本気で結婚したい40代女性が今すべきこと~連載インタビュー(6)47歳で再婚した事例紹介~

これから友人の引越しの手伝いに行くという井上さんに会ってもらいました

「私はいま40歳です。結婚相手を見つけるのは大変だとはわかっています。でも、婚活をがんばっているんです。『あきらめろ』なんて言わないでください」

 ある女性から抗議をされた。筆者が本連載で書いた「結婚のあきらめ適齢期。女性は39歳、男性は44歳で婚活をやめて自由になろう」を読んだらしい。ちょっと冷たい印象を受ける内容だったかもしれない。お詫びというわけではないが、識者を訪ね歩いて「40代の女性が本気で結婚したくなったらどうすればいいのか」を考えていきたい。

******

 33歳のときに離婚し、15年間はシングルマザーをしていて、47歳のときに再婚をした女性がいる。フリー編集者の井上朝子さん(仮名、53才)だ。どのようにして相手を見つけて、再婚生活はどう過ごしているのかについては、こちらの記事を読んでほしい。ここでは40代後半の女性が恋愛と結婚の相手を見つける方法に特化して井上さんの話を聞き直したい。

 平日のお昼に東京・飯田橋の熟成肉専門店で待ち合わせをした。井上さんはジーンズ地のスカートと花柄シャツ姿で現れた。華やかで若々しいが「若作り」という印象は受けない。ステーキランチを食べながらインタビューを始めると、井上さんはきさくに回答してくれた。

――井上さんはいつも素敵な服装をされていますね。40代の独身女性のためにファッションアドバイスがあれば教えてください。

 私はでかい柄とか派手な服が好きなだけですよ。5歳下の妹からは「お姉ちゃん、いいトシしてその服は痛いよ」と叱られたりしています(笑)。でも、目標とするところはギラギラではなく華やかなおばあちゃんなんです。

 最近は、ちょっとオシャレをするときは着物を選ぶことが増えています。着物は洋服よりも質が良くてトレンドに左右されないと思うからです。洋服の流行は若い人に似合うようにできているけれど、着物は年齢を重ねたほうがしっくり来るでしょう。

 お値段はそれなりにします。ワンシーズンに3着の洋服を買うのではなく1着の着物を買うようになりました。

 着物を身に着けると所作も自然ときれいになります。周りも優しくしてくれますよ(笑)。

――若々しいファッションをすればいい、というわけでないのですね。

 若い子たちはかわいいなと私も思いますよ。肌が白くてキラキラしています。外見が人としての魅力の前面に出る時期なのだとも思います。でも、それはいずれ必ず失われるものです。年を取ったら白髪やしわが増えるのは仕方ないこと。私は手入れはするけれど隠そうとは思っていません。

 日本の男性は成熟を評価しないというか若い女性が好きな傾向がありますよね。女性もそれについ合わせてしまいます。でも、無理をして「盛って」いる女性を見るのは私は好きじゃないな。外見や話し方、生き方をどんなに盛ったとしても、結婚して日常生活を築いていくときには役に立たなくなります。

 それは男の人も同じでしょう。キラキラした外見の男性でも中身が空っぽだったら意味がありません。中身が重要で、外見は少しだけキラッとしていればいいと思います。

――中身を大事にする。具体的にはどういうことでしょうか。

 何十年も生きてきたことを自信に感じることだと思います。経験は失うことのないものだから。自分を大事にしていて自分を好きでいること。少なくとも私はそういう人が好きだな。

 私の場合は、子どもを育てた経験が揺るぎない自信になっています。子どもがいるから老後が安心だという意味ではないですよ。大した息子じゃないけれど自分が産んで育てたんです。もちろん大変なこともあったけれど、それを含めて自分というパーソナリティの軸になっている気がします。子育て経験は仕事と同じぐらい大きな要素です。

――自信を持つと恋愛や結婚もしやすくなる、ということですか。

 恋愛にだけ通用するパーソナリティというのはないと私は思います。人間として輝いていることがまず大事。素敵な女性の先輩たちを見て来て確信しています。

 見た目より中身が大事というのは「キレイごと」に聞こえやすい。しかし、少し言葉を交わすだけで無理のないユーモアや気遣いが溢れる井上さんに言われると、「その通りかもしれない」という気分になる。

ただし、そんな井上さんも「若い頃は自信がなくていつも悩んでいた」らしい。子育てや仕事をはじめとする様々な体験が井上さんを強く明るく美しくしたのだ。10代20代の特権が若さならば、40代以降の強みは人生経験なのだろう。

 失われていく若さを無理に追いかけるのではなく、いまの生活を真っ直ぐに楽しむこと。そして、今まで生きてきた結果である自分を認めて好きでい続けること。それさえ心がけていれば相性の良い異性が自然と現れる気がする。

僕は1976年生まれ。40代です。燦然と輝く「中年の星」にはなれなくても、年齢を重ねてずる賢くなっただけの「中年の屑」と化すことは避けたいな。自分も周囲も一緒にキラリと光り、人に喜んでもらえる生き方を模索するべきですよね。世間という広大な夜空を彩る「中年の星屑たち」になるためのニュースコラムを発信します。著書は『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)など。連載「晩婚さんいらっしゃい!」により東洋経済オンラインアワード2019「ロングランヒット賞」を受賞。コラムやイベント情報が読める無料メルマガ配信ご希望の方は僕のホームページをご覧ください。(「ポスト中年の主張」から2017年3月に改題)

有料ニュースの定期購読

あなたを結婚させたい! オネット&マチコの超実践的婚活道場サンプル記事
月額2,970円(初月無料)
月3回程度
大宮冬洋が自分の周囲にいる独身男女に声をかけて引き合わせる、お見合いおじさん活動「オネット」(大宮ネットワーク)の舞台裏をご紹介。オネット会員の匿名のプロフィールやお見合いの様子、成婚&退会者インタビューのほか、チームメンバーの婚活講師マチコ先生による婚活必勝アドバイスもお届けします。また、本連載の購読者は無料オプションとして、会員とのお見合いを希望することもできます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    <朝ドラ「エール」と史実>「夜は飲みつづけ、日中は寝つづけ」佐藤久志のモデルも酒浸り…どう復活した?辻田真佐憲10/27(火) 8:30
  2. 2
    実質タダ?【GoToホテル】非常識な裏技への違和感瀧澤信秋10/28(水) 8:34
  3. 3
    麻生太郎財務大臣 今度は「お金に困っている方の数は少ない」 いやいや困っている方ばかりです藤田孝典10/27(火) 6:00
  4. 4
    岡村隆史さんの結婚と風俗発言と予期されていた深刻な女性の貧困問題藤田孝典10/23(金) 5:00
  5. 5
    「コロナ感染者」は韓国が全体で2万5千人なのに東京だけで3万人を突破! ソウルの5倍で大丈夫か?辺真一10/25(日) 19:00
  6. 6
    愛国に燃える「戦狼」留学生の恐怖 中国共産党からの「学問の自由」を全く議論しない日本メディアの不思議木村正人10/28(水) 20:27
  7. 7
    富士山の宝永噴火49日前に発生した宝永地震と安倍川餅饒村曜10/28(水) 4:00
  8. 8
    少人数学級はなにに効果的なのか? 財務省と文科省の攻防、両者が見落としているもの妹尾昌俊10/28(水) 17:32
  9. 9
    不登校は子どもの責任ではない、子どもたちの「生き生き」を奪っているのは誰なのか前屋毅10/28(水) 7:00
  10. 10
    消えた背番号10 イスラム教徒に「表現の自由」は認められない プロスポーツは中国の圧力に屈したのか木村正人10/27(火) 16:24