ファイアー・アタック『ウェイヴ・モーション』ジャケット写真(筆者撮影作成)
ファイアー・アタック『ウェイヴ・モーション』ジャケット写真(筆者撮影作成)

アルバム名:ウェイヴ・モーション

演奏者:ファイアー・アタック(渡辺ファイアー/sax, アタック松尾/guitar, 石川俊介/bass, 村上広樹/drums)

イントロ

2013年結成のコンテンポラリー・ジャズ&ファンク・ユニット“ファイアー・アタック”の、6年ぶりとなるセカンド・アルバム。

ファイアー・アタックは、“咆哮系サックス”の渡辺ファイアーと、カッティングの幻術士/アタック松尾が結成したユニット。

2015年リリースのファースト・アルバム『ファイアー・アタック』では、ウィル・リー(b)と新井田孝則(ds)、岡田治郎(b)と波田野哲也(ds)、石川俊介(b)と村上広樹(ds)という3組の異なるセッションのうえでフロントの2人が組んずほぐれつするという圧倒的パフォーマンスを繰り広げている。

渡辺ファイアー

1963年東京生まれ。

17歳でアルト・サックスの音色に魅せられ、大学時代からバンド活動を行ない、池田聡のツアー参加を機にプロ活動を開始。

E-Zee Band、CHAKA,バブルガムブラザーズのツアーとレコーディング等に参加し、1996年にはフジテレビの深夜番組「ラテン専科」にレギュラー出演。サックスのベルから火を放つなど傍若無人ぶりを発揮する。

1999年には大木トオル30周年ツアーに参加し、ベン・E・キング、エルヴィン・ビショップと共演。

ファンクを活動の中心とし、SOY SOUL、ファンク・オーケストラT.P.O.などのライヴ、レコーディングに参加。

ジャズでは2006年から森山威男グループに参加。『セントラル・パーク・イースト』や『森山×山下』の収録に参加。

自己のグループである“GOO PUNCH!”や“Fire Attack”の他、リーダー・セッション、Jポップのスタジオ・ワークも多数。“GOO PUNCH!”では『Goo Punch!』(2004年)、『2nd』(2009年)、『3rd』(2014年)を発表。

2004年から継続している“Fire session”でも2011年にアルバム発表。2014年からJazztronik Big Bandに参加し、2017年のアルバム「BB1」に参加。

アタック松尾

1963年生まれ。東京都出身。

小学生のときにクラシックギターを始め、中学生時代にロック、ブラック・ミュージックに衝撃を受け、エレキ・ギターを手にする。その後、ファンクに傾倒していき、18歳のとき現・オルケスタ・デ・ラ・ルスの初代メンバーらとファンク・バンド“ATOM”を結成。

1986年から、池田聡のツアーに参加したのを機に本格的にプロ活動を開始。その後、森高千里のツアー、レコーディングへの参加をきっかけに楽曲提供、アレンジ等を経験し、徳永英明、伊秩弘将、瀬戸朝香、CHAKA、V6、J-FRIENDS等さまざまなアーティストのレコーディング、ライヴ等の仕事をこなす。

アレンジャーとして『ダンスマニア』シリーズ、『スーパーユーロビート』シリーズ等、数々のダンス作品を手掛け、コンポーザー、プロデュース活動のほか、サウンド・デザイン、エフェクター開発や各種音楽データ制作にも携わる。

1996年にはLAに渡り、マーカス・ミラー、マイケル・ホワイトらとレコーディング・セッションも経験する。

現在、音源制作やレコーディング等種々雑多な仕事に追われながらも、渡辺ファイアーとのファンク・ユニット“FireAttack”、 自身のファンク・ロック・バンド“武装成金”、ファンク・バンド“StankyBooty”等で精力的にライブ活動中。

新作『ウェイヴ・モーション』

石川俊介(b)と村上広樹(ds)をレギュラーに迎えて、バンド・サウンドをブラッシュアップ。

石川俊介

1962年生まれ、横浜出身のベーシスト。ゼノン石川として聖飢魔Ⅱ(1986~1999年)で活動。RX、是方SUPER JAMに参加。

2001年、ジミ橋詰(ds)、米川英之(g, ex.C-C-B)、中道勝彦(key)らとN/Y Funk shot!! (エヌ・ワイ ファンク ショット)を結成。

村上広樹

13歳でドラムを始め、16歳でつのだ☆ひろのドラムスクールに参加。つのだ☆ひろ、そうる透、近藤郁夫に師事。3つのバンドでCDデビューしながら、セッション、レコーディング、ライヴサポートと幅広く活躍。

まとめると…

メンバーが共有している1980年代ファンクのアイデンティティをシッカリとひもときながら、21世紀に残すべき要素を模索していたのが前作だとすれば、その“選択のとき”を終えて、レギュラーを固定化することで、自分たちならではのサウンドを掘り起こし始めたのが本作。

それはまた、サックスのフラジオやギターのカッティングを“効果”としてではなく、バンドのキャラクターのひとつとして屹立させることを意味する。

ファンクには、それが流行した時代に、流行するに足る“時代の鏡”的な要素を備えていたはず。

ノスタルジーを狙うのではなく、“現在の音”としてアップデートさせるための試みが、“隠しコマンド”のようにちりばめられている、ラフに見えて気の抜けない内容なのだ。