もし大雪で自分が乗る飛行機が欠航したら。筆者が経験した昨日のサバイバルを大公開。

空港に到着した途端ああ無情の「欠航」表示。さて、あなたならどうしますか?

すでに日が変わりましたので昨日になりますが(2月4日)、筆者は釧路空港から羽田を経由して鹿児島空港までの予約を取っていました。

しかしながら、ホテルを出て釧路空港へたどり着くと、乗るはずだった10時の便に「欠航」の表示が。

さて、どうするか。

結果、少し遅れはしたものの夕方までには鹿児島空港に到着して、今、こうして鹿児島市内のホテルでニュースを書いているのでありますが、では、いったいどうやって欠航になった釧路から鹿児島まで来ることができたのか。

筆者が取ったサバイバル術を時系列的に公開いたします。

まず、予約していた飛行機ですが、

JAL540便 釧路10:25発 羽田12:15着

乗継便

JAL649便 羽田13:30発 鹿児島15:30着

の2便。

夕方6時までに鹿児島へ到着して会合に出る予定がありました。

朝ホテルを出る前に日本航空の予約サイトを見ると、筆者の乗る予定の540便は「天候調査中」ということで便名が赤く表示されていました。

日本航空の場合この表示があると、航空券の種類にかかわらず予約変更が可能となる「特別取扱いの便」に指定されます。

航空券の種類にかかわらずということは、予約変更のできない格安チケットでも変更できるということですが、今回の釧路訪問はプライベートの用件でしたので、筆者が所持していた航空券は「特割切符」。もちろん予約変更は不可の航空券です。

大雪のため空港連絡バスも遅れ気味でしたが、バス会社からの無線連絡を受けて運転士さんが、「このバスが接続する日本航空540便は今のところ約1時間遅れるという連絡が入っています。」というアナウンスをしてくれましたので、車内のお客様も皆さん平静でした。

ただし、筆者は気になったので、会員になっている航空レーダーサイトをバスの中でタブレットで見てみました。

昨日までの晴天とは打って変わって大雪の釧路駅前バス乗り場。
昨日までの晴天とは打って変わって大雪の釧路駅前バス乗り場。
画像

するとどうでしょう。

羽田空港から飛んできたAir DO71便(赤)とJAL541便(黄)が釧路空港上空まで来てはいるものの、着陸できずに上空を旋回していることがわかりました。

この飛行機が折り返しの東京行きとなるのですから、釧路空港に着陸できなければ欠航になるということです。

これが「天候調査中」という表示の意味するところだったんですね。

行動その1

そこで筆者はタブレットで日本航空のサイトから後続の便の空席状況をチェックしました。

すると15時の542便の普通席に「数席」の空席がありましたので、その場で1席予約を取りました。

筆者が搭乗予定の540便は「特別の取り扱いをする便」に指定されていますから、特割切符でも予約変更が可能です。

この場合、サイトのルールによると、「普通運賃で同種類の座席を予約すること。」となっています。

筆者は540便の「クラスJシート」を予約していましたが、同じクラスJに空席がなかったため、下のクラスの普通席に予約を入れました。

ただし、もし、普通席の予約をお持ちのお客様が、上のクラスの座席の予約を取り直した場合は変更手続きの対象外となる場合がありますのでご注意ください。差額の1000円を払えば乗せてもらえるという単純なものではなさそうです。

また、注意しなければならないのは、もともと持っている予約を消さないでそのままにして、同じ方面の同じ路線の飛行機に予約を入れるということです。

通常は、実際に乗ることができない時間帯に1人で同日同方向に2つの便の予約を入れることは禁止されていますが、フライトに乱れが予想される場合は空港側で最初の予約を元に振り替えを行いますので、最初に予約を持っている便はそのままにしておいてください。この便の予約を消してしまうと、振り替えということを証明できなくなる可能性があり、その場合は再度普通運賃で買わなければならなくなりますからご注意ください。

さて、バスに乗って空港に到着した筆者を待っていたのは昨夜一緒に一杯飲んだ釧路在住の友人。

「大雪で心配になったから。」ということで、空港まで見送りに来てくれたんです。ありがたいですね。

そう、この雪は釧路の人でも心配になるほどの大雪だったんです。

そんな我々の目の前で筆者の搭乗予定だった便が「天候調査中」から「欠航」の表示に変わりました。

ああ、何ということでしょう。

羽田からの便が降りられずに引き返してしまったのです。

画像

行動その2

「さ~て、どうするか?」

筆者の頭の中は一瞬真っ白になりましたが、うろたえていても仕方ありません。

こういう時は時間が勝負です。

もう一度釧路駅へ戻って特急「スーパーおおぞら」で千歳へ出て新千歳空港から羽田経由で鹿児島へ行くか。

でも、天気予報だと札幌方面が午後から大荒れの予報がでています。4時間かけて千歳へ行って空港閉鎖になったら洒落になりません。

では特急列車で帯広へ出て、帯広から羽田経由で鹿児島へ行くか。

帯広へ行ったとしても今からだと乗れるのは15時半の便だろう。

だったら、このまま釧路に残って15時の便に乗っても同じではないか。

天気予報だと雪は午前中には止んで、回復すると伝えられていました。

画像

欠航のアナウンスが流れた途端、予約発券のカウンターには長蛇の列ができましたが、筆者はバスの中で15時発の542便を予約していましたので、予約発券カウンターではなくて、チェックインカウンターで新しい便のチェックインをしてもらいました。

新しい便とは

JAL542便 釧路15:00発 羽田17:00着

乗継便

JAL653便 羽田17:55発 鹿児島19:55着

今夜の会合には間に合いそうもありませんが、今日中に鹿児島に入れれば、明日朝からの会議には間に合います。

一応すぐ隣のANAのカウンターを見てみましたが、東京行きは満席の表示でした。

画像

この時点ですでに15時発の542便には空席は残っていませんでしたが、バスの中で1席確保していおいたのでここまではスムーズでした。

ただし、荷物は預けません。出発まで4時間以上あって、今後変更の可能性が出てきますから、荷物は手元に置いておきました。

さて、見送りの友達と別れて出発ロビーに上がりましたが、まだ午前10時過ぎ。

15時までには4時間以上の時間があります。

釧路空港には航空会社の会員用のラウンジも、カード会員用のラウンジもありません。

レストランで時間をつぶすにしても長すぎます。

「さて、どうずるか。」

行動その3

釧路空港の運営会社の有料ラウンジへ行ってみることにしました。

有料と言っても1時間500円ですから、とりあえず4時間過ごす居場所が確保できれば安いものです。

係の女性に2000円をお支払いして、静かなラウンジから鹿児島の先方様に遅れる旨の連絡を入れました。

ラウンジにはインターネットコーナーもありましたので、そこでネットを開いていると館内にアナウンスが流れました。

「羽田空港からのAirDO71便は、ただいま到着いたしました。」

というアナウンスです。

日本航空の便は羽田に戻って行ってしまいましたが、一緒に上空で待機していたAirDOは降りてきたのです。

これは別にAirDOが根性があったわけではなく、日本航空の釧路発札幌行の便が除雪待ちで出られなかったため、羽田からの便の到着スポットが空いていなかったという理由もあるようですが、いずれにしてもAirDOの便は折り返し東京行きとして運航することが可能な状況になったということです。

画像

出発表示板を見ると、1時間20分遅れの11:10に出発予定と出ています。

行動その4

もしかしたら?

そう思ってラウンジのネットでANAのサイトを開くと、すでに出発時刻を過ぎていたにもかかわらず、「1席」空席が表示されていました。

もちろん普通運賃(フレックス)の航空券。片道大人41590円でしたが、迷うことなくクリック。

その場で予約を取りました。

そして、階下のANAのチェックインカウンターに出向きました。

ANAのカウンターはほとんどお客様がいなく、がらんとしていましたが、対応してくれた係の女性に、

「9:50発の東京行きにはまだ乗れますでしょうか?」と尋ねました。

この時点で10時半。飛行機はまだ到着したばかりで、出発予定は11:10です。

「はい、搭乗手続きはまだ締め切っておりませんが、この便は今のところ満席で。」

と女性。

「予約は入れましたので、確認していただけませんか?」

と尋ねると、不思議そうな表情で、「予約できたのですか?」

「はい、今ちょっと前にネットで1席取りました。」

「トリヅカ様ですね。確かに入っております。」

「では、発券してもらえますでしょうか?」

筆者はクレジットカードで41590円也を決裁して、AirDO72便東京行きの座席をゲットしました。

なぜ出発時刻を過ぎた状態でネットで予約が取れたのかはわかりませんが、空港側で「FO(フライトオープン)」の状態、つまり器械上でチェックインができる状態だったからかもしれません。

いずれにしても、細かくネットをチェックすることは大事なことですね。

画像

行動その5

次に、隣の日本航空のカウンターにもう一度戻って、AirDO72便に乗れることになったので、もともと予約していた羽田13:30発のJL649便に予約を戻してもらい、搭乗券をもらいました。

こうすることで日本航空としては筆者がAirDO72便に乗っているという情報が入りますから、その情報を649便に入れてもらったのです。

JALの係の女性は満面の笑みを浮かべて「乗れるんですね。良かったですね。」と言ってくれました。

こういう時の笑顔はとてもありがたいものです。

そしてその鹿児島便の搭乗券を持って、再び隣のANAのカウンターに戻り、その搭乗券を提示して預ける荷物の行先を羽田経由鹿児島としてもらい、荷物を預けました。

画像
画像

こうして、AirDO72便で雪の釧路からの脱出に成功しました。 (写真は機体に着いた雪を落とす作業をする別のANA便)

画像

さて、その搭乗機AirDOですが、機体に着いた雪を取り除く作業などに時間がかかりまして、11:10発予定が実際に釧路空港をプッシュバックしたのは11:34。羽田空港に到着したのは13:30でしたので、結局もともと取っていた13:30発のJAL649便には間に合いませんでした。

でも、飛行機を降りたところで係員の方が待っていてくれまして、丁寧に遅延を謝罪をされた後、「日本航空と連絡をとってあります。649便には間に合いませんが次の15:55発の651便にお席が用意してあります。こちらが遅延証明書です。」とご丁寧な対応をしていただきました。

画像

そして釧路で預けた荷物を出してもらい、第2ターミナルから第1ターミナルへ移動して、651便の搭乗手続きをすることができました。

釧路15時の便に乗るよりも1本早い便に乗ることができたのです。

画像
画像

鹿児島空港には定刻よりも10分ほど早い17:45に到着。

さすが鹿児島ですね。この時刻でもこれだけ明るいのには驚きました。

そして、予定していた会合にも少し遅れて途中から参加することができました。

ところで、釧路から乗るはずだった15時発のJAL542便はどうなったのでしょうか?

画像

羽田から飛んできた543便は釧路空港上空まで来てしばらく旋回して待機し、着陸にチャレンジしたようですが、ゴーアラウンドして羽田空港に戻ってしまいました。

ということで、折り返しとなる542便は最終的に欠航となったのです。

天候は回復すると言われていましたが、あのまま釧路に残っていたら、もしかしたら鹿児島どころか今日中に東京まで戻ってくることすらできなかったかもしれません。

画像

釧路から羽田まで、正規運賃の航空券を購入したことは痛い出費でしたが、欠航となった日本航空の航空券分のお金が返ってきますから、良しとしましょう。

教訓

こういう状況に置かれたら、一番大事なのは自分でさっさと行動することでしょう。

予約発券のカウンターの長蛇の列に並んでも、そんなことをしているうちにネットで取られて座席はどんどんなくなっていきます。

釧路では昨日までウインタースポーツの国体が行なわれていましたので、どの便も満席という厳しい状況でした。

そんな中で、今、こうして鹿児島に居られるのは、やはり自分でどんどん進んで行動したからではないかと、今更ながらに思います。

個人客ばかりではなく、家族旅行の場合や団体旅行の場合もあると思いますので、一概に自分で行動できるわけではありませんが、これからの時代はどうやって自分でサバイバルしていくか、ということが大切だと言えるのではないでしょうか。

筆者が昨日自分自身で体験したサバイバル術のお話でした。

※文中の写真はすべて筆者撮影