【JAZZ LIVE】作曲の主体を取り込み増殖する演奏的仮想空間(Trinite@二子玉川KIWA)

“ジャズの醍醐味”と言われているライヴの“予習”をやっちゃおうというヴァーチャルな企画“出掛ける前からジャズ気分”。今回は、2015年後半を新作発売記念のツアーに費やしたTriniteのファイナル。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

画像

2015年7月にニュー・アルバム『月の歴史』をリリースし、“Trinite JAPANツアー2015”と題して日本各地を精力的に回ったトリニテ。

ツアーの“有終の美”を飾るために舞い降りるのは、東京・二子玉川の地。

トリニテは、ピアニストのshezooによる楽曲を、ピアノ、ヴァイオリン、クラリネット、パーカッションという室内楽的な、ある意味でバランスを取るのがとても難しい編成によって具現化していこうという、コンポーザーズ・スタンスのプロジェクトだ。

コンポーザーズ・スタンスであるということは、楽曲による縛りが厳しいというイメージがあるかもしれないが、演奏者がいずれもジャズのフィールドでも活躍する面々であることを考えるまでもなく、shezoo自身が有しているポピュラリティな部分に触発され、クラシック的な「決められた譜面の範囲に収まるべき解釈を模索する」のではなく、「譜面を手がかりに演奏者ならびにリスナーとの接点を(より広範囲で)模索する」というアプローチに傾いていることに気付かなければならない。

つまりそれは、ライヴの積み重ねによって「譜面という正解」にフォーカスしていくのではなく、どれだけ作曲者の意図に対峙できるイメージをそれぞれの演奏者がもてるか、ということになるはずだ。

ツアー・ファイナルでは、その答えを垣間見ることができるだろう。そしてそれはまた、トリニテの通過点に過ぎず、新たな出発点となるかもしれない。

では、行ってきます!

●公演概要

12月13日(日) 開場16:00/開演17:00

会場:KIWA(東京・二子玉川)

出演:shezoo(ピアノ)、壷井彰久(ヴァイオリン)、小森慶子(クラリネット)、小林武文(パーカッション)

♪トリニテJAPANツアーファイナル@KIWA 12/13 PV