。それだけ恋愛能力が高い女性なのだと思います。

「食事に行ったり付き合ったりしてきたのは年下のことが多いです。友だち感覚で気軽に話せるからだと思います。姉が5歳上なので、それ以上年上の人との付き合いは想像したことがありません。あまり年上だと気を使って疲れちゃうかな、と思っています」

 ただし、早野さんは5歳下の男性と結婚の話も含めて交際していたのに急に「もう会いたくない」と振られてしまったのですよね。30歳前後は結婚適齢期でありつつも、結婚に向けた心の準備ができていない男性は少なくありません(かつての僕もそうでした……)。また、独身男性は大いにモテる年代なので、結婚までに至るには競合相手との激戦が待っています。

 マチコ先生によれば、「結婚は需要と供給が一致したときにできる」ものです。見た目も可愛らしく、謙虚で、一人暮らしも続けられている早野さんであれば、アラフォーの男性からは大きな需要が見込まれます。年齢条件を含めて婚活の幅を広げると有利になる、実際に何人かのオネット会員男性の顔が頭に浮かんでいる、とマチコ先生。早野さん、ご紹介して大丈夫ですか?

「はい、いろいろな人と話してみようと思います!」

 前向きかつ柔軟な姿勢でいいですね。話すのが好きだという早野さんの「武器」も大いに使ってほしいとマチコ先生は期待しています。

「早野さんには接客業の人にありがちな『心の壁』がありません。プライベートでの雰囲気も柔らかくて気さくで、男性からしても話しやすい女性だと思います。一方で、オネットの男性は人見知りが少なくありません。じっくり話せば誠実で優しい人たちなので、初めのうちは早野さんが会話をリードするような気持ちで臨んでください」

 出会いの幅を広げ、自分の「武器」を相手を補完する形で使う。これだけ実践してくれたら完璧です。早野さん、半年と言わず3か月ぐらいでオネットを卒業しちゃってくださいね!

国内ならば1人で旅行している早野さん。「埼玉県の秩父は特に好きです。年に数回は行きます」(本人提供)
国内ならば1人で旅行している早野さん。「埼玉県の秩父は特に好きです。年に数回は行きます」(本人提供)

※文中のオネット会員は仮名です。早野さんの詳細プロフィールやマチコ先生と大宮による超実践的婚活アドバイス(ヤフーの有料記事です)を読みたい方はこちらをご覧ください。

僕は1976年生まれ。40代です。燦然と輝く「中年の星」にはなれなくても、年齢を重ねてずる賢くなっただけの「中年の屑」と化すことは避けたいな。自分も周囲も一緒にキラリと光り、人に喜んでもらえる生き方を模索するべきですよね。世間という広大な夜空を彩る「中年の星屑たち」になるためのニュースコラムを発信します。著書は『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)など。連載「晩婚さんいらっしゃい!」により東洋経済オンラインアワード2019「ロングランヒット賞」を受賞。コラムやイベント情報が読める無料メルマガ配信ご希望の方は僕のホームページをご覧ください。(「ポスト中年の主張」から2017年3月に改題)

有料ニュースの定期購読

あなたを結婚させたい! オネット&マチコの超実践的婚活道場サンプル記事
月額2,970円(初月無料)
月3回程度
大宮冬洋が自分の周囲にいる独身男女に声をかけて引き合わせる、お見合いおじさん活動「オネット」(大宮ネットワーク)の舞台裏をご紹介。オネット会員の匿名のプロフィールやお見合いの様子、成婚&退会者インタビューのほか、チームメンバーの婚活講師マチコ先生による婚活必勝アドバイスもお届けします。また、本連載の購読者は無料オプションとして、会員とのお見合いを希望することもできます。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。